2017年03月

        

孤独な天使

category - 山田孝之
2017/ 03/ 26
                 
「山田孝之のカンヌ映画祭」終わりました。
なんか、ホッとした…というのが魔女の本音です。
現実と虚構がごちゃ混ぜになったようなドラマで、
最後まで上手く呑み込めなくてハラハラしっぱなしでしたが、
最終回では確信できました。
これはドキュメンタリーという形式で描いた、
正真正銘のフィクションドラマでありました。

鹿児島の山田パパとのやり取りは本物だっただろうし、
山田少年の可愛い写真も嬉しかったけれど、
まさか、山田くんがあそこまで自分を曝け出すとは思っていなかったです。

それらが全て、次の作品への伏線なんだろうけれど…
魔女は切なかったです。
泣きたくなりました。


640.jpg
                         
                                  
        

日々是好日

category - 山田孝之
2017/ 03/ 20
                 
今日は春分の日。
暑さ寒さも彼岸まで…と言いますが、今日は桜が咲いちゃいそうな位暖かでした。
魔女はお仕事でしたが、
電話も少なくて、社内はのんびりムード。
お3時にはおはぎもいただいて、美味しゅうございました。
明るいうちに帰れたので、ワンコと河川敷で遊ぶこともできたし、
いい1日だったかな。


昨日、山田くんは何してるんだろう?ってぼやいていた魔女に、
大丈夫、ちゃんと働いてるよ!と、友だちが教えてくれました。

「聖☆おにいさん」 のドラマ化
山田くんがプロデュース、福田雄一監督が脚本と演出とのこと。
一瞬、歌のおにいさん?!と思ってしまった魔女は、いけない女でしょうか…笑
「荒川アンダーザブリッジ」と同じ作者のコミックが原作だそうで、
仏陀とイエスキリストが下界でバカンスを過ごすお話だとか…
まだキャストの情報はないみたいだけど、
山田くん、多分出ないんだろうな…
カンヌのドラマでの河瀬監督の言葉、しっかりと胸に刻み込んでほしかったよ。

で、これ、

「パラレルワールド」
河瀬直美監督、山田孝之主演。
カンヌの流れで出ることになった?あの作品だね。
たった15分間の物語…
だけど、これはかなり期待できるかも。。
めちゃくちゃ楽しみです。

1703201514.jpg

short short で6月1日からプレミアム上映ということですが、
これがよく解らない魔女であります。
映画館での上映じゃないのかな?
イベント会場?
なんか、スマホやPCでも観れるとか書いてあるけれど、
果たして無事に観れるでしょうか…

そして、
「破獄」の放送日も決まりましたね。
2017年4月12日 21時~
脱獄犯の役…
山田くんのコメントの通り、きっと本当に身も心もボロボロになりながら演じたんだろうと想像できます。
お疲れさま!
いい作品に仕上がっていますように!!


                         
                                  
        

砂漠知らず

category - 大野くん
2017/ 03/ 19
                 
オオイヌフグリ、イヌフグリ、菜の花や紫大根の花、カタクリとヒメオドリコ、
ヨモギもつくしん坊も…と、日に日に賑やかになっていく春の土手道、
今朝はヨモギの若葉を積んできて草餅を作りました。

そんな芽吹きの季節のお楽しみとは裏腹に、
やっぱりどうしても心浮かない魔女ではあります。

大野くんのラジオも終わっちゃうし、
しやがれは3週間ものお休み。
嵐のコンサートツアーもなかなか発表ないし、
アリーナツアーのDVDもどうしたのかしら。。。
もしかして、出ないのかも、と不安にもなります。
Japonismと曲はほとんどかぶっているし、
会場も小さかったし…
ドームやスタジアムでの壮大な規模でのライブ演出が当たり前になってきている現在、
アリーナの映像はどう仕上がっているんだろう?
もちろん、どんな映像だろうと、ファンは絶対なにがなんでも観たいに決まっています。
大人の事情なんたらとか、ありませんように。。。

でも、、
嬉しいことも大きいのが嵐さん☆*:.。. ☆* .。.:*☆
もうすぐ新曲が聴けるんだもんね。
CDは4月だけど、水曜日の「FNSうたの春まつり」で初お披露目!
もう、楽しみでしかありません。
どんな歌なんだろう、大野くんのソロあるかなぁ、
あと3つ寝れば聴けます\(^o^)/

そして、なにより、大野くん。。
無門様。。
こちらも楽しみすぎて、落ち着かない。。
新しい映像が公開されましたが、

惚れます。。💛

『嫁さん以外怖いもん無し』な無門のキャラクター、
映画ではいっそう魅力的に描かれていそうですね。
大野くんの『そのまんま』な感じ、そうなんだろうね、うん、きっとそう。。。(←ワケ解らない笑)

o0960059313893034392.jpg

早く本物の≪最強≫を大画面で拝みたいです!!


山田くんに関しても、
今はカンヌやってるから、<砂漠>ってわけではないんだけど、
次の作品の情報がないのが淋しい。
ジョジョも破獄もカンヌも撮り終わってるんだし、、
今何やってるんだろう。。


                         
                                  
        

音声ガイド+アカデミー賞+カンヌ=支離滅裂

category - 山田孝之
2017/ 03/ 05
                 
大英自然史博物館展の音声ガイドのお仕事があったようですね。

IMG_2516.jpg

楽しめたのかな。


先日、日本アカデミー賞の授賞式をチラッと観ていたら、
綾野剛くんとか妻夫木くんとか未来くんとかもいて、
ちょっぴり考えちゃいました。
山田くんが、賞とほとんど縁がないままなのはどうしてなんだろう…。

言いたくないけど、
やっぱり、、、

作品だろうね。

規模も質も最高の、文句なしの作品で、
後は己の演技力だけ、てな状況で闘わせてあげたい。。
そんな作品と早く出会えますように!!



カンヌのほうは、なんだかミュージカルの要素まで出てきて、
どんどんワケわからなくなってきてるし、
「山田孝之」が強引すぎて、芦田愛菜ちゃんまでもが不安に思い始めてきちゃった。。
ドラマだって解っちゃいるけど、
実名で出ているだけに、負のイメージが心配。。

次はいよいよ長澤まさみさん登場。
さらにヤバくなってきそうで怖いです。

                         
                                  
        

ひきこもりの週末は美しき世界

category -
2017/ 03/ 05
                 
ひな祭りも終わって、今日は啓蟄。
確実に春はそこまで来ていますね。。
魔女が一番嫌いな季節です。笑

梅雨が終わるまで続く花粉症の辛さもその理由ではありますが、
春って、新学期とか入学とか入社とか、
新しい何かに対していつも緊張していたような記憶があって、
未だにザワザワした不安を感じてしまう。。
ネガティブだよね~

久々のコンサート鑑賞は《Beautiful World》
潤くんの「雨に負けるなよ!」で始まる、
雨の中のパフォーマンスが印象的なコンサートです。
2011年の大震災後の最初のツアーで、
何度観ても翔くんの挨拶で泣けます。
この国立では「Believe」で始まるのですが、
それ以外のコンサートでは「僕が僕のすべて」で始まるんですね。

ありのままで もう一回歩き出そう 悲しみ超えて
誰のでもない 名もなき道を
明日もそう 夢に向かって
悩んで 笑って 笑って
確かなことはひとつだけ

僕は僕の人生も運命も抱きしめてゆこう
ひとつひとつが輝くために
春夏秋冬を 走って走って走って走って
今ここにいる 僕が僕の全て
それだけは変わらない

嵐さんのメッセージなのかな。。

20160805203832d24.jpg

もうすぐ3月11日。
あれから6年、長いような、あっという間のような。。




                         
                                  
        

DEAR SNOW

category -
2017/ 03/ 01
                 
今夜は雨。
暖かい日が続いて、花粉に怯える今日この頃は、
もうすでに寒い季節が恋しくなったりしています。

以前は、3月の初め頃に、よく雪が降ったりしてたのになぁ。。
確か、国立1期の入試日がこの頃で、雪が降ると色々大騒ぎになってた記憶があります。(大昔のお話です。。笑)
なごり雪ってやつかな。。

「Dear Snow」は、深々と静かに降り続く雪に例えて、
儚くも一途な恋心を歌い上げていますが、
決して届くことのない想いに憂いながらも、
凛とした強さを湛えたメロディが印象的です。

「大奥」の主題歌だということにビックリでしたが、、
なるほど、時代を超えて感じ取れる歌詞かも。。

『春を迎えるように 抱きしめ合い 溶けてゆけるなら 何もいらないのに』

ニノちゃんと大野くんが歌う、このフレーズが魔女は好きです。
胸が締め付けられて泣きたくなるほど。。

hqdefault.jpg

PVでは、5人ともずっと思いつめた表情していて、観ているとちょっと辛い。
でも、、永遠に叶わない愛に、身も心も捧げているのは
ファンの姿そのもの。。

それでも愛しいよ。。