俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
09 < 2008/10 > 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

25歳!

2008-10-20 (Mon) 00:00[ 編集 ]
誕生日を前に、また難解な禅問答つきつけられたみたいで、、
まったくもぉ~な魔女であります。

健康、美、才能…

神様からたくさんのものを貰って生まれてきて、、
もちろん、山田くん自身が努力して得たものも多いけれど、、
仕事だけでなく、
人生そのものにも自信もって、真っ直ぐ前見て歩いてるのが本当なはず。
それなのに、、
たった25年しか生きてないくせに、
300歳の魔女をあれこれ悩ませる小悪魔天使。。

山田くんなら、望みさえすれば、空だって飛べる。
未来は全部、山田くんの手の中にあるんだよ

HAPPY BIRTHDAY
25歳 おめでとう~


いつのまにか....

2008-10-09 (Thu) 13:27[ 編集 ]
すっかりと秋でありますが、、
それよりも、
いつの間にか、、「クローズZEROⅡ」オールアップ~
恋する乙女の風上にもおけない、鈍感ぶりに、我ながら愛想つかした
秋晴れの昼過ぎでありました。
糸しい糸しいと心が言いすぎて、
想いをコントロールするのに慣れすぎて、、
少し、気持ちがバカになってるような気がします。

12月に252、春先にクローズ、そしてホルモー、MWと
映画の公開は続きますが、、
山田くんの新しいお仕事が見えてくるまでは、
なんとも心もとないような、気を揉む日々になりそうです。

山田くん元気ですか?
お仕事、どうですか?
いい出会いあること、祈ってます。

最期の24時間。あなたは誰のために生きますか?

2008-10-01 (Wed) 00:37[ 編集 ]
考えるまでもなく、
3人の息子のために、
できる限りのことをやる24時間だろうと思います。
忙しいです。
まず掃除(笑)
な~んにもない位のシンプルな部屋にして、
どこに何があるかがすぐに解るようにしておいてあげなきゃ。
そこまでできっと半日はかかる。。
そして、
あとの時間は、ひたすら長い長い手紙を書きます。
時間配分に気をつけないと、
書くことありすぎて、時間が足りなくなっちゃいそう。

実際≪イキガミ≫は18~24才までの若者に届くわけだから、
こんなおばちゃんには来ないんですが、
明日の命は誰にも保障できない…っていうのも事実。
『死んだ気になって生きてみろ!』の言葉にも頷けます。

映画「イキガミ」、
色々なことを考えさせてくれる映画でした。
松田翔太さんが言っていた、
もやもやとしながらも、終わってみるとすっきりとする…
その意味がなんとなく理解できたような気もします。
3つの話に出てきた若者の死は、
もちろん、どれも切ないし、不条理だし、
見ているだけで胸が苦しくなって、泣きっぱなし状態なんだけれど、
逃げない潔さ?そんな心地よさも後から感じられてきます。

落語の『死神』のように、醜くあがいて更に寿命を縮める…なんて最期は避けたいですもん。



山田くんのさとしは、今こうして思い出すだけで泣きそうになるくらい、
妹が大好きで、妹のために必死なお兄ちゃんでありました。
反面、イキガミが来たことを知った直後のさとしの様子も、すごくリアルに表現されていて、
こういうところが山田くんの凄いとこ。

今回は、映画そのものがよく作りこまれていて、本当にあっという間の上映時間でした。
それぞれのキャストも皆よかったです。
松田翔太さんのお芝居は、ほとんど初めてに近いけれど、
確かに難しいこの役どころで、いい味を出せていたと感心しました。
そして、
エンドロールの最後の最後、
長い空間の後に現れた『山田孝之』に感動の魔女でありました。

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.