俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
04 < 2017/05 > 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

涙・涙・涙・・・

2005-11-02 (Wed) 02:01[ 編集 ]
My Memories
綾瀬はるかさんのファンNobさんの、素敵すぎるサイトです!(Blogからも行けます)

第1話から11話まで、Nobさんセレクション(?)の懐かしい音楽に乗せて、
朔ちゃんと亜紀の時間が流れていきます。
1話の「スカボロフェア」から、11話の「かたちあるもの」まで、
その選曲だけで泣かせてくれるNobさん。。
予告編というより、ダイジェスト、
もう、1話から涙が止まらなくなります。。
それでも途中でやめられなくて、一気に見てしまった魔女であります。。
最後の≪Plus≫は、
亜紀の笑顔がいっぱい詰まってて、
本当に素敵な笑顔で、
だから、なおさら切ないよ。。

takuさんといい、Nobさんといい、
はるかちゃんのファンの方は職人技をもった人が多いです。。
魔女も、スカボロフェアに乗せて、朔ちゃんを詰め込みたい!と思いながら
実現しないままです。。
でも、、諦めずに頑張って挑戦してみようかな。。

■1リットルの涙
亜也の目に見る見るうちに溜まる涙、
こらえて、こらえて、こらえ切れずに零れ落ちて、、
なんだか、すごく痛々しくて、切ない。。
あの子の素直な悲しみの表情に、泣かされます。
つぶやくような亜也の言葉が、ものすごく重いです。
未来を夢見て、前だけ見て歩いていけるはずの高校生が、
「過去に戻りたい」という。
辛いね。。。

世界愛 石丸P講演会

2005-10-27 (Thu) 21:20[ 編集 ]
かすかに気配はすれども、姿は見えず。。
なんだか、生殺しにされてるようで、めちゃくちゃ息苦しい砂漠です。。
でも、
そんな中、ともさんから、
26日に韮山で行われた石丸P講演会の御報告をいただきました!
渇ききった世界に、しっとりと潤いを帯びた風が吹き渡るような、
素敵な報告です。。


今日は伊豆フィルムコミッション(伊豆FC)主催で、
1部は石丸Pの演説。2部はFCの人を交えての討論会みたいな感じで2時間30分行われました。

セカチューの最終回の日はセカチューの打ち上げの日で
みんなでドラマを観て何も言わずに握手をしあったらしいです。
『綾瀬も泣いてたし、山田も泣いてました』って言ってましたよ。
男の仕事で泣ける仕事はドラマの制作の仕事だけだって先輩に言われたそうなのですが、本当にそうだと思ったと言ってました。(山田君の話題が出たのはここだけでした。)

その後質問コーナーが有って、たぶん何処かのブログに集まっている方々だと思うのですが、
『山田孝之さんってどんな人ですか?』って質問してました。
(石丸Pが『この人どんな人?って聞かれたら教えますよ』って言ってたので、『じゃないと私からはこの人はこういう人なんですよ・・・って言いませんから聞いて下さい』って言ってたので。良い質問です^0^)

そしたら『陰気な人です』って答えてました。
って言うか『山田君は本当に人見知りをするんです。
僕はプロデューサーなのに僕でさえしゃべって貰えなかった。今は仲良しですけどね。
衣装合わせの時に僕と堤(監督)さんとで山田君をしゃべらせようとして、
1987年って言えば体育着の下はブルマじゃないですか!だから、山田君ブルマだよって言ったらもっとニヤってするのかなって思ったら『そうですか』って言われただけでした。
とか言ってました。

それから『役者バカですね』とも。
6話の亜紀のパパとママに『亜紀は元気ですか?』って尋ねるシーン。
自然と涙が出てきた・・・って雑誌とかメイキング本にも書いて有りましたが、
あのシーン3回撮ったら3回とも泣いてしまったそうです。
でも演出上どうしてもこのシーンでは泣いて欲しく無かったので『泣きそうになっても止めて下さい。』ってお願いしたらしいんですよ。
石丸P曰く『無理な話なんですけどね』。
そしたら『(亜紀)のお父さんとお母さんの顔を見るだけで僕は亜紀を思い出すんです。
どうして泣いてはいけないのですか?』
って言われて。
石丸Pは『じゃ、おまえにまかせる』って言ったそうです。

セカチューで失神してしまったと言うエピソードについては、
台本には『慟哭』と書いたそうです。
『これは山田君への一種の挑戦状だったんですけどね。そしたらカレ芝居に入り過ぎて失神しちゃったんですよ』って言ってました。
こういうエピソードが『役者バカ』って言葉を頂く理由なのかもしれませんよね

それから石丸Pは出演している女優さんや俳優さんに『おまえの演技は気持ちが無い』とか結構ハッキリ口出しするらしいんですよ。
言える人には言う、みたいな。ではるかちゃんも天使にも言ったらしいです。
そしたらはるかちゃんは『そうですか~(語尾上がります)』って感じらしいですけど、
天使は『何がですか?』って突っかかってくるって言ってました。
たぶん結構はるかちゃんの事はお気に入りですね。




石丸Pのご両親もいらしていたという講演会。
石丸Pの生い立ちから始まって、
「世界愛」への想いや、故郷である伊豆のことなど、
盛り沢山の講演会だったようですが、
山田君話題のトコだけ、抜粋してご紹介させていただきました。。
ごめんねともさん☆
お仕事帰りに参加したともさんは、食事を取る時間もなかったとか。。
お疲れ様☆ありがとう!
特典ディスクでも見れなかった、山田君の姿が語られて、、胸がいっぱいになりました。。
そして、石丸P様、
魔女も直接会って言いたかったです。。
1年経っても色褪せることなく、多くの人を惹きつけて止まない「世界愛」…こんなにも≪すごい≫ドラマを、ありがとうございます。
山田君の「役者バカ」な姿、伝えてくれて感謝です。
1月期のドラマをやる、と講演会でお話されたという石丸P…
素敵なドラマにしてくださいね。。

亜紀の追悼ひとしずく

2005-10-24 (Mon) 02:14[ 編集 ]
朔ちゃんの17才の誕生日は、亜紀が最後に≪生きた≫日。
そして、今日は亜紀の一周忌。。

takuさんちで、亜紀の追悼ひとしずく落ちてます。。

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.