俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
02 < 2017/03 > 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

日々是好日

2017-03-20 (Mon) 20:45[ 編集 ]
今日は春分の日。
暑さ寒さも彼岸まで…と言いますが、今日は桜が咲いちゃいそうな位暖かでした。
魔女はお仕事でしたが、
電話も少なくて、社内はのんびりムード。
お3時にはおはぎもいただいて、美味しゅうございました。
明るいうちに帰れたので、ワンコと河川敷で遊ぶこともできたし、
いい1日だったかな。


昨日、山田くんは何してるんだろう?ってぼやいていた魔女に、
大丈夫、ちゃんと働いてるよ!と、友だちが教えてくれました。

「聖☆おにいさん」 のドラマ化
山田くんがプロデュース、福田雄一監督が脚本と演出とのこと。
一瞬、歌のおにいさん?!と思ってしまった魔女は、いけない女でしょうか…笑
「荒川アンダーザブリッジ」と同じ作者のコミックが原作だそうで、
仏陀とイエスキリストが下界でバカンスを過ごすお話だとか…
まだキャストの情報はないみたいだけど、
山田くん、多分出ないんだろうな…
カンヌのドラマでの河瀬監督の言葉、しっかりと胸に刻み込んでほしかったよ。

で、これ、

「パラレルワールド」
河瀬直美監督、山田孝之主演。
カンヌの流れで出ることになった?あの作品だね。
たった15分間の物語…
だけど、これはかなり期待できるかも。。
めちゃくちゃ楽しみです。

1703201514.jpg

short short で6月1日からプレミアム上映ということですが、
これがよく解らない魔女であります。
映画館での上映じゃないのかな?
イベント会場?
なんか、スマホやPCでも観れるとか書いてあるけれど、
果たして無事に観れるでしょうか…

そして、
「破獄」の放送日も決まりましたね。
2017年4月12日 21時~
脱獄犯の役…
山田くんのコメントの通り、きっと本当に身も心もボロボロになりながら演じたんだろうと想像できます。
お疲れさま!
いい作品に仕上がっていますように!!


音声ガイド+アカデミー賞+カンヌ=支離滅裂

2017-03-05 (Sun) 19:42[ 編集 ]
大英自然史博物館展の音声ガイドのお仕事があったようですね。

IMG_2516.jpg

楽しめたのかな。


先日、日本アカデミー賞の授賞式をチラッと観ていたら、
綾野剛くんとか妻夫木くんとか未来くんとかもいて、
ちょっぴり考えちゃいました。
山田くんが、賞とほとんど縁がないままなのはどうしてなんだろう…。

言いたくないけど、
やっぱり、、、

作品だろうね。

規模も質も最高の、文句なしの作品で、
後は己の演技力だけ、てな状況で闘わせてあげたい。。
そんな作品と早く出会えますように!!



カンヌのほうは、なんだかミュージカルの要素まで出てきて、
どんどんワケわからなくなってきてるし、
「山田孝之」が強引すぎて、芦田愛菜ちゃんまでもが不安に思い始めてきちゃった。。
ドラマだって解っちゃいるけど、
実名で出ているだけに、負のイメージが心配。。

次はいよいよ長澤まさみさん登場。
さらにヤバくなってきそうで怖いです。

破獄

2017-02-20 (Mon) 12:50[ 編集 ]
知らなかったよ。。
ドキドキが止まらない。

吉村昭を初めて読んだのは『高熱隧道』。
そこから本当に貪るように吉村昭を読みまくった魔女であります。
高校時代かな。。笑
大分前のことだから、かなり忘れてはいるだろうけど、
破獄ももちろん読みました。
この作品に山田孝之が出るってことに感動!



dd0a13583c932890226046757cff.jpg

興行収入500億円

2017-01-29 (Sun) 21:02[ 編集 ]
山田くんが出演した東宝映画の興行収入の総額だそうです。
画面に大写しされたスマホの中の一覧には、
猫の恩返しや電車男やクローズやその彼や…
タイトル見ただけで泣きそう。。

ドラマ(「山田孝之のカンヌ映画祭」)の中のお話しではありますが、
これを、製作費を出してもらう材料としているとこだから、
笑わなきゃいけないシーンかな。

東宝やらソニーエンタプライズやらの人とのやり取りは、
フィクション抜きのマジのようで、
やっぱりどうしてもハラハラしちゃうよね。
良く言えば新手のドッキリなんだけど、
あんな大会社の人騙すようなことして大丈夫なのかなぁ。。
ま、大丈夫だったから、
今こうして放送できているんだろうけど、
本音の部分で何かが残っちゃったりしないかしらん。。
これから、山田くんが役者として仕事する上での
マイナスになったりしなけりゃいいけど。。

心配です。。

このドラマ、心臓に悪いな。。
山下監督の〈山田くんに振り回されてます〉感溢れる演技?も嫌。

救いは芦田愛菜ちゃん。
彼女の存在が全ての免罪符なのかも。

山田孝之のカンヌ映画祭

2017-01-09 (Mon) 12:44[ 編集 ]
またまたワケわからないドラマが始まったね。



どこまで真に受けていいのか?って、
それが狙いなんだから、おおいに翻弄されてあげたいけれど。。。
前回の北区赤羽に比べて、
ちょっと題材的にお気楽に観てはいられない魔女でありました。

なにより、
これだけを見た人に山田くんが誤解されそうで怖い。
「賞をとりたい」なんて、
考えようによっちゃヤバイ題材だよね。
なんか日本中の映画人敵に回したって構わないってな
変な意気込み感じられて不安です。
強引な、人を振り回すようなイメージも嫌だな。。

ただ、山田くんの作った合同会社カンヌの名刺だけが救い。。
このドラマが完全なるフィクションだってこと、
これ見ればちゃんと解るはず。
ここ、笑うとこだから!

なんか冷や汗かきまくりそうだけど、、
主演山田孝之の演技
楽しみます!!



 | HOME |  »

(C) 魔女 All Rights Reserved.