2017年03月26日

        

孤独な天使

category - 山田孝之
2017/ 03/ 26
                 
「山田孝之のカンヌ映画祭」終わりました。
なんか、ホッとした…というのが魔女の本音です。
現実と虚構がごちゃ混ぜになったようなドラマで、
最後まで上手く呑み込めなくてハラハラしっぱなしでしたが、
最終回では確信できました。
これはドキュメンタリーという形式で描いた、
正真正銘のフィクションドラマでありました。

鹿児島の山田パパとのやり取りは本物だっただろうし、
山田少年の可愛い写真も嬉しかったけれど、
まさか、山田くんがあそこまで自分を曝け出すとは思っていなかったです。

それらが全て、次の作品への伏線なんだろうけれど…
魔女は切なかったです。
泣きたくなりました。


640.jpg