俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
03 < 2016/04 > 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

反省

2016-04-30 (Sat) 16:51[ 編集 ]
世の中は黄金週間のようですが、
昨日も明日も仕事の魔女であります。

先日、いきなり目が真っ赤になって痛みも腫れも酷かったので
仕事帰りに眼科に行ってきました。
急性結膜炎と言われ、目薬をもらいましたが、
その次の日が「テラフォーマーズ」の初日だったので、
かなり落ち込んだ魔女でありました。

この季節は花粉症もあり、
体調もあまり良くないのですが、
それに加えて、夜な夜なの嵐勉強。(爆)
ついつい寝不足になってしまって、
身体が悲鳴をあげたのかもしれません。

もう無理のきかないお年頃。
寝不足は最大の敵ですよね。
DVDやパソコンの画面を長時間見ていれば、
眼にも負担がかかるに決まっている。

嵐と共に過ごせなかった16年を、
いっぺんに取り戻そうなんてこと、思ってたわけじゃないけど、
わけもなく焦っていた自分に反省。

結膜炎のほうは、
翌日はかなり楽になったので、
舞台挨拶にはなんとか行けました。
でも、、これからは、
もっとゆったりと、一歩ずつ近づくような気持ちで
嵐さんたちと付き合っていこう、と思います。
で、22時就寝!!守ります!
朝はワンコの散歩があるので5時起きの魔女であります。
22時が限界かな。
でも、、水曜日は?!
ん~~ん、、、
断腸の思いで録画かな。。( ノД`)


続きを読む »

テラフォーマーズ公開おめでとう!!

2016-04-29 (Fri) 20:42[ 編集 ]
映画テラフォーマーズ、公開初日。
丸の内ピカデリー1での舞台挨拶に行ってまいりました。

魔女は13時半からの回。上映前の舞台挨拶です。
司会はお馴染み伊藤さとりさん。
ケイン・コスギさんを先頭に次が山田くん、
そして、武井さん、伊藤英明さん、旬くん、山p、滝藤さん、三池監督の順に舞台へ。
本日2回目ということ、TV等のカメラもなかったってことで、
会場は初めからリラックスムード。
しかし!
恐るべし山Pファン。
登場と同時に絶叫の嵐。。。
伊藤英明さんが
「山pのファンばっかり」って言うのも解る。。
でも、
山田くんのファンだって、きっと同じ位いたはず。
ただ、
山田くんのファンは、大声で応援したりしないんだよね。
「山田く~ん!!」なんて叫ばれようものなら、
どんどん下向いて、絶対に前向けなくなっちゃう彼を知っているから…。
もちろん、今の山田くんは
そういう声援にも余裕で対応できるんだろうけど、
魔女たちは、静かに見守ることに慣れちゃってる。

山田くん、安心して!魔女もいたからね!(爆)

今日の山田くんは黒のスーツ姿。
シャツもネクタイも黒でした。
胸のポケットチーフの白が上品で、
素敵な大人の雰囲気でした。
手元から一筋強い光を放っていたのは、
左の人指し指(多分)の大きな指輪。

今日はしっかりと前を向いて、
綺麗なお顔を見せていてくれました。

本当に大人になったね。
山田くん。

時々ゆらゆらと体を揺らす落ち着きの無さも健在ではありましたが、
他の人のお話しもちゃんと聞いてたね。(笑)

最初の挨拶では、
司会の伊藤さんにいきなり時間を聞いて、
「早く帰りたいわけじゃありません。
皆さんがご飯を食べた後であることを祈っています」との言葉。
観たあとに食べたら大変なことになるそうで、
食べた後だとしても、この映画を観ているうちにヤバいことになるから、
袋を用意しといてくださいって。。
「山D~!」って声援が上がったから、何のことかと思ったら、
山PのPの下の棒を取って、山Dにしちゃうとかいう話を前の回でしてたようです。
山田だからね。
その後旬くんからは「山Dは?」って話を振ってくれていました。

次は司会者からの質問で、
「何かに変異する瞬間は?」というものでしたが、
これは質問が悪かったね、
最初の伊藤英明さんから考え込んで答えが出てこないし、
滝藤さんに至っては下ネタ。。(男性軍喜んでいたけど。。)

今回の舞台挨拶は、全国の映画館でのライブビューイングもあって、
登壇者が引き当てた映画館に電話をするというコーナーもありました。
ってか、舞台挨拶の時間の半分以上がそのコーナーだったんじゃない?
午前の部では埼玉が続いたらしく、
午後はまず長野でしたが、
その後大阪が2回続いたことから
くじ引き用のボールを不審気に覗く山田くんたち。
「ちゃんと全部の劇場ありますよ」と言う司会者をよそに
ボールを引いてみる山田くん。
福岡でした!

でも、本物は大阪です。

最初の大阪の時、
電話に出たのが男性だったもんだから、みんな口々に「な~んだ」笑
お相手を武井さんに押し付けていましたが、
その男の子、
「山田さんの大ファンなので、好き!って言ってください」と、まさかの山田くんへのラブコール。
会場、本日一番盛り上がった瞬間でありました。
「顔も見たことない大阪の男に好きだと言えと?」な山田くんではありましたが、
「好きになれると思うよ」と、言う準備万端だったのに、
なぜかこの言葉で終わりになっちゃって、次の質問に行っちゃった。
山田くん、絶対に「好きだ~!!」って言ってあげるつもりだったんだと思うよ。

今回の舞台挨拶は、こういう電話中継みたいので時間を取られたってこともあったし、
それ以外でも、何となく話のポイントずれてたり、タイミング悪かったり、
かなり消化不良な感じのまま終わってしまいました。

それでも、久しぶりの山田くん。
会えて本当に嬉しかったです。
最近大野くんのことばかり考えていたけど、
やっぱり山田くんは魔女にとって天使なんだよね。

ちょっと体調悪かったけど、
元気をもらえました。

映画の感想は…
体調良くなったら書かせてもらいます。







セカムズ 第3話

2016-04-28 (Thu) 00:04[ 編集 ]
面白い、
確かにすごく面白いんだけど、

それでも
どうしても
違和感が消えない魔女であります。

というか、
違うかな、

もっと大人なラブコメを思い描いていた魔女が、
勝手に期待して、
勝手に違和感感じているだけなのかも。

もっと、単純に楽しんで、
素直に笑っていればいいのかもしれない。

よく練られた脚本だし、
鮫島社長の愛すべき変人ぶりも魅力的。

余りにも解り易い社長の表情やオーバーアクションは、
やっぱりどうしても受け容れ難いけれど、
今回は不細工な顔が少なかった(笑)し、
これからもっと
上質なコメディとして、
純粋に楽しめるようになると

信じたい…です。

それにしても、
あんな広~いジムなのに、
使うのはいつも社長と美咲さんだけ。

もったいないね。



テラフォーマーズ初日舞台挨拶

2016-04-26 (Tue) 12:28[ 編集 ]
一般販売開始から完売まで1分かからなかったんじゃないでしょうか。。

激速で玉砕の魔女であります。
昼休みのチャイム待ってたのが敗因かな。

と、ここまで書きながら、未練がましくポチポチしてたら、
いきなり開きました‼️


まだ諦めなくていいかも。
受付中の文字は消えてないからね。


続きを読む »

Rain

2016-04-25 (Mon) 22:30[ 編集 ]
土曜日から始まった嵐のアリーナツアー"Japonism Show"
福井での大野くんのソロは≪Rain≫だったそうですね。

魔女が初めて観たコンサートDVDの中の大野くんソロがRainでした。
スマホでも、パソコンでもなく、
一応人並みの大きさのTV(笑)で観た、初めての嵐コンサート。

もちろん、生のLIVEとは全く違うんだろうけれど、
DVDならではのクオリティもあるし、
初心者魔女には十分すぎる☆
アップで捉えられた大野くんの一挙手一投足に
息するのを忘れちゃうほどでした。

圧倒的な歌唱力と力強くも美しいダンス…

どうしようもないくらい惹きつけられて、
初めっから魂持ってかれてて、制御不能。

ダンスの動きで飛び散る汗さえ美しい!

しばらく、この"AAA in DOME" のソロを
ひたすらリピートしまっくっていましたが、
LOVEコン観てからは
≪Hit the floor≫の虜です。
この1曲のためだけにDVD買ったようなものです。💣
ダンスも歌も最高!!
ほぼ毎日観てます(笑)

≪Hit the floor≫はLOVE コンだけだけど、
≪Rain≫は他のツアーでも歌ってくれていますね。

もともとはアルバム"One"に収録されている曲。
何かの映像で、5人がアルバムの宣伝?をしていて、
そこで、大野くんがRainをソロに選んだ理由を話していました。
うろ覚えですが、
親がこういう歌を歌ってほしいって言っていて、
「親のために(Rainを)選んだ」というような話。

大野くんのご両親は幸せですね。

大野くんみたいな息子がほしい。。爆






どうしょうもない

2016-04-22 (Fri) 23:34[ 編集 ]
気がつけば、桜もすっかり終わり、
たっぷりと水を湛えた田んぼが、
キラキラと初夏の訪れを待つ季節になりました。

嵐のコンサートツアーも始まりますね。

全く未知な世界…
いつか、その世界の中に足を踏み入れることができるのかしら。

昔の嵐のコンサートは、横浜アリーナやさいたまスーパーアリーナが多かったようですね。
客席の、本当にすぐ側で歌って踊っている映像を観ました。
握手したり、ハイタッチしたり、ファンの差し出すタオルで汗を拭いたり…

今では考えられないよね?

みんな若くて、めちゃくちゃ元気で、キラキラしてて、楽しそうで、
それこそお祭りみたいにはっちゃけてて。
でも、
それはそれで、なんだか危なっかしい
へんな胸騒ぎも感じられて、、

あんな中にいたんだね。
あんなスターな時間過ごしてきているんだねぇ。

全く今更でバカバカしいけど、
凄く不安になったりして

もう、本当にワケわからない感情に
胸が苦しい魔女であります。


でも、いい歌みつけた。



大切なものは足跡なんかじゃない
歩く俺たちの足だ そうだろう〜 ♬

うん、そうだね。(笑)




セカムズ 第2話

2016-04-21 (Thu) 00:14[ 編集 ]
もう少し我慢しようかと思っていたけれど、
なんか、モヤモヤして眠れそうにないから…
ちょっとだけ吐き出させてくださいませ。






演出かな。。


大野くんは、もっと静かな表情の動きだけで、
十二分に感情の変化を表現できると思う。

笑わそうとするのではなくて、ただ一生懸命にやっていることが見ている人に可笑しく感じてもらえるように、
という、大野くんの意に反して、
手っ取り早く笑いを取りにいこうとする演出家にガッカリ。(言っちゃった。。)

ていうか、
あそこまで、大野くんを不細工に撮るんだぁ、と
怒りさえ覚えた魔女でありました。

イケメン社長という普段の姿とのギャップを狙っているとしたら、
あまりに安易。
今日のストーリーなら、
普通にカッコいい社長のままでも十分面白かったのにな。

「アドリブ無し、監督の指示通り」に演じている主役の姿勢に対して、
もっとしっかり責任持って応えてほしいです。

威張りくさった感じで窓に腰掛けた後、
最初の勢いが跡形もなく消え去った両足ぶら〜ん状態…
笑えました。
社長が切な可愛いくて。



3話に期待。


演出家変わらないかな~●~*

Cry for you

2016-04-20 (Wed) 00:22[ 編集 ]
「5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009」を教科書にした魔女のお勉強は頓挫したままなのですが、
息子教えてくれたiPhoneの音楽アプリで、
嵐の歌がたっぷり聴けるようになりました。
今まで聞いたこともなかった歌もいっぱい💛

今のお気に入りはCRY FOR YOU。
ニノのソロから始まって、その後の大野くんのソロの入り方が
めちゃくちゃカッコいいんです。
フェイクも堪能できるし…

ダンスも見たくて、探し当てて(笑)
TIMEコンのを観ました。
もぉ、悶絶です。。。。

この時はニノと大野くんが間奏でアクロバットもやっていて、
もう、カッコいいこと半端ない。。

あと、好きなのはBoom Boom。
大野くんのソロが力強くて際立っているし、
全体の曲調と、メンバーの歌の重なり合う感じがいい。
大野くんのフェイクも素敵です。
こちらはライブでは歌ってないのかな。
どこを探しても見つかりません。

もう一つ、Lotusも聴けば聴くほど味の出てくる歌です。
大野くんのソロは多くないけれど、
最後のほうのフェイクに痺れます。
ニノちゃんの甲高いフェイクも好き。


嵐の歌はメンバーそれぞれのソロパートが多いですね。
もちろん、大野くんがメインボーカルとして歌い上げる曲は格別ですが、

他のメンバーのソロを受けるような流れで
大野くんのソロに繋がる歌も好きです。
Blueとか、チェックのマフラーとか…

大野くんのソロがメンバーの歌声をも生かしているように感じます。

それにしても、
まだまだ知らない歌や聴いたことない歌が山ほどあるんだろうな。。
16年って、
すごい年月だよね。
生まれたばかりの赤ちゃんが高校生になっているんだもん。

これからどんなに頑張っても、過ぎた16年は取り戻せないのかな。
なんか、すごく落ち込みます。

大野くんの恋

2016-04-17 (Sun) 00:15[ 編集 ]
正直なんだろうな、って思う。

役どころは恋には不器用だけど、
「実生活はそんなことないよね?」という志村園長の問いに、
少し考えて
「まだ、ノーコメントです」との答え。

かなりドキッとしてしまった魔女でありました。

「ノーコメント」ってのは、
何かしら事実があって、
それを言うことはできないってことじゃないの?!

でも、
例え、本当に何か事実があったとしても、
普通に
「不器用かもしれませんね」とか、
「鮫島社長ほどじゃないですよ」とか、
それとも
「結構器用なほうだと思います」とか、
いくらでも言えたんじゃないの??

そういうのができない大野くんなんだよね。

ビンゴなことが頭に浮かんじゃって、
それについて話すこともできないし、
だけどウソはつけなかった…
そんな風に感じてしまいました。

それとも、
事務所的に、「恋」の話はNGなのか?

なんか、不安だよ、
大野くん。。

こんなことで
こんなに動揺してしまうのは、
魔女が嵐初心者だから、ということだけのことかな。

35才の健康な男だもん、
恋の1つや2つや、3つや4つ(;_;)
…とは思います。

でも、
アイドルだから…
当たり前にいかないのも仕方ないこと。

んんん~
100歩譲って、恋はいい。(T_T)

結婚は…

多分5人ともないと思う。
「嵐」でいるうちは。。

それは、ただの
ファンの願いってことじゃなくて、
なんか、
確信みたいなものを感じます。
(超初心者が言うのはおこがましいけど。。)

それにしても、
ほんとヤバい、
わたし。。






セカムズ 第1話

2016-04-13 (Wed) 23:40[ 編集 ]
んん〜〜ん、
微妙…

でも、これからだよね。
うん、これからこれから。

一番の見どころなる脚本も、
1話ではさすがにベタな印象を拭えないけれど、
秘書の設定、そして、小池栄子さんのキャスティングは大正解❗️
フラフラとイメージが彷徨うような場面も、小池さんによって引き戻され、引き締められました。
安心して、社長を任せられます(笑)

2話に期待‼️

 | HOME |  »

(C) 魔女 All Rights Reserved.