俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
04 < 2017/05 > 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アユハピ発売日とジャパンプレミア

2017-05-30 (Tue) 22:22[ 編集 ]
フラゲとは、フライングゲットのことかしら?
嵐さんに夢中になるまで、聞いたことさえなかった言葉です。。
フライングは競技のスタートとかの時のフライングの意味だよね。

アユハピコンV、既にお手元にある方も多いようですが、
amazonからは、発送メールすら受け取っていない魔女であります(T_T)
ということは、明日発送、明後日着ってことかな。
どちらにしても、ゆっくり鑑賞できるのは週末だから、
ドキドキワクワクの中に長くいられることを幸せに思って、ゆったり待つことにいたします。

「忍びの国」のジャパンプレミアも、結局行くことは叶わなかったけれど、
初日に一縷の望みを抱きつつ、無門に会える日を指折り数えて待ちます。

ただ…公開が近づくにつれてなんとなく不安になってくるのは
いつもの魔女の悪い癖でしょうか。。
ここまでも、映画の内容や見どころが小出しにされてきているし、
これから宣伝の中で更に色々なシーンを先取りのようにして見せてくれたりしそうだけど、
そういうのも観たいけど観たくないような。。複雑な気持ちです。。
大野くんのアクロバッティックなシーンや
平兵衛とのクライマックスシーンも、
なんだかんだ言いながら結構な長さで公開されてるし、
特報やらCMには見ごたえあるシーンが使われるのが当たり前だし、
まさかまさかとは思うけれど、
無門のカッコいいシーンは出尽くしちゃった…なんてことはないよね?
後は全部怠け者で嫁さんの尻に敷かれてる無門…なんてことはないよね?
そんな不安で夜も眠れないおバカ魔女でありますが、
どんな無門でも受け入れる覚悟はできております。。笑
どんな無門も愛しいに決まってるもんね。

「忍びの国」、胸が締め付けられるほど楽しみなんです。
大野くんが激しく動いたり、叫んだり、飛んだり、闘ったり…
その一挙手一投足を逃すことなく目に焼き付けて、感じ取りたい。。
はぁ、、、
早く無門に会いたいよ。。


青が似合うヒト

2017-05-27 (Sat) 21:30[ 編集 ]
この淡いブルーがこれほど似合う人、他にいるかしらん。
優しい雰囲気でありながら、凛とした清々しいお顔の造作が
この色と引き立て合ってる。
んふ、まるで少年のようだね。

17052002.jpg


こちらの濃いブルーも似合う。
大野くんのふんわり柔らかいイメージに、
少しだけど力強さを与えています。

170518003.jpg

木曜日と土曜日だけを楽しみに生きているといっても過言ではない魔女でありますが…
先日のVS嵐も楽しかったですね。
加藤諒くん、、可愛いです。
大野くんにどんなに冷たくあしらわれても、めげないし、
リアクションが明るくて秀逸だから、ちゃんと笑って終われる。。
もっともっとしつこく大野くんに迫ってほしい(笑)
大野くんも本当の所では可愛いっていう思い持ってるはずだもん。

こんな女性と結婚したら大野くん幸せかもね。
大野くんのことが大好きで、一緒に色んなことやりたくて、
ちょっと無理やりにでも引っ張ってくれて、
でも、本当に放っておいてほしい時は
気を使ったりすることなく一人になれる。
理想的じゃない?
本当言うと、魔女的には鈴木あきえさんが一押しだったんだけど…
結婚しちゃったんだっけ?
あの、頭の回転の良さと気配り、
どんな話でも人を貶めないし、人を嫌な気持ちにさせない、
ここはニノちゃんにも通じるんだけど…
総合的に大野くんの嫁には最高だったんだけどなぁ。。。

って、なぜに大野くんの嫁探ししてるんだ???

ないよ。ない。
必要ない。
結婚もない。

今の一番のお楽しみは
5月31日。
アユハピコン、早く観たいです!!

あ~ぁ、、コンサート行きたいなぁ。。
歌って踊る大野くんが観たいよ。。


「忍びの国」主題歌、そしてそして無門にしびれた月曜日

2017-05-15 (Mon) 22:11[ 編集 ]
ブルーな月曜日を心躍るハッピーディに変えた朝のビッグニュース。

tsunagu.jpg

主題歌は嵐にこだわらなくてもいいかな~とも思っていましたが、
少しだけ流れた大野くんのソロパートを聴いちゃったら、
もうこれしかない!とさえ思ってしまいました。
映画館で無門だけを見つめ続けた最後のエンドロール、
「大野 智」の文字と一緒に流れる音楽は、
やっぱり嵐でしか有り得ないかも。

早くフルで聴きたいです。

そしてそして、大野くんのアクロバティックなシーン…
もう、ただただ凄いです。
スマホの画面の中で闘う無門を観ただけで萌え死にそうになった魔女、
映画館の大画面で観ちゃったら、生きて戻れる自信ありません。
あんな激しいシーンなのに、あんなにも凄い動きしてるのに、
とにかく美しい。
これは、大野くんのダンスと同じだね。
どんなに激しく踊っていても、必死さのかけらもなくて、
ただただクールで美しい。

mumon1705152105.jpg

これも大野くんなのかな。
アユハピコンのどこかのMCで、
「バック転はやってない」って大野くんが言ってたレポを見たから、
ビックリしてドキドキ倍増であります。

それにしても、、、
魔女のおまかせ録画、今日はまさかの全滅でありました。。。(T_T)
「嵐」「大野智」「忍びの国」のワード、しっかり登録してるのに、
本日引っかかったのはPONのニノちゃんだけ。。
かなり色々なWSで流れてたはずなのに、何故??
めちゃくちゃ楽しみにして帰って来たのに。。
悲しすぎるよ。。
嫌がらせとしか思えない。。
ちなみにパナソニックのDIGAであります。。(爆)
魔女のおまかせ設定が間違っているのかしら?




春ドラマ

2017-05-13 (Sat) 21:52[ 編集 ]
去年の今頃は大野くんのドラマに夢中でありましたが、
その後の夏冬と不毛な季節を過ごし、
今クールも、ドラマには期待ZEROでありました。。(相葉ちゃんゴメン)
ていうか、山田くんと大野くんが出てないドラマには
どうにも興味が持てない魔女なのであります。。

でも、そんな中でも観ているのが
金曜日の「リバース」と日曜劇場の「小さな巨人」。
湊かなえさん原作の「リバース」には、
ここにきてちょっと惹き込まれてきてます。。
現在と過去を行き来するストーリー展開が巧妙なのは
脚本がうまいのかしら。
それと音楽がいいね。
力強い中にもオドロしい雰囲気が、ミステリーにぴったり。
クライマックスシーンに入る音楽にドキドキ感が煽られて、
不覚にも(笑)次を観たいっていう気持ちにさせられています。

何年か前のドラマ、「トライアングル」と似ているかな。
もちろん結末も犯人も気になるんだけれど、
それが明らかになっていく様子がパズルのようで、
それをはめ込んでいくように進むストーリーが面白いです。

「小さな巨人」は、
「半沢直樹」から続く日曜劇場の勧善懲悪ドラマですよね。
日曜日の夜にスカッとした気分にさせてもらって、
新しい1週間を気持ち良く迎えるために観ているんだけど、
今のところあんまりスカッとしてないかも。。
それでも、ドラマのロケ場所が
まさかの魔女の元勤務先☆ってことで、
めちゃくちゃ懐かしくて、かなりノスタルジックな気分に浸っています。
あんなに東京タワー近かったかなぁ。。
ローマイヤの黒パンまた食べたいなぁ。。
などなど…笑

あのままあそこで働いていたら、、
今とは全く違う人生になっていたかも。。
自分の選択が間違っていなかったなんていう自信など全くない魔女であります。
全て結果論でしかないけどね。

夏クールのドラマにも大野くんは出ないだろうけれど、
山田くんは?
そろそろドラマが観たいです。。




黄金週間

2017-05-06 (Sat) 20:20[ 編集 ]
珍しく人様並みにゴールデンになった魔女の連休、
連日の暑さと悪化しつつある花粉症のため、
ぐうたらを決め込んで早4日が過ぎました。
換気扇掃除とダウンコートの洗濯、
そして今日はコタツを片付けて…
やった感があったといえばそれだけかな(笑)

あとは、嵐のコンサートDVDの鑑賞💛と考えていましたが、
ゆっくり落ち着いて集中できる時間が余り取れず、
キミ僕のスタジアムとジャポコンだけしか観れなかった。。。

スタジアムでのコンサートは、解放感と熱気、そしてファンとの一体感が、
これでもかってくらいに感じられて、
夜のファンタジーランドの趣とも相まって、
魔女にとっては憧れでしかありません。

このキミ僕DVDも何回観ただろう。
30才の大野くん、ダンスがキレキレです。
終始潤くんのご機嫌が良くて、
相葉ちゃんは最初から泣きそうで、
翔くんはやっぱり男っぽくて、
ニノちゃんの煽りは天才的で、
そしてそして、大野くんの表情がとっても柔らかで、
それがそのまま歌の柔らかさになっている。
だからかな、このコンサートはすごく優しく感じます。

20160709105639d0f.jpg


20160709112335a37.jpg

ジャポコンのほうも、数えきれないくらい観ていますが、
今回はなんでだろう、
かなりおセンチな気分になっちゃってた。。
最後の感謝カンゲキ雨アラシ、
翔くんの「ど~もありがとう~!!」で泣きそうになりました。

嵐さんたちに会いたいです。
彼らの歌とダンスとわちゃわちゃで幸せにしてほしい。。




 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.