2006年12月

        

プチ復活

category - 魔女
2006/ 12/ 27
                 
イヴイヴの日から高熱でダウン。。
久しぶりに寝込んだもんだから、
肉体的にも精神的にも想像以上のダメージを受けた魔女でありました。
えりぃみたく
「ふっか~~~っつ!!!!」と元気にいきたいところですが、
まだまだ絶不調を引きずりながら、
やっと出社しております。

本当に健康ってかけがえのないものです。
いつも、体調が悪くなると、健康のありがたさを痛感し、
不摂生な己の生活を省みるのですが、
喉もと過ぎれば熱さ忘れる魔女であります。。
でも、今回はさすがに猛省…
とにかく健康第一!
健康と天使さえあれば、
あとは何もいらない。。
夜もその日のうちに寝る。
栄養を考えた食事を摂る(作る…;;)。
あとは…


皆様 体に気をつけて、よいお年をお迎えください。
                         
                                  
        

なぜ?

category - 「エラゴン 遺志を継ぐ者」
2006/ 12/ 19
                 
初日舞台挨拶は、各局スルーということでしょうか?
どうしたんだろう…
何かあるのかな…
なんとなくザワザワしたものを感じている魔女ではありますが、
吹替え版の評判はとってもいいとのことで、
ひとまず安心…


「手紙」のほうも公開を延長する劇場も多く、手紙」と「エラゴン」のはしごも夢ではなくなりました。
魔女も今度の土曜日に初体験する計画でいます。。ドキドキ

eragon_1216.jpg

初日舞台挨拶関連

FOX MOVIES シネマトゥディ サンスポ exciteニュース

ジャパン・プレミア関連

FOX MOVIES オリコンNEWS livedoorニュース eiga.com
                         
                                  
        

「エラゴン 遺志を継ぐ者」初日舞台挨拶

category - 「エラゴン 遺志を継ぐ者」
2006/ 12/ 17
                 
舞台挨拶のレポの前に、ひとこと!
「エラゴン」吹き替え版、最高です☆
17歳の少年を張りのある若々しい声でしっかりと演じています。
エラゴンに気品と強い意思を与え、いっそうの輝きを放っています。
もう、、
凄いとしか言いようがないよ。。
息遣いにさえ萌えまくった魔女であります。。


                         
                

続きを読む

                 
        

12/14 ジャパン・プレミア・イベント

category - 「エラゴン 遺志を継ぐ者」
2006/ 12/ 15
                 
TOHOシネマズ六本木ヒルズの入り口前に敷かれたレッドカーペット、
そして、大きな大きな古い書物にエラゴンの文字。
雨に打たれながらTV局のカメラが待ち受ける中、
開かれた本の中から白煙と共に我らが天使が登場いたしました☆
…といっても、人垣の後ろからはほとんど様子が見れず、
隣にいた人がなぜか堂々と撮影しているビデオカメラの窓に映し出される映像を見せていただいた魔女でありました。。

ビデオの中でビニール傘をさして寒そうに立っている山田くん…
「手紙」初日のいでたちとほとんど同じ黒いシャツに黒のパンツ、
黒地に白の水玉のネクタイ。。
ブーツインじゃなかったのは、多少フォーマルを意識しているのかな。。
寒そうですね、と振る司会者に、山田君も「(上着がなくて)失敗しました!」
お隣の小雪さんは毛皮よ・・・

呪文の話題では、
「僕もそんなふうにかっこよく唱えたかったんですが、
監督からの指示で『ぶ・り・じ・ん・が~!』ってなふうになってます…」
この『ぶ・り・じ・ん・が~!』の言い方が可愛すぎて、
隣の他人のビデオにかじりつきたい衝動をじっとじっと我慢の魔女でありました。。
そんなこんなで雨の中のイベントが終わり、再び本の中に消えていく天使たち。

061214_2117~01.jpg

スクリーン7は、「電車君」での思い出がたくさん詰まった劇場…
またこうやってこの場所で山田くんに会えたこと、
本当に本当に幸せです。。

でも、やっぱりいつものように…ううん、いつも以上に俯きがちな天使。。
なんとも居心地悪そうな山田くんでありましたが、
「言葉が全くできないので、どうコミュニケーションとっていいかわからない」
これ、山田くんの本当に正直な気持ちだよね。
こういう経験をしながら、またどこか、とんでもないところに飛んで行っちゃったり…
するのかもね。。

アーリア役のシエンナさんが、一生懸命日本語で挨拶していたこと、
とっても印象的で素敵でした。

本編は凄い迫力とスピード感、そしてCGを駆使した大掛かりな映像はまるでゲームの世界にいるような感覚で楽しめます。
いっぱいお金がかかってるんだろうな…と、余計なお世話なことが頭に浮かんでしまった魔女でありますが、
たくさんの人が劇場に足を運んでくれますように☆
そして第3部まで映像化されて、ずっと山田くんにエラゴンの声やってもらいたいもんね。
 061214_2306~01.jpg
                         
                                  
        

初日舞台挨拶!!

category - 「エラゴン 遺志を継ぐ者」
2006/ 12/ 08
                 
「エラゴン 遺志を継ぐ者」の初日舞台挨拶が、12月16日(土) 初日10:20amの回(本編上映前10:20より舞台挨拶)に、日劇1(東京:有楽町マリオン11階)にて行われます。

eragon1.jpg

【出演者】
 エド・スペリーアス
 山田孝之 (日本語吹替え版エラゴン役)

   →詳細

あたふたあたふたあたふたあたふた・・・・・・
                         
                                  
        

世界の車窓から

category - 山田孝之
2006/ 12/ 08
                 
息子が大爆笑していた YOU TUBE の動画…
わが子がこんなサイトを知っていることがまず驚きでありましたが、
その動画を見て、更に感動~♪の魔女でありました。

「世界の車窓から~コートダジュール編」 (*^○^*)

もちろん、パロディ。。^^;

これが、面白い!
CMから始まるところがまたそれっぽいんだけど、
構成も音楽もナレーションも本物そっくりに作られていて、
映像とのギャップにめっちゃ笑えます。

エディット・ピアフのシャンソンが流れる中、コートダジュールを走るっていう電車は、
どう見ても総武線か何かだし、
マルセイユの街にはブックオフの看板が。。。
漁師のおじさん…ったって、、魚屋さんにしか見えないんですけど。。
サンシャルル駅にはJRの文字が残ってるし、
次はニシサンシャルルだし~
「地中海が見えてきました」には
どこに~~~??????
って感じだし。。

とにかく、思いっきり笑わせていただきました。。
たまにはいいよね、こういうのも☆
                         
                                  
        

満開御礼~♪

category - 映画「手紙」
2006/ 12/ 02
                 
すばらしい≪映画の日≫でありました!!

061201_2156~01.jpg
クリスマスのイルミネーションが煌く光の広場を抜けてたどり着いた
映画館は、金曜日の開放感と作品への期待感とで溢れかえっておりました。。
夜19時35分からの「手紙」は、ほぼ満席で、
前から2列目の端っこで見上げるようにして直貴を見つめることになってしまった魔女でありますが、
全然嫌じゃなくて、むしろ幸せな気分
ガッツポーズで『満開御礼~!!』と叫んで、天使に爆笑されたかった…




061201_2159~01.jpg  061201_2155~01.jpg

今日はもしかしたら基本中の基本かもしれないことに気づいた魔女であります。。

                         
                

続きを読む