俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
11 < 2008/12 > 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

2008年の最後に

2008-12-31 (Wed) 00:44[ 編集 ]
最近の山田くんに対して、
不安だらけの魔女でありましたが、
役者を見て芝居を見ていなかったのかも…と、
少し反省している年の暮れであります。

今までの山田くんの作品を見返していくだけで、
あんなにもざわついていた気持ちが落ち着いてくる。
彼の生と共にあるような作品の中で、
本当に命を吹き込んでいる役の人生が
観る側に常に何かを訴えている。

それほどに深く芝居と向き合っている役者に、
今更何を求めるのか。
これ以上何を望むのか。

そんなふうに考えると、
今までの心配やら不安がまるで無意味なことのように感じて、
何となく安心はするのですが、
それだけで済まないのが乙女心。。
でも、
これからは余り一喜一憂することなく、
彼の役者としての歩みを
できるだけ静かに見守っていきたいと思っています。










天使の梯子

2008-12-24 (Wed) 00:05[ 編集 ]
重苦しく広がっていた雲の隙間から
ようやく微かな光が一筋…
少しだけ気持ちを楽にしてクリスマスを迎えられそうな魔女であります。

心配しているのは全くもってこちらの勝手でありますが、

時々放たれる鋭い言葉に関連つけてはアレコレ思いを巡らせる毎日…
さすがに今回は疲れました

イメージが付いたら役者は終り…
そう言い切った言葉と真逆な方向へ、
こんどは自らの意思で進んで行ってしまっていること、
全てを撥ね付けるバリアを張られているような感じもして…
残念な気持ちでいっぱいでした。

でも、役者として、前に進む気持ちがあるならば、
今度こそ、今までの姿を全て殴り捨てて、
固まりかけているイメージを壊してくれると信じています。

ホルモーが動き出した♪

2008-12-10 (Wed) 12:33[ 編集 ]


これを見たら、
最近のザワザワな気持ちなんか
どこかにフッ飛んだ魔女であります。

山田くんの役者としての振り幅、
ど~んと見せつけてもらえます。


『鴨川ホルモー』影の主役“オニ”初公開/VARIETY JAPAN
081210-2.jpg

想像していた以上に可愛い
コロボックルみたいだね。



 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.