俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
04 < 2009/05 > 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ボン・ヴィバン

2009-05-14 (Thu) 13:02[ 編集 ]
BOSSを見終わって、ちょっぴり淋しくなった魔女でありますが、、
とりあえず今は
語りたい気持を我慢して…




先日の夜、TVの中で「鴨川ホルモー」の音楽が流れてたの、誰か聴いたでしょうか。。
何かのバラエティ?
聞き覚えのある音楽にハッとTVに眼を向けると、
そこには鬼じゃなくて、ボルトが踊っておりました。。(笑)

ちょうどウォーターボーイズやランチの女王のサントラに感動したばかりなので、
ちょっとばかり耳が敏感になっている魔女ではありますが、
現在進行形で公開中の映画の音楽が、こんなふうに普通に番組に使われてるってことに
ちょっとビックリ。
この番組の音楽担当の人、絶対映画観てるよね。

「鴨川ホルモー」の音楽は周防義和さん、
従兄弟の周防正行監督や、今回の本木克英監督の作品の音楽を多く手がけているようですが、、
魔女はあまり触れたことなくて…
CM音楽のほうで親しみ感じてます。

ホルモーのサントラについては周防義和さんのコラムに、

「和楽器(笙。和太鼓)、弦楽、木管等のオーケストレイションから打ち込み系テクノ風のビート音楽、エレキギター歪み音色での70年代風だったり、ギターでの「和」の雰囲気もの、また自分で沖縄の三線(さんしん)をクリックなしで弾いて即興風に作曲した邦楽的楽曲あり、自分のサウンドのデパートのようなジャンル超えのサントラになってる感じ。」

「映画自体が僕から、それだけのものを導き出してくれたのではないかと思います。 」

魔女は、このサントラも、
そして主題歌の『神々LOOKS YOU』も大好きです。
こういう素晴らしい才能とともに、役者としての山田くんが ある。
ついつい山田くんにばかり集中しすぎてそんな当たり前のことを今更に感謝しつつ、、、
その巡り会わせにも感動するばかりです。

周防義和さんに関してはこちら→ボン・ヴィバンな人

ボン・ヴィバン(BON VIVANT)は「よりよく生きる」「楽しく生きる」「素晴らしい人生」という仏語。(ほとけじゃないよ、ミノル君)
スローライフとかにも通ずるものでしょうか?
そういうものとは、まるっきり無縁な感じの魔女の生活ではありますが、、
気持ち的には、いつでもBON VIVANTなつもり。。
これは誰もがそう。。
楽しくなくちゃ、生きてるのつまらないもん。

夏のような一日でした。。

2009-05-10 (Sun) 22:09[ 編集 ]
今夜は、また満月(笑)
少し霞みかかっていたのは、今日の暑さのせいでしょうか?
田んぼに水が張られ、蛙の合唱も日に日に賑やかさを増して、
季節は確実に夏へと近づいているんだよね。

昨日のめざましどようび。。
ETC休日1,000円を利用したGW日本縦断高速道路の旅(青森から下関まで5日間高速を降りずに縦断)が面白かったです。
WBの『Oh Shit !!』でいざ出発~
途中サービスエリアでのグルメ紹介にはランチの女王の挿入歌『Luncheon』
それらが何度か繰り返されて、
≪あの夏≫を思い出してしまった魔女であります。

18歳19歳の山田くん。
今の山田くんも、あの頃の山田くんと少しも変わっちゃいないんだろうけど。
もしかしたら、山田くんにとっては自分以外の誰かとさえ感じたりするのかもしれない。
若い時の5~6年って、自分の中ではそれほどに大きく激しく変化している。
今の山田くん、あの頃の山田くん…と言っても、
本当の山田くんがどんな山田くんなのか、、
未だに解ってなんかいない魔女でありますが、、、
山田くんもまた、今までたくさんの人生を生きてきた中で、
本当の自分を見失ってしまうようなことがあるんじゃないかと…

なんだか、また、ワケ解らないことあれこれ考えてみる、
満月の夜でありました。



続きを読む »

山田孝之は美しい

2009-05-02 (Sat) 00:09[ 編集 ]
horumo_shonichi011.jpg

深い大きな眼は、どんなに長い髪に隠されていようとも輝きを失うことはなく、
高い鼻の稜線は、眼の輪郭をいっそう引き立たせている。
角度を得て流れる頬から顎の線は、ため息が出るほど美しくて、
掘り込まれた彫刻のような濃淡に吸い込まれてしまいそうになる。
本当に、、こんな綺麗な子見たことないよ。。

可愛い<あひる口>は、周りにたくわえられたお髭のせいで、
ワイルドな雰囲気になってはいるけれど、
それでも、いつもながら少し荒れた唇は、何か言いたそうに感じられてやっぱり可愛い。

綺麗だの可愛いだのって言葉は、
山田くんにとって、ウザイだけなのかもしれないね。
ワイルドを通り越して、野武士だの汚いだのの評価をすら喜んでいるんだろう山田くん。
でも、だからこそ、美しい!綺麗だ!!って、大声で言いたい魔女なのであります。
無駄な抵抗なんだよってこと、伝えたい



続きを読む »

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.