FC2ブログ

2018年08月

        

After the rain

category -
2018/ 08/ 31
                 
8月最後の日…
夏の終わりの嵐といったところでしょうか、
断続的に降る雨の勢いは止まず、
雷鳴と稲光の中、しかたなく帰途についた魔女であります。

iPodは未だに「夏疾風」初回盤をエンドレスにリピートしておりますが、
こんな雨の夜にはAfter the rain が心に沁みるね。

想いを残しながら別れた相手を思い出して、
心を痛めながらも、相手の幸せを願い、
自分もまた迷わずに前を向こう…
って歌かな。

大人な嵐さん、
彼らもまた、この歌のように、
誰かを泣かせて、
それを痛みと共に思い出したりすることがあるのかしら。。

な~んて野暮なことが頭に浮かんだりする。。
雨のせいだね。


始まりの雨音と、ゆったりとしたメロディが心地よくて、
ずっと聴いていられる一曲。

翔くんの ♪Can you see? こっそり~
が素敵すぎて、
その後の大野くんと翔くんの
重なりながら繋ぐソロにうっとりします。


とりわけ暑く、長かった今夏、
それもようやく終わりが見えてきたのかな。
稲の収穫もそこかしこで始まっていますが、
秋を感じるまでにはいかないなぁ。

そろそろ5×20の詳細も発表されますね。
今年もまた、
ドキドキと不安の中で
季節が移り変わっていくんだろうと思います。
深まりゆく秋の中で、
どっぷりと淋しさを味わうようなことにはなりませんように!!
切に切に願います。。。。





                         
                                  
        

10年前の夏…初めての国立

category -
2018/ 08/ 26
                 
暑い暑い8月最後の週末、
またまた自堕落に過ごしてしまった魔女であります。。
食欲もないし、、楽しいことも、、ない。

24時間の嵐さんたちは楽しそうでよかったけれど、
時間短かったし、バタバタしてたし、
なんか、去年と同じような内容で…なんだかなぁ、、って感じ。💣
ま、おおちゃんが元気そうだったから安心したけど。

嵐さんたちはコンサートの準備進めているのかなぁ。。
ANNIVERSARY LIVE TOURという名のもとにやるのなら、
何か新しいことを色々考えているのかしら?

魔女的には、
まずは参戦できること、
そして、大野くんの歌とダンスをたっぷりと堪能できること、
それに尽きます。

今日は、AAA2008 in Tokyo を自宅参戦。
ちょうど10年前、嵐ちゃんの初めての国立だね。
メイキングの映像も、本編も、
萌えどころいっぱいで、大好きなDVD💛
大野くんのTake me faraway は息するのさえ忘れて見入ってしまう。

初の国立ってことで、
メイキングでは、嵐ちゃん達も圧倒されている様子が初々しくて可愛らしかったけれど、
彼らの観たい景色と、ファンが観たい景色はやっぱりちょっと違うんだなぁ、、と、
なんとなく感じちゃった。
それは、ファンライトを制御して、客席をも演出する今にも繋がるよね。

ヤバイ、記念コンサートへの不安のせいかしら、
国立の広い広いスタンド見て、かなりネガティブになってるかも。

ううん、なんでもいい、行けるだけでいい。。笑






本編で印象的だったのがイチオクノホシのニノちゃんの上ハモ。
夏疾風の高音パートが頭にあったからかな、
改めて感心。。
あと、カーニバルナイト2で、
「C・A・R・N・I・V・A・L NIGHT」を順番に歌うところ、
潤くん2番の歌詞歌ってなかった?!
ここ不思議だなぁ。。

そしてそして、大野くんのプール💛
久々に寒そうな大野くんを拝みました。
知念くんお薦めの可愛いお顔もね。✨



                         
                                  
        

100回目の夏が終わった。。

category -
2018/ 08/ 21
                 
金足農業、残念だったね。
でも、準優勝✨素晴らしいです。
全員が地元の中学出身の県立高校、
しかも、地域の生業を支える農業高校…
秋田県、東北はもちろん、
日本中が応援していたんじゃないかな。

ついこの間まで大阪桐蔭の春夏連覇を応援していた魔女も、
金足農業の快進撃に心躍っておりました。
2ランスクイズなんて初めて見たよ。

春夏連覇も尊いかもしれないけれど、
やっぱり、それよりも東北初の優勝旗を
金足農業の子たちに持たせてあげたかったって気持ちが強いです。

高校野球はやっぱりイイねぇ💛
今夏は「夏疾風」があったせいか、
例年以上に力入れて観てたかも。。笑
うちの息子たちも、誰か一人くらい野球やってくれてたらよかったのに…
などと今更なことをぼやきたくもなりました。。

チームスポーツは助け合いのスポーツ。
チームワークがいい、助け合う気持ちが揃っているチームが強いです。
息子たちがやっていたバスケでも、
パスをもらいに行く、リバウンドを取るっていう約束事はもちろん、
ボールを持っている味方をいつでも助けられるように、
見て、寄り添って、感じて動くことがとても大切なことです。
だからこそ、観ていて感動するし応援したくなる。

嵐さんたちもそうだね。
別に試合しているわけじゃないし、誰かと闘っているわけでもないけど、、
精神は同じ。
助け合っていて、補いあっていて、仲良くて…
だから温かいし、感動と幸せをもらえる。
だからこそ,
ずっとTOPを走っていられるんだよね。


甲子園100回目の夏が終わりました。
もうすぐ秋かな。。。






                         
                                  
        

大阪桐蔭と「夏疾風」

category -
2018/ 08/ 18
                 
肌寒いくらいの朝の空気の中、
久しぶりにゆっくりとワンコとの散歩ができた休日、
ちゃちゃっと掃除だけしてTVの前であります。。笑
「半分青い」が観たかっただけですが、
そのままついつい高校野球…観ちゃうよね。。

春夏連覇を狙う大阪桐蔭、
同じく春夏連覇を目標にしていた昨年は
3回戦で逆転サヨナラ負けしてしまったのですが、
今年は試合の度にその時の映像が流れます。
何度観ても泣けるのが逆転サヨナラ負けの直後のキャッチャーの姿。
張りつめた緊張の糸が切れて、一気にこみ上げてくる無念さと涙。
哀愁のオーラさえ感じられる彼の泣き顔に感情移入して
こちらも泣けてしょーがない。。

でも、、どこかで観た、デジャヴか?
と思っていたら、
いました。

「夏疾風」のプロモーション映像。
甲子園100年を振り返る映像の中に、
大野くんのソロの歌声に寄り添われて、
切なすぎる泣き顔した彼が立っていました。

今吹き抜ける 夏疾風
新たな息吹を告げる 風の音


膝から崩れ落ちるピッチャーの姿も胸に痛いね。

このPV、本当にいいですね。
映像も感動的で、楽曲とのマッチングが神すぎる。
CDの初回盤が、これのフルバージョンだったらよかったのに。💣


今日の大阪桐蔭は絶好調ですね。
攻撃の時に「夏疾風」のブラバン演奏があるのも素敵。
優勝して、一年越しの春夏連覇が叶うといいね。
昨年のあのバッテリーは今年はいないのかな。卒業したのかな。

それにしても、大阪桐蔭の監督のお腹が気になってしょーがない魔女でありました。
監督がそんなに動かずとも
選手たちだけでもいい練習ができてるからこその強さか?

高校野球も終盤。
みんな頑張れ



                         
                                  
        

「untitled」の中にちゃんと答えはあったね

category -
2018/ 08/ 15
                 
もやもやの中での「untitled」鑑賞。

マリオネットからつなぐ、抱擁の流れをひたすらリピートしてきた魔女でありましたが、
今回は「夜の影」から離れられなくなった。。。笑

大野くんらしいクールで美しくて軽やかなダンスだけれど、
いつになく前のめりで挑発的。
3人ってこともあるんだろうけれど、新鮮な魅力に惹きこまれて抜け出せない。。
あぁ、
まだまだ知らない大野くんの世界がある、
まだまだ秘められて放出されていない魅力が大野くんの中にある、、
それらを全部観たい、全部聴きたい、
本気で本気で思います。


久しぶりに「untitled」ツアーのBDを通して観て、
嵐さんたちが言ってたように、かなり挑戦したアルバムでありコンサートだっていうことが、
ようやく理解できたように感じます。
大人な雰囲気が溢れまくっていて、
どこを切り取ってもセクシーだし、
今回の生(っぽい)歌も挑戦のひとつなのか、
大野くんの息遣いに何度も昇天しかけては踏みとどまりました。。
ソロがないことについては未だにその意味を理解できていない魔女でありますが、
それでも、ちゃんとファンと向き合い、ファンの期待と願いに応えてくれている。


「まだ旅の途中」
「物語の途中」
「新しいページを開いていこう」
「どこまでもどこまでも 旅は続いていく」

嵐さんからのメッセージだよね。

これが答えだよね。


18081401.jpg


「限りない 時間の向こうへ 連れていくよ This song for you」

客席に伸ばした5人の手、、、
それは、ファンに差しのべられた手。
それにしがみついていいってことだよね。



真ん中の子の手にしがみつきますので、
どこまでも連れていってください!! 壊




                         
                                  
        

超初心者ファンの不安

category -
2018/ 08/ 12
                 
今週のVS嵐としやがれの大野くん、
少しふっくらと見えました。
髪型のせいかなぁ。
2015年の青キミの頃の大野くんのふっくらな様子と重なって、
なんだかちょっと不安な魔女であります。

1年前倒しのアニバーサリーツアー、
事務所の他のGの色々な動き、
それに感じる事務所の変化、
そしてそして、、
最近のあれやこれや。。

超初心者の魔女には、
もう何が何だか理解できないことだらけであります。

人生共に歩いていきましょう…って言葉、
5人ずっとファンと一緒にいるという誓い、
嘘であるわけないと信じています。

大野くんの歌とダンスは、
魔女にとってもはや生きる糧、
もっと重く言っちゃえば生きがいです。。
それがない人生は考えられない。。

そして、大野くんが歌って踊ってくれるのは、
「嵐」だからこそ…っていうのも今は解っています。
そしてそして、「嵐」は5人だってことも。

ニノちゃん、
結婚だけはしないでね。


そんなことをモヤモヤと考えている魔女のお盆休みでありますが、
昨日は庭木の伐採と盆踊りの手伝いでバタバタと終わり、
今日は朝からダラダラと高校野球TV観戦。

暑い中更に熱い試合が続いている甲子園、
試合と試合の間に「夏疾風」が流れていて、
それがささやかな幸せであります。

「熱闘甲子園」も毎日おまかせに録画されているので
しっかり観ていますが、
相葉ちゃんは毎日ではないのかな?
生番組のようなので大変だろうけれど、
相葉ちゃんの誠実で優しいコメントが
番組を生き生きとさせていますね。
そして、やっぱり毎回泣いちゃうよね。。笑

                         
                                  
        

フリーター家を買う

category -
2018/ 08/ 07
                 
ニノちゃんの主演ドラマ、再放送されていますね。
毎日おまかせ録画されてるのを何気なく観出したら、
まさかのドはまり状態。

最初は、ニノちゃんのグダグダぶりが
うちのおバカ息子と重なって、
竹中パパの一言一言に激しく頷きながらも、
なぜか泣けてきちゃったんだけれど、

3話4話はニノちゃんの優しさにホロリ。。(;o;)

お母さんの手にハンドクリーム塗ってあげる誠治くんに
涙が止まらないよ。。

うん、そうだね、うちの息子だって優しい、よね。。多分。。
ただ誠治みたいに、ストレートに優しくする明確なきっかけがないだけなんだよね。。
何年か前に肩に石灰が溜まって激痛の時は
着替え手伝ってくれたりしたもんね。
「お母さん何も悪いことしてないのに痛い思いしてカワイソウ」って言ってくれたもんね。
あぁ小さい頃は可愛かったなぁ。。・゜゜・(´O`)・゜゜・

ま、まだまだ我が子に頼るほど弱っちゃいないし、
どんなに老いて弱ってきたとしても、息子の重荷にはなりたくない。

な~んて、、マジで真剣に色々なこと考えちゃう。

もしかしたら、未だに子離れできていない魔女でありますが、
子どもは確実に大きくなって、
親の心配の外側を歩いて遠くへ行ってしまう。。そんな感じ。。

淋しいよ。。




                         
                                  
        

アニバーサリーイヤーのアルバム

category -
2018/ 08/ 03
                 
ちょっと不安なこと。。

「嵐コンサート会議中!?」なる企画に
ドキドキいそいそ参加してはみたけれども…
ファンが選んだ曲がコンサートに反映される?みたいなフリに
ワクワクしたりしてみたけれど…

よぉく考えてみたら、これ、
喜んでいいことなのかしらん。。
今回のツアーを、「5×20」のアニバーサリーツアーと称して
やるとするならば、
いつものアルバムツアーのようなのとは違うんだよね?
ってことは…新しいアルバムは出ないってことなのかな。
ってことは、、今年も大野くんの新しいソロ曲の披露はないってこと??・゜゜・(´O`)・゜゜・

2001年から毎年出ていたアルバム、
2009年の10周年の時だけは新しいアルバム出てなくて、
ベストアルバムだったんだよね。
でも、、今年は2018年だから、
今年はいつも通りのアルバムツアーで、
年開けてからアニバーサリーモードに入るのだとばかり思っていました。。
それなのに、、それなのに?

ううん、超初心者の魔女にとっては、
この20年の嵐さんのどの歌だって、初めましてみたいなもんだし、
コンサートに行けて、生で歌って踊っているのを見ることができるなら、
新しいアルバムの曲じゃなかろうと全然かまわない。。

ただ、ただ、
大野くんの新しいソロ曲が聴けないってことが残念すぎる…

本当にそうなっちゃうのかなぁ。。

はぁ、、、

100歩譲って、新しいアルバムが出ないのは諦めるとして、、
ツアーでは、アラフェスの時のように、ちゃんとソロ曲を披露してほしい。
そして、必ず参戦できるようにしてほしい!!
必ず…


Mステの生嵐さん、素敵でしたね。
夏疾風は生歌じゃなかったようですが、
フルだったので嬉しかったです。

大野くんは、、コンサートの準備で忙しくしているのかなぁ。
それとも、日本一周のほうが忙しいのか。。
それとも、それとも、
まさかまさかの何かが水面下で進んでいるのか?

諦めているようなふりしているけれど、
どこかで、こっそりと期待している自分がいます。。
いけないいけない、、
そんなこと考えちゃうと逆になっちゃう。

できる限り、無でいられるよう、、
頑張ります。。