俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
07 < 2017/08 > 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ふるさと

2017-08-28 (Mon) 22:31[ 編集 ]
24時間テレビ、
福島の高校生の「ふるさと」がとても素敵でした。
綺麗なハーモニーの中に彼らの想いが伝わって、
本気で感動して、、そして、、
羨ましかったです。

もちろん、震災と原発事故が彼らの生活をめちゃめちゃにしてしまったことに対しては、
十分に重く受け止めているつもりですが、
ただただ、そんなにも想いを寄せる≪ふるさと≫を持っていることに
単純に羨ましく思ってしまいました。。

≪ふるさと≫のない魔女であります。

生まれてから一人暮らしを始めるまで、5回の引っ越し。
小学校は3回転校、
中高は同じ町だったけれど、同じ町でも1回引っ越して、
高校を卒業した後にもう1回…

≪ふるさと≫ってなんだろう。
昨日の高校生の1人が、
「生まれ育った町と今暮らしている町、どこを思って歌えばいいんだろう」というようなことを言っていたけれど、
その答えが見つかるのはまだ先のことなのかもしれない。

山があって、川があるのがふるさと…なんてメルヘンな事を考えているわけではないし、
都会の真ん中であっても、
あるいは外国であっても、
そこを≪ふるさと≫と呼ぶ人は大勢いるはず。

強いて言えば…
心から安心できて、思い出の中に浸れる場所…
それが≪ふるさと≫かな。
そういう意味では、
自分の子どもたちにも≪ふるさと≫を残してあげられなかったなぁ…
と、更に落ち込みます。。笑

魔女が初めてまともに嵐の歌を聴いたのはアルバム『Japonism』通常盤。
友だちがダビングしてくれて、
「嵐のふるさとはいいよ~」って勧めてくれました。

へぇ~嵐って童謡も歌うんだ~と思った大バカ魔女でありましたが、
おおちゃんの穏やかで透明感はんぱない歌声が流れたとたんに
鳥肌が立つほど感動したのを覚えています。

嵐が優しく語りかけるように歌う≪ふるさと≫は、
やっぱり山と海と空を想像してしまうけれど、
なんでだろう、、なぜか懐かしさで鼻の奥がツンとしてしまいます。
そんな故郷どこにもないのに…

不思議です。。







罪なヒト

2017-08-22 (Tue) 23:41[ 編集 ]
先日のVS嵐、
山Pとご飯行くって話で暴露された、
風磨くんを呼んで行きつけの店で飲んだお話。
自分も忙しくて約束が果たされていない山Pはともかく、
100万回誘っても一緒にご飯が叶わなかったニノちゃんや、
あれほどまでに大野くんへの愛を叫び続けている知念くんにとっては
はぁぁぁぁっ?!な事実じゃないのかしらん。。

20160709110055969.jpg

ニコニコと暴露する潤くんの隣で、少しづつ目が険しくなっていくニノちゃんが気になって、
魔女はずっとずっとハラハラしてたよ。。爆
知念くんの「ごは~ん」って声も、悲しく耳の中でこだましております。。

17072802.jpg


それとも、、まさかのまさか、、
ニノちゃんの話も知念くんのアピールも全部全部ネタで、
本当は大ちゃんも、普通にメンバーや後輩くんたちとご飯行ったり、
飲みに行ったりしてるんだろうか。。
潤くんの話のポイントは≪行きつけの店を持ってる≫ってことであって、
≪後輩と飲んだ≫ってことではなかったもんね。
後者については驚きに値しないことなのかもしれない。。

それともそれとも、
風磨くんとはメンバーも知ってる位仲がいいとか?

大ちゃんとしては、
自分に関心があってグイグイくる人より、
変に崇められたり、褒められたり、あれこれ聞かれたりせずに
普通にいる人のほうが興味深いのかも。
NEWSの加藤くんがそうだもんね。
ジュニアの頃からの大ちゃんのお気に入り。
どことなく冷めていて、周りと一緒じゃなくて、
自分もそうだったって話していたよね。

でも、それはそれで、やっぱり泣く人はいるわけで、、
魔女ならジェラシーと猜疑心で、
発狂しちゃうか、生魂になっちゃうかも。。

罪づくりなオトコであります。。



mumon1706271227.jpg











きっと大丈夫♪

2017-08-21 (Mon) 21:50[ 編集 ]
2年経って、ようやく本体料金の分割がなくなったと思ったら、
図ったように調子悪くなった魔女のiPhone…
先日泣く泣く機種変更いたしました。。(;o;)
更にトイレのウォシュレットが操作不能になり、
こちらもしかたなく交換。
土曜日にホームセンターで工事の予約を済ませてきました。。
そして、昨日、
テレビが…壊れました。。・゜゜・(´O`)・゜゜・

とりあえず、息子の部屋にあった小さなテレビを繋いで
今は凌いでいるけれど、
これで嵐のコンVを観るのは余りに悲しい。。

それより、、、
次はまさかエアコンとか冷蔵庫とか、、それとも車ぁ?!
と、次なる何かを想像して怯えている魔女であります。。

でも、、ううん、
悪いことの後にはいいことが待ってる!!はず。。

うん、
それはきっと、
嵐のツアーの当選
それに決まってるよね。

23日から申し込み開始。
頑張ります!!

mumon1706271227.jpg








いざッ、Now Tour !!

2017-08-14 (Mon) 15:35[ 編集 ]
いざ Nowは「誘う」かな。
2004年の夏コン、5年目の嵐ちゃんたちです。

お盆休み、久々に若い大ちゃんに会いたくなって選んだDVDですが、
大ちゃんの男っぽさとキレッキレなダンスに魂持っていかれて、
もう何もする気になれません。。

「TOP SECRET」はやっぱりカッコいいね。
会場が一瞬で静まり返って、空気が全く別のものになってる中、
大野智のエネルギーが放出する様、
圧巻です。


top17081401.jpg

どんな激しい動きも、軽やかで流れるようで、
ターンの度に汗が飛び散っても、全然暑っ苦しくない・
むしろクールで涼しげなダンスに、
観てるほうが熱くなる。
燃える想いを抑えきれなくなっちゃうよ。

知念くんが「いやらしさが微塵もない!」と言っていた大ちゃんの腰フリ、
確かに、変な甘さが全くないからイヤラシさはないけれど、
セクシー過ぎて犯罪級であります。

自分の世界に集中しきっていたソロが終わって、
次の5人曲では、満面の笑みの大ちゃん。
ふんわりした笑顔が可愛すぎて、なぜか泣けちゃう魔女であります。

「とまどいながら」では、大ちゃんのソロの
「言葉にぅ できないほど」をがしっかり拝めて感動。
ここ、何度もリピしちゃうトコ。
「君は悪くない」では大人びた衣装でスペイン民謡のようなダンスをキメル嵐ちゃん。
ちょっと背伸びした感は否めないけれど、
若い5人のパフォーマンスからは、大人な男女の恋愛模様のいやらしさは全く感じられなくて、
ただただカッコいい。。


iza17061402.jpg

この後、相葉ちゃんがソロの準備ではける姿が見られるんだけど、それすらも若くて可愛い。


「RIGHT BACK TO YOU」はガッツリ踊っていて、
5人共がキレキレでカッコいい💛
それでも、やっぱり大ちゃんのダンスに釘づけにされて、泣きたいくらい魅せられちゃうんだよね。
歌では、潤くんとの2人パートから離れての『思い出せず~』に鳥肌です

とにかく若い、、、当然だけど。。
カッコいい、、

このツアーの曲は大ちゃんのソロパートが多いような気がして、、それも嬉しいかな。
大ちゃんの歌声が堪能できて大満足。

浴衣姿のアンコールでは、翔ちゃんとの熱い抱擁も観られますね。
でも、先日夜会で観たのと、ちょっとアングル違うようで、??になってます。
なんでだろ。。

はぁ、
今日と明日だけの短い夏休み。
こんな腑抜けになって、、明日はどうしよう。。

大ちゃん、
大好きです。。爆




ベイストのニノちゃんお誕生日話

2017-08-08 (Tue) 22:56[ 編集 ]
本当なのかな?
日付が変わって、お誕生日になるその瞬間に5人で一緒にいて、
誰も何も言わない…なんて、、、、あるかしらん。。
ニノちゃんが「すごくないっ?」って言うのに、
吸い込んだ息を吐き出すこともできない魔女でありました。

その当日、ワクワク学校で公開サプライズやるとしても、
だから祝わなかった…なんてことあるわけないし、
おめでとう!!って、何度も何度だって言ってあげていいじゃない。

ニノちゃんはウソしか言わない…とかどこかで誰かが言ってたから、
ちょっと信じられない気持ちで聞いていましたが、
それでも、「もう誕生日なんかいらない。16日の後は20日でいい」
とかなんとか言っちゃうニノちゃんが余りに淋しそうで、、、
なんだか、こっちまで淋しくなりました。

本当の話だったとしたらすごく切ないし、
もし、ウソなら、
それはそれでもっと悲しいかも。

こんなことに本気で考え込んじゃうのは
魔女が超初心者ファンだからなのかなぁ。
昔からの5人の関係性を知っていれば、
もしかして、普通に流せることなのかも?

ついでに、もうひとつ、
最近同じようにザワザワしたから吐き出しちゃいます。

先日たまたま見た「Step and Go」のメイキング。
曲の最後の5人のカットに大ちゃんが上手く入れなかったことから、
次入らなかったら坊主ね、となり、
大ちゃんの不安そのままに
直前ではじき出されてやっぱり入れないというオチ。
「バリカン持ってきて!」っていう大ちゃんの開き直りが新鮮で可愛かったけれど、
この一連のシーンは余り気分のいいものではなかったです。

小さな子どもに、ほら面白いよって見せることはできないモノだよね。

別に道徳心みたいなの振りかざして目くじらたててるわけじゃないんだけど、
嵐さんたちも若い頃はそういう感じの時もあったんだなぁって、
今までのお勉強で学んだ他のあれこれを重ね合わせてしみじみしちゃう。

大ちゃんを好きになってから、嵐5人を見ているだけで幸せな気持ちになれる魔女であります。

誕生日の日付に変わった瞬間にメンバーからおめでとうメールが来る、
それが「自慢できること」だと言った大ちゃん。

ニノちゃんにもそんな幸せ感じてほしかったのになぁ。。

あぁ、なんか支離滅裂。。





 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.