2016年02月

        

嵐初心者による、初心者のための嵐講座 その1

category -
2016/ 02/ 28
                 
ジャニーズとか、アイドルとか、
そういうシロモノに全く興味のなかった人間が、
いきなり国民的アイドルに嵌っちゃったりしたら…

ひたすら勉強するしかないです。。笑

①嵐の歴史
1980年11月26日 大野智 生誕日

1999年9月15日 ハワイでのデビュー会見記念日
1999年11月3日 CDデビュー日

1999年ってのは、山田くんのドラマデビューの年。
TOKIOの松岡くんのドラマでした。

ちなみに、大野くんが一番年上で、
その下が翔ちゃん、
その下が相葉ちゃんで、
その下がニノと松潤、
だそうです。
(初心者はここからです。。)

②担
担当ということでしょうか。
嵐担の智担ってのが、魔女かな。
AKBとかの○○推しってのと一緒だね。

③アラシック
ARASICKと書いて、
嵐ファンの総称のようです。
わかります!
サトシックというのもあるみたい。
魔女のことです。

④メンバーカラー
大野くん→青、
桜井くん→赤
相葉くん→緑
二宮くん→黄
松潤→紫

他にメンバーを示す顔文字とかもあるみたい。

⑤コンビ
「山夫婦」…大野くんと桜井くん
嵐の冠部、年長の二人を指していて、
家庭を仕切る桜井ママと、黙って見守りながら背中で引っ張る智パパ。
これ、素晴らしいネーミングですよね。
すぐに納得して、感動すらしました。

「大宮」
文字通り大野くんと二宮くん。
昔の映像とか見ると、いちゃいちゃぶりが可愛いです。
大宮SKというと、ライブでのユニット名になって、
かなりおふざけなことをやってたようですね。
今はもう解散しちゃったみたいですが、
動画サイトで、いくつか観ました。
DVDに収録されているものはないのかしら?

他にも天然コンビとか、末ズとか、色々コンビがあるみたいだけど、
雰囲気で想像しています。

⑥シングル曲
「復活LOVE」が48枚目のシングルだそうです。
単純計算して、1年に3枚も出てることになります。
これって、普通なのかしら?!

デビュー曲「ARASHI」は、しっかり覚えています。
他の曲も、
ドラマの主題歌だったり、CMソングだったり、
家族がつけていた歌番組で耳に入ってたり、
聴けば分かる曲がほとんどですが、
これぞ国民的アイドルたる所以だな~と感心します。
あと、なぜか「HAPPINESS」と「Believe」のCDが我が家にありました。
小学生だった息子に買ったものだろうけど、
全然記憶にない…

ライヴのビデオを観まくっているので、
ずいぶん詳しくなった魔女でありますが、
先日素晴らしい教科書を手に入れました(笑)

5×10 ALL THE BEST! CLIPS 1999-2009
これ、すごいです。
10年間のシングルPVがど~んとまとめられているだけでも嬉しいのに、
嵐5人がそれを振り返って紹介しているんです!
もう、贅沢すぎて、涙もの。

20周年でも出してほしいな。





                         
                                  
        

4月からはセカムズ

category -
2016/ 02/ 28
                 
世界一難しい恋
略して「セカムズ」というそうです。
4月スタートの水10。

日テレは山田くんファンにはあまり馴染みはないのですが、
制作会社はH2や白夜行と同じところですね。
あの頃のスタッフさん、
色々お世話になりました。
将来のこと不安がる発言していましたが、
元気に頑張っているでしょうか?
もう偉くなってたりして。

大野くん主演のドラマですが、
嵐では、TBSの東芝日曜劇場(今もこういうのかな?)も
松本潤くんが主演です。

山田くんの主演ドラマ…
深夜枠以外だと、
「タイヨウのうた」以来ないです。
2006年だから、、、、
実に10年!ゴールデン枠でやってない。。
つまりは、お茶の間に顔出してない(笑)
これは、山田くん自身が望むところのことなのかしら?
32歳、
今だからこそできる役もたくさんあるだろうし、
今しかもうできない役だってあるはず。

いい作品に出合えたなら、
別にドラマでなくてもいいとは思う。
ゴールデン枠であろうとなかろうと、彼には全く関係ないことなんだろうとも思う。
でも、やっぱり、
連ドラで毎週ドキドキしたいってのが乙女心。
そしてできればお茶の間の時間帯(起きてる時間 笑)に会いたい魔女なのであります。

で、大野くんの「セカムズ」、
必ず観ます!!
ドラマを楽しみにしてるってのも10年ぶりだな。
正直、山田くんの時以上のドキドキかも。。
とにかく、いい脚本であることを祈ります。

(ヒロインの時点で、かなり心配…爆
小池栄子さんでちょっと盛り返しましたが、
1話のあらすじでまた不安~な感じが…)

もうクランクインして、
横浜のほうでのロケ情報もありますが、
さすがに、大野君の追っかけはしません。。笑
てか、、
できないよね。

そういえば、わが街の繁華街で、「新宿スワン」のロケがあったらしく、
息子の友だちが遭遇したそうです。
山田くんはいなかったみたいだし、
公式にも上がっていないから、
2のほうの出演はないのかな。

今は何も撮ってないのかしら?
本の行商の旅が始まるしね。



                         
                                  
        

復活LOVE

category -
2016/ 02/ 26
                 
「復活love」買いました(照)

久しぶりだな~CD買うの。

山下達郎と竹内まりやご夫婦での作品…
山下達郎といえば未だに「RIDE ON TIME」な魔女でありますが、
もちろん、
「LOVELAND, ISLAND」も忘れていません(笑)
我らが高松 翔くん…
懐かしいですね、『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』

CMや、ドラマの歌も多く、
強く印象に残っているものもあるけれど、
魔女的には
「クリスマスイヴ」や「君の声に恋してる」や
ミスドで流れたドーナツソングみたいな、
可愛い曲調の歌のほうが好きかな。

今回の「復活love」
題名は、なんか、、少女マンガのタイトルみたいで、、
そのまんま?な感じで笑うしかないですが、
曲はあまり山下達郎っぽくないというか、、
可愛くないというか(笑)
う~ん、、な感じでよく解らないです。。

それよりなにより、
大野くんのソロ部分が少ないのがかなり不満であります(爆)
でも、PVのダンスはいいね~。
大野くんは、歩くのもダンスの一部なんだね。
本当に美しい!

今日はミュージックステーションにも出演ということで、
魔女も何年かぶりで、
観ます!
タモリさんが司会でしたよね。。

なぜかドキドキいたします。。

残業にならないことを祈ります。。
(仕事しろ!と天の声。。)







にほんブログ村

                         
                                  
        

春は名のみの風の寒さよ

category - 山田孝之
2016/ 02/ 24
                 
春の足音が聞こえたと思ったら、
いきなり踵を返して走り去ってしまったかのようで、
なんだか心の底まで寒い今日であります。

山田くんは、
本の行商の準備で忙しくしているのでしょうか?
昨日の満月はどこかで見ていたのかな。

最近は語りのお仕事が増えていますね。

2016/02/26(金)
19:25~19:54
「課外授業 ようこそ先輩」
NHK Eテレ
※語り

電車男のプロデューサーさんですね。
その関係からの抜擢でしょうか?
この番組自体が好きなので、
めちゃくちゃ楽しみです。


毎週金曜 22:54~ 
「旅マイスター」
TBS
※ナレーター出演

NHKスペシャル「新・映像の世紀」
NHK総合
※ナレーション

NHKスペシャルはかなり評判いいようですね。
オドオドしい音楽の中の
映像を追い込むかのような山田くんの語りは
息もつけないようなひっ迫感があって、
その冷たい響きに救いのなさを感じます。
伊東敏恵さんの語りに切り替わると、
なぜかホッとしてしまう魔女であります。

先日ちょこっと触れた永ちゃんとのSONGSも
また見られそうですね。

2016/02/27(土)
23:30~23:59
「SONGS ベストセレクション」
NHK


映画の公式は新しくなっていましたが、
心躍る情報はないです。

というより、
春は心躍らない魔女であります。

長い長い花粉症の序章…
もうすぐ幕開けです。。。(泣)


                         
                                  
        

天使&嵐の中の妖精

category - 山田孝之
2016/ 02/ 12
                 
4thNWDqQ.jpg


「実録山田」

びっくりした。

本より、やっぱり
芝居が観たい魔女であります。

結局 春のドラマの話はないのかな。

深夜じゃないドラマ…何時からないだろう。
待ちくたびれてます。



最近、嵐のライブDVD観まくっております。
観れば観るほど凄いです。

大野くん。(笑)

心臓鷲づかみにされて、
これでもかって位に空中振り回されて、
動悸と眩暈の中で
ただただただただ興奮して、
やがて切ない魔女であります。

あのダンスはアイドルのそれとは
余りにかけ離れすぎていて、
驚くとともに、
わけもなく不安な気持ちになったりもします。

ダンスなんてやったこともなければ、
真面目に見たこともないのに、
なにいきなり興奮してるのか、
頭のどこかでは、
そんな冷めた声も聞こえます。

自分でも実際ワケ解らない。

でも、ド素人ではあっても、
あのカッコよさは解るよね。

観ていてカッコいいのです。

大野くんのダンスは、
一言で言えばクール。(一言では表せないのですが)
そしてセクシー。
変な甘さがないから、
よけいに後を引きます。

ひとつひとつの動きが綺麗なのは
天性のものだろうね。

どんなに激しいダンスでも
美しく踊るよね。

デビューして16年?
どうして今まで気付かなかったのか、
遅すぎる自分にかなり落ち込みますが、

山田くん一途だったから
仕方ない。

それより、
この子を「アイドル」にしちゃって
よかったのか?

嵐になることで、
失ったものがたくさんあるんじゃないのか?

そんなこと考えて
夜も眠れない魔女であります。





                         
                                  
        

SONGS 矢沢永吉

category - 山田孝之
2016/ 02/ 09
                 
Sさんに言われて思い出しました。
去年のsongs。
山田くんが語りと対談を仰せつかっていましたね。
永ちゃんからのご指名ってのが、嬉しいです。
奥様が大ファン!演技がいい!って、
面と向かって言ってくれちゃっていましたね。

ロックの大御所との対談に、
どんなにか緊張していることか、
と思いましたが、
オンエアされた山田くんは、
普通に自然体でいるようで、
割と安心して見ていられました。

永ちゃんが飾らない人だからかな。

それでもきっと手の平汗びっしょりだったんだろうな。。笑

永ちゃんのライブは、
遠い昔、
友達が大ファンだったことで、
武道館だったかな、2度ほど行きました。
ロックとはおよそ縁がない魔女ではありますが、
ロックな人が歌うバラードは好きです。

まだ永ちゃんも若い頃(笑)
ほとんどノンストップで歌って、
MCもそんなになかったような気がする。
一番大切なのはfamilyで、次はステージ、その次がファン‥とかいう話があって、
ファンは三番目だって、と友達を見ると、
それがいいのよ!!と熱狂モード。
ドッカーンと盛り上がってスッパリと終わるのが永ちゃんスタイルなのかな、
と思っていました。

今はライブの様子もかなり違っているようですね。
会場も広いし。

最近は、
嵐のライブ動画を観まくっています。
スマホだもんで、小さいのが難なんですが(笑)
すごいです。今の動画サイト。

今まで、歌を生業にしている人に興味をもったことがなかったので、
あまり比較することはできないのですが、
嵐のライブは終わりが解りません。。
何度消えても、何度でも現れる(笑)

遊び終わった子供たちが、帰り際
きりがないくらい何度も何度も「バイバーイ」「また遊ぼうね~」って繰り返すのに似ていて、
夕暮れの公園の懐かしい情景さえ浮かんで、鼻の奥がツンとしてしまうほど。

ライブ行きたいです。






                         
                                  
        

大野くんを思う

category - 未分類
2016/ 02/ 04
                 
あの、ふんわりとした、ゆるーい雰囲気は
偽りか?はたまたかりそめの姿か?

あの繊細でありながらもエネルギッシュなダンスからは
普段の大野くんは想像できないな。
特にデビュー前のダンスには
近寄り難い雰囲気さえ漂っています。

そのギャップ故の魅力を語るファンも多く、
天才の呼び声も高い。

グループの中でひとり、
抜きんでた歌唱力とダンス。

もともと前に出るタイプではなかったけれど、
彼が嵐でいることを選んだことで、
彼には更なる仮面が必要になってしまったのかも。

ううん、
偽りとか、
かりそめの姿とか、
本当はそんなこと思っているわけじゃないんです。

彼にとっては、
例えそれが本当の姿と違っていたとしても、
一番自然で、
居心地がいい状態なんじゃないかな。

与えられた天性で緻密で繊細な作品を作り上げていく
天才肌のアーチストのように、
もしくは、まるで経験を積み重ねた職人のように
歌や踊りを表現していて、
「アイドル」なんて言葉は、およそ似つかわしくないように思ってしまう。

それでもそのアイドルという括りの中でも、
自分が自分らしくいられるように、

そんなふうにして
今のスタイルが出来上がったんじゃないかな。。

と、
勝手に思う魔女であります。



                         
                                  
        

嵐の大野くんが、すごい、すごすぎる

category - 未分類
2016/ 02/ 03
                 
な、んて、、
今更?
急に何言い出すのか…
って感じですが、

年末に,たまたま友だちがダビングしてくれた"Japonism"を聴いて、
生まれて初めてかもしれない感情に
制御不能…な魔女なのであります。

嵐って、こんなに良かった?!?
DISK2をひたすらリピートして、早2ヵ月あまり(笑)
1の暁もしびれます。
この感情はなんだろう?
大野くんの歌声にやられちゃったのか?

本当に真っ直ぐで、伸びやかで、透明で、
何度聴いてもドキドキする。
ソロパートでは、一瞬で世界を変えてくれます。

その後の年末年始のTVで、
ずっとずっと嵐の5人を見つめ続けて、
動画サイトの大野くんのダンスに驚きまくって、、
この人、いったい何者なんだ?!?!
と、頭かかえていました。

TVで見る、ふわ~とした柔らかさとは
ぜっんぜん別人のようなキッレキレダンスを見ちゃったら、
もう後戻りできない所まで行っちゃいそう。。

f686cb54ca7d3488ed54211f50d94e3a.jpg


やばいです。。

山田くんのほうは…
「信長協奏曲」、順調なようですね。

敵は本能寺にあり。。

うん。