2006年09月

        

言葉にできない

category - 映画「手紙」
2006/ 09/ 29
                 
tegami_oda.jpg


■小田和正「言葉にできない」手紙ver.ビデオクリップ 配信
   →GyaO music

小田さんの透明で真っ直ぐな歌声の中に流れる、凝縮された「手紙」の世界。。
ひとりパソコンに向かって 。゜゜(´O`)°゜。する秋の夜であります。
「言葉にできない」…本当にいい歌です。
直貴の心にそっと寄り添って、悲しみを吸いこんでくれるような、
そんなしっとりとした温かさが全身に沁みます。

「言葉にできない」と言えば映画「手紙」…というように、
これからずっと一緒に語り継がれるようになれば、、素敵だね。

そして、
公式サイトにも予告編が追加されています。


■「手紙」文庫本(文春文庫)10月6日刊
tegami_bunnko.jpg

これももうすぐだね。
楽しみです。
                         
                                  
        

高い空と金木犀と「手紙」

category - 映画「手紙」
2006/ 09/ 22
                 
魔女が今感じている≪秋≫です。
ドキドキするほどの情報が続きますね。



■『手紙』舞台挨拶付完成披露試写会

【日時】10月5日(木)18:00会場/18:30開演
【場所】都内某所 (星屑では公表されてるね。。)

舞台挨拶登壇者:山田孝之 玉山鉄ニ 沢尻エリカ 生野慈朗監督 東野圭吾(予定)

シネマpeople では50組100名
星屑WEB では25組50名

の募集になってます。。
行きたいです☆

第19回東京国際映画祭  続報

「手紙」の上映がUPされました。
10/23(月)11:20~13:21(開場10:50)
渋谷Bunkamura オーチャードホール  にて。。

チケットはこちら

"THE LETTER" の表示になんか感動しちゃってます。。
でも、、、何故に月曜日、、、_| ̄|○

■TV Taro  2006年11月号

p31に「手紙」の撮影現場潜入リポート。
たった1ページの記事だけど、山田くんのコメントもあります。
「手紙」に寄せた山田くんのコメント…初めてかも。。
(スタクラメールのちょこびさん情報~ありがとう~
                         
                                  
        

秋へ…

category - 映画「手紙」
2006/ 09/ 21
                 
「夏」の後片付けに時間がかかりました。
どんなに名残惜しんでみても、季節は待ってくれるはずもなく、
秋の風が少しづつ夏の匂いを消してゆく中…
お気に入りの小説の新しいページを開く時のように
ゆっくりと秋に入っていきたいと思います。

そして、、
「手紙」です!


各地での試写会、切手の販売、雑誌掲載など…
11月の公開に向けて多方面で押し上げてくれているのが嬉しいです。
なかなか追いつけない魔女でありますが、
お友だちからの情報に支えられております。。ありがとう

■「手紙」東京国際映画祭(06年10月)にて上映決定

■「手紙」オフィシャルブック(学習研究社刊) 10月26日発売決定!

詳しくは→「手紙」公式サイト

特写グラビア、ロングインタビュー…
涎が出そう…というか、もう出てます。。。

■「CINEMA SQUARE 」(発売中/Vol.8?)P100~
玉山さんのインタビュー記事で、山田君にも触れてくれているそうです。

                         
                                  
        

タイヨウのうた 最終話

category - 未分類
2006/ 09/ 16
                 
taiou-1027.jpg


まっすぐに前を見て、歩き出した孝治。


魔女の夏も終わりました。。
                         
                

続きを読む

                 
        

5対24

category - 未分類
2006/ 09/ 14
                 
これ…な~んだ
                         
                

続きを読む

                 
        

イメージがついたら役者は終わり

category - 山田孝之
2006/ 09/ 13
                 
昨年、「電車男」公開の頃の山田くんの言葉。。
「(電車男は)いい意味でみんなを裏切れたかも」と続きます。

あれから1年…。
『スタートライン』『白夜行』『タイヨウのうた』そして『手紙』…
それらの作品の中で、夫々の役の全く違う人生を生きてきた山田くん。。
ただ、
最近は、≪暗い役≫≪悲しいドラマ≫といった[イメージ]の括りの中で山田孝之という役者を見ている人が多いように感じています。
それは、作品の性格によるものでもあるけれど、
山田くん自身が醸し出している深い陰によるものでもあるかもしれない。
それは、演技とは別物の不思議な魅力であり、魔力のようなもの。。
だからこそ自然に人の心を捉えて、強く胸を打つ。
でもね、
涙を代名詞にした作品で「はまり役」と称されているのを見ると、
何か違っているような気がして、納得できない魔女なのであります。

「手紙」の直貴の、地に吼えるような深い悲しみにずっとずっと寄り添っていたいっていう気持ちの外側で、
この作品がもらたす山田くんへの評価をあれこれ想像したりして、、、
なんだか眠れない雨の夜であります。。



リニューアルされた「手紙」公式サイト
もう、ため息が出るほど綺麗だよね。。

ついでに、、星屑サイトもリニューアルされてます。。
                         
                                  
        

タイヨウのうた 第9話

category - 未分類
2006/ 09/ 10
                 
「薫」「薫…」「薫?」「薫!!」
9話では、いったい何度「かおる」って呼んだろう、、孝治。
あんなに優しく呼びかけるんだね…
一番好きなのは「薫?」だな。。
心配の気持ちそのままに、いっそう優しくて愛おしさがこもってる。
はぁ~(;_;)

逮捕、留置所、芸能界の裏側(?)などなど、
色々と盛り沢山の9話ではありましたが、
とりあえず、薫の夢は叶えられそうだね。。
でも、孝治の夢…
いつから≪薫の夢を叶えること≫になっちゃったんだろう。。
薫の病気が進行してきたから?
あの薫はそんなこと喜ぶとは思えないけど…
それでも「明日死んでもいい」なんて言ってた孝治には、前向きに生き始めた第一歩なのかな。




「薫、、どうせなら次はさ、もっとでっかい夢追いかけような」
薫との電話の後の仲間たちとのやりとりがよかったです。

                         
                

続きを読む

                 
        

「手紙」試写会

category - 映画「手紙」
2006/ 09/ 08
                 
■9月7日(木)イイノホールにて 18時30分開演

tegami_shishakai1.jpg

初めて直貴に会える喜びと、いつものように不安とが入り混じった想いの中、泣きそうになりながら迎えたこの日この時でありました。
山田ヲタとしては、直貴のあんな顔こんな顔を夜が明けるまで綴りまくりたいところではありますが、
それは11月の公開までがまんして、
今日は魔女の第一印象…


                         
                

続きを読む

                 
        

秋の気配

category - 山田孝之
2006/ 09/ 03
                 
気がつくともう9月。
田んぼの稲穂は頭を垂れ、
朝夕の風に秋を感じます。

今年こそ、思う存分≪夏≫を感じられるはずだったのに、
なんとなく不完全燃焼な中、燻り続けている想いが
ポツンと置き去りにされたまま、
諦められずに空回りしているような、
そんな夏の終わりであります。

でもね、
心のどこかでは待ちわびていた季節。。
後ろを振り向くことなく、前をしっかり見つめていかなきゃね。
今が大事…笑

■映画「手紙」オリジナル切手予約販売
9/1より全国のローソンにて ←ここから予約できるよ

毎日新聞

■「王様のブランチ」2006/9/2

いつになくリラックスして、お喋りなインタビューでありました。


                         
                

続きを読む

                 
        

タイヨウのうた 第8話

category - 未分類
2006/ 09/ 02
                 
8話は、薫を支え見守る孝治。。

taiyou8-01.jpg

どっぷり保護者モードな孝治ではありましたが、、
薫に向けられる眼差しが、本当に温かくて、包み込むようで…
「よかったな」の声には、卒倒しそうな魔女でありました。。
麻美のあまりのみっともなさに凹み、
さよなら~青春群像劇(;o;)てな8話だったけど、
この声で、あとふたつ頑張れるよ。。

「先のことなんかより今が大事。
今、目の前にいるお前が大事」

じゃ、じゃあ、、魔女は?
魔女がいなくなったら…どうする?天使、、、、、、(←おバカ×∞)

                         
                

続きを読む