2016年10月29日

        

「Miles away」に想う

category -
2016/ 10/ 29
                 
大野くんが歌割に関わったということで、
楽しみしていた この歌、
翔くんのソロで始まったのは予想外でありましたが、
穏やかなトラッドな歌声はとても耳障りが良くて、
気持ちよく歌の世界に入っていけました。
いい意味で癖のない、フラットなメロディラインに、
次々と他のメンバーの歌声が加わっていって、
相葉ちゃんの甘いファルセットや、
潤くんのセクシーな歌声や、
大野くんとニノちゃんの高音のハモリ、
幾重にも重なる優しいハーモニーに泣きそうになります。

まさしく『重なるフレーズ』。。
本当にうっとりと聴き惚れて、何度もリピートしてしまう。
こんなにも優しくて綺麗なハーモニー…
嵐って、本当に本当にいいね。

ひとり、またひとりと重なり合う歌声の最後に突き抜けて
それを包み込むように広がる大野くんの歌声は鳥肌ものですが、
それ以上に感動しちゃったのは、
ニノちゃん。

この歌では、全体を通してほぼ一番高いパートで、
他のメンバーの歌声に寄り添っています。
大野くんかなニノちゃんかな?って解らないところもありますが、
大野くん以外の歌割の中では一番難しいパートだったんじゃないかと思います。

ニノちゃんのフェイクに大野くんが重ねていくフェイクの
力強いハーモニーに心揺さぶられて、
そして、
最後のAH~ OH~の長いフェイクの交換の中で
メンバーの歌声が流れるところで号泣です。

あ~、、、
この歌が聴きたい。
この歌を歌っている5人を見たい。




明日10時からの電話…頑張ります。