2006年07月

        

タイヨウのうた 3話

category - 未分類
2006/ 07/ 29
                 
                         
                                  
        

3話の前に思うこと…

category - 未分類
2006/ 07/ 28
                 
やっと買ってきた雑誌。。

■「月間TVnavi」
■「月間ザテレビジョン」


これは、多分同じインタビューの使いまわしだね。
ま、そうだとわかってたとしても両方買わずにはいられないんだけど…^^;
naviの天使は本当に美少年…
明るい髪の色に赤いTシャツがよく似合います。
かなり前に撮ったものかもね。

「山田くんはお芝居に対してとても真面目です」と言う沢尻さんに、
なんとなく安心の魔女。


■「TVガイド」

またまた二人の対談。。(ー_-#)
しかも、この写真はないよね。。
なんか間違ってるんじゃない?

山田君の意に反して、
『海の家でウインナーソーセージ焼いてる人』のことばかり追いかけている魔女でありますが、
あんなにも愁いを帯びた深い哀しい眼をした少年…
ほっとけないよ。。



さぁて~、今日は待ちに待った金曜日☆
楽しみな遊園地のシーン♪
ここまで全く別々の世界のように描かれていた
<孝治と仲間たちの世界>と<孝治と薫との世界>がようやく重なり合って、
これからが本当の「タイヨウのうた」だよね!
思いっきり楽しく、思いっきり爽やかに、
≪青春≫な日々の中で、薫を輝かせていくんだよね。
それが孝治の想いだもんね。
                         
                                  
        

1話と2話を見返して…

category - 未分類
2006/ 07/ 26
                 
これから孝治がどんどん好きになっていく(;o;)だろう少女、、雨音薫のことを考えてみました。

雨音薫

夜の公園で歌うストリートミュージシャン。
気が強そうで、言いたいことをはっきり言う女の子。
≪病気≫ということを除けば、普通の今時の女の子?
少し突っ張った風な喋り方も、しっかりメイクも、
病気の存在が彼女に張らせた心のバリアの現われなのかな。
本当の彼女の姿が垣間見れるのは、主治医との会話の中でだけ。
「親孝行しなきゃだめだよね」
「どうやって忘れたらいい?苦しいよ…」

薫の孝治への想いはどんどん強くなっていってるね。
孝治を見つめる熱い視線、
孝治とのお喋りの中での笑顔、
一人になってからも自然と顔がほころぶ様子…
それがとても自然で、
薫にはずっと笑っていてほしいな~なんて思っちゃいます。

でもね、
孝治とのシーンでは、
なんか、あっさりしすぎてるようにも感じている魔女であります。
「奇跡」と言いながらも、真っ先にギターのことを聞く余裕のある薫…
このシーン見ちゃうと、takuさんが≪ギターの持ち主への興味≫とだけ感じたのも無理ないかもね。
2話の最後も、すっごくいいシーンだったけど、
ドキドキの心臓の音が聞こえてくるのは孝治のほう…

ドライな薫を演出しているのかもしれないけれど、
「苦しい」と訴えるほどの恋だもん、もっともっと孝治にドキドキしてほしい☆

と、いうことで、、
今のところ、魔女の孝治への想いのほうが勝ってるな、きっと。。。
孝治を見るだけでドッキドキで胸キュン…切ないくらいだもん。
(張り合ってどーするんだ~?!)

3話が待ち遠しいです。。
                         
                                  
        

タイヨウのうた 2話

category - 未分類
2006/ 07/ 23
                 
taiyou2-15.jpg

2話一番のお気に入り…魔女はやっぱりこれ。
マジ眠そうだよ。。

                         
                

続きを読む

                 
        

映画「手紙」特報映像♪

category - 映画「手紙」
2006/ 07/ 21
                 
やばい…
これだけで涙が出た。。
まさか小田さんの歌がくるとは思ってもみなかった。

直貴の気持ちには遠いかもしれないけれど、
自分だけの力ではどうすることもできない理不尽さや不公平の中で、
それでも自分を責めることしかできなかった思い出があります。
そんな時、
小田さんの歌にどんなにか救われたか…

こんな朝に何言ってるんだろう…
頑張れ!


「手紙」特報配信
                         
                                  
        

今日は2話…でも、その前に…

category - 未分類
2006/ 07/ 21
                 
仕事帰りの湘南ライナー…
魔女の住む街と、孝治の住む街を繋ぐ一本のレール。
待っててね、今あいにゆきます…爆

ということで、14日(金)「タイヨウのうた」初回オンエアの大切な大切な夜に
エキストラに参加してまいりました。
本日の現場は、薫が歌ういつもの公園。
スタッフが準備を進めている中、
一番の入りは沢尻さん。
そして、小林真央さんやベッキーが元気に挨拶しながら到着。
次に圭くんと川村くんが歩いて現場入り。彼らは電車で来るのかしら?
圭くんがファンの女の子と仲良くお喋りしているうちに、浜田岳くん到着。
「これはこれは…」とか?言いながら、正座で挨拶ごっこを始める圭くんと岳くん。。
そしてそしてその後ろから我らが天使登場~(;o;)
はぁ~~~
「朝から番宣お疲れ様!頑張ったね(まだ見てないけど…)」と、心の中で囁いて、
「魔女も仕事お疲れさん、遠いとこサンキュ♪」という、魔女にしか聞こえない言葉を聞いて(これを人は妄想と呼びます…)
キャストの控え室になってる建物に消える天使を見つめます。。
会えてよかった。。

本日の孝治は黒のTシャツに迷彩柄のハーフパンツ、靴は黒のアディダス。
ともすれば夜の闇に紛れて見失いそうではありますが、
共演者に向けられる笑顔から放たれるキラキラは眩しいくらい。
電話でスタッフさんに言われた時間は20時から25時。
これから25時までの間、ずっとずっとこのキラキラを浴びていられる…

と、思った魔女でありましたが・・・

この後エキストラは現場の裏手の階段で長い長い訳わかんない時間を過ごすことになるのであります。
天使のキラキラが全く見えない場所…
そんな…
キラキ…ラ…(T◇T)


                         
                

続きを読む

                 
        

タイヨウのうた 1話

category - 未分類
2006/ 07/ 16
                 
20060715231318.jpg

海とスクーターとギターと歌と…
青春だね~
「一緒に楽しい思い出作ろうよ」の孝治の言葉どおり、これから毎週金曜日、楽しい時間が過ごせそうです☆

番宣で山田くんが言っていたように、
18、19の頃って、漠然とした不安やあせりを感じながらも、明確な将来の展望も夢も持てずにいる…
ほとんどがそんな風なのかも。
孝治も、人よりはちょっとばかり不幸な生い立ちかもしれないけれど、
そんな普通な若者の一人。
残された僅かな時間を、精一杯生きようとする薫と出会って、
真っ直ぐ前を向いて歩き始める孝治。
これから9月までの3ヶ月間、彼の成長を見守っていきたいと思います。

薫の病気に関しては、やっぱりどうしても説明的なシーンが多くて忙しかったけど
孝治のほうは、胸に秘めたものを表情だけで伝えていて、かえって切なかった。。
  20060716004054.jpg

薫は、さばさばとした雰囲気で、孝治への想いもストレート。
薫の一生懸命な歌を聴いて、まだ別の誰かを思い出してしまう孝治だけど、もう少ししたら、孝治のそんな気持ちも解けて流れていくのかな。

STAY WITH ME
あなたは 私だけの大きな光 ♪


孝治は、薫にとっての光。
本物の太陽が欠けさせた月を満たしてくれるタイヨウ。
うんとうんと輝いて、その輝きで、薫をも照らしてほしい。
それが、山田くんが繰り返していた『薫を輝かせる』ってことになるんだと思います。

魔女的ツボは、
「ビール…」と言った薫に、
「こんな時間に自販でビール買えねえだろ」?の孝治。
メットの紐つけながら「置いてくゾ、お前」の孝治。
そして、あの綺麗なキック~に萌えました。。

今回はタイトルバックが素敵です。
なにより、皆が笑顔、、
孝治の自然な笑顔がたくさん詰まっていて癒されます。
20060716003944.jpg


そして、
20060716003911.jpg

一番初めにでてくる「山田孝之」の文字…
もう慣れそうなものなのに、どうしてもダメだね。
泣きそうになるよ。。

                         
                                  
        

いよいよ明日…

category - 未分類
2006/ 07/ 13
                 
ドラマ「タイヨウのうた」オンエアスタート…

≪主役・山田孝之≫なるドラマの初回を待つ、不安と期待 ドキドキはらはら、そしてワクワク…
この、渦巻くようにごちゃまぜになった感情を味わうのも、
もうこれで何度目だろうね。。
役者として、あの子はどんどん大きくなっていって、
どんどん高く遠のいていってるってのに、
いつになっても、いくつになっても、
全く成長の見られない魔女は、
飛べない箒にまたがったまま、地べたでやっぱりドキドキハラハラ。。

それでも今回は『楽しみ』な部分が大きいです。。

「最後まで真剣にバカをやりたいな」の圭くん、よろしく♪
天使の夏が、最高にキラキラした夏になりますように!!
                         
                                  
        

7月11日 ドラマ制作発表

category - 未分類
2006/ 07/ 12
                 
taiyou_seisaku.jpg


イブニング5で少しだけ流れた制作発表の様子。
タイトルと映像がバラバラ…(ーー;)
≪やっと寝れるはずが…≫たって、これだけじゃ何のことかわからないよ。。
※☆屑メールによると…ワールドカップでかなり寝不足してたようで…これを受けてのこのタイトル。。。
そのコメントも入れてほしかったよね。。


芸能ニュースっていうと、どうしても女優さんの衣装とかばかりをピックアップしちゃうのかもしれないけれど…今回のも、意味わかんない…な魔女でありました。。

制作発表そのものも、『青春群像劇』らしく、若々しい楽しいのがよかったな…
4人組のバンドで、沢尻さんの歌を披露する、なんてのもインパクトあったかも。。?

                         
                                  
        

ブランチ&チャン6

category - 未分類
2006/ 07/ 08
                 
■王様のブランチ

なんとなくお疲れの山田君。。
あんまり笑顔がなかったかな~
ベッキーからのメッセージを聞いてたときの笑顔が、今日一番のいい表情でありました☆
絶叫マシンの話題に、頑張って平静を装っていたような、、そんな感じも…
blunch060708.jpg


圭くんのメッセージにあった「ネタを振って切り捨てる」っての、
すっごくよくわかります。
山田くんの行動をみてると、自分から何か仕掛けても、相手が乗ってくるとすぅっと引いちゃう…そんな小憎たらしいとこあるよね。。

沢尻さんは、あっさりさっぱり…そんな印象を受けました。
思っていたよりずっと大人っぽい感じで、山田くんのほうに向ける優しげな笑顔に安心した魔女でありました。。

■チャンネル☆ロック

一番見てもらいたいのは「薫」
「とっても魅力的な人だと思う」
「薫に感情移入するべき…だと、今は思っている」
「でも、難しいですね。
あと少ししか生きられなくて、好きな人ができちゃって、もっと生きたいと思う…そういう気持ちになれますかね?
僕にはぜったいできない」

魔女は…うん、大丈夫だよ、
山田くんが思っているように、薫に感情移入して見ちゃうと思うよ。