FC2ブログ

2020年03月

        

花は咲いた 夜明け前 空は急いだ

category -
2020/ 03/ 28
                 
満開の桜が街中を薄ピンク色の優しさに染めている週末、
外出自粛で人通りも少ない中、
通常勤務の魔女でありました。(;o;)
在宅だのテレワークだの、
中小企業には夢の又夢。自己防衛しかないってのが実情であります。

コロナでのイベント中止が相次ぐに伴い、
配信で歌などを届けてくれるアーティストが大勢いる中、
我らが嵐さんは頑なに歌ってはくれませんが、
ようやく、歌番組登場💛ですね。

いつぶりでしょうか?

「CDTVライブ!ライブ!」はTBSで始まる新しい音楽番組。
ライブ!ライブ!と生に拘っている以上、
嵐も完全生で歌ってくれると信じています。
生出演ってだけじゃないよね?!
TV初披露の楽曲ってなんだろう?
「Turning up」は何度かTVでやってるし、
まさか「5×20」じゃないよね。。
RebornはさすがにTVで披露されたりしたら…嵐の神経疑うよ。
ま、心配するまでもなく生じゃ無理だろうしね。。💣

でも、何だろう、
久しぶりに歌ってくれることには嬉しいに決まっているんだけれど、
なんとなく心晴れないままであります。
ルンルンうきうき待つ感じじゃない。
<新曲>じゃないのが残念すぎるってのもあるんだけれど、
最近の嵐に100%の信頼がなくなっているからかな。

先日のアルバム世界一の件もそうなんだけれど、
嵐の終わりがすぐそこに見えている今、現在、
ファンのことを本当に考えているのだろうか?
彼らには私たちが見えているのだろうか?

インスタのコメ欄が大荒れしていたけれど、
受賞の写真の立ち位置云々は正直どうでもいい。
かえって大野くんが真ん中じゃなくてよかった。
目の前のファンを通り越して、世界に目を向けて手にしたTOPの称号、
大野くんが真ん中で満面の笑みで盾持ってたりしたらよけいショックだったよ。
端っこにいてくれてよかった。。
ただ、
大野くんのことを大切に思ってくれているファンの子がたくさんいることは嬉しかったし、
あそこに声を挙げずにいられなかった想いは痛いほど解って、、
切なかったです。

コロナはアラフェスさえも呑み込んでしまいそうな勢いですが、
嵐さんはどうするんだろう。
落選したことを考えれば、配信でも全然構わないとも思うけれど、
最後に打ち上げ花火をドカン!って上げるような華やかさもなく終わらせるのは忍びない気もします。

とりあえずコロナが早く収束して、
嵐の最後の活動が全て順調に進みますように!!
もちろん、大野くんのソロアルバム含めて。。


17070131.jpg












                         
                                  
        

「Global Album of 2019」受賞

category -
2020/ 03/ 21
                 
「Global Album of 2019」受賞。
日本のアーティストとして初の快挙。

なるほど、
謎は全て解けました。


相葉ちゃんの「トップになろうね!」が、
いつの間にかファンへのパブリックコメントになり、
24時間TVの時には
相葉ちゃんの言うトップが何を指しているのか解らないと言ってた潤くんが
ツアーの後半には「本気で(トップを)目指す」と言うようになってきた。

それが、
これだったんだね。

<5×20 All the Best !! 1999-2019>は、日本国内ではダブルミリオン。
今回330万枚で世界一ってことなので、
単純に海外で100万枚以上売れているってことになる。
今まで発売したアルバムが海外でどれ位売れていたのかは知らないけれど、
今回はYouTubeでチャンネル開設したり、SNS解禁、楽曲のデジタル配信、
そしてラストスパートはJET STORM。

そういうのが全てアルバム売るためだったとは思いたくはないけれど、
最後の最後になっていきなり
トップだのまだ見ぬ世界だの言いだしてきて、
YouTubeで「Truth」 「Monster」のMV配信はいかにもな感じだったし、
ハードスケジュールの中での4都市訪問も、
そう考えると合点がいく。

秋くらいには世界一が見えてきたんだろうね。
潤くんは知ってたね。
だからいきなり相葉ちゃんの「トップになろう」に乗っかってきた。

急に世界に発信し始めたARASHIさんに
ファンはずっと違和感感じてたはず。
もう時間がない、世界よりファンのことを見てほしい、考えてほしい。
そういう声がたくさん飛び交っていた。
それでも、この賞を取りたかったのだろうか。
そんなにも世界一の称号がほしかったのだろうか。

アルバム売上世界一、
もちろん嵐全員が知っていたんだろうね。

これも「嵐」を最高の形で終わらせるためのものなのだろうか。
これもファンへの感謝の気持ちなのだろうか。
ファンが大喜びしてくれると思ったのだろうか。



こんな快挙なのに…
気持ちよくおめでとう!って言ってあげられない自分が哀しすぎる。。


相葉ちゃん、
トップになる夢、やっと叶えたね。
これでもう大野くんを解放してあげられるね。

次はファンの子が本当に求めることをお願いします。
大野くんの歌が聴きたいです。
大野くんの歌が欲しいです。



                         
                                  
        

Dear Snow

category -
2020/ 03/ 14
                 
寒い寒い雪が降った本日、
東京では桜の開花宣言がありました。
3月半ば…
雪が遅いのか、桜が早いのか、、

多分その両方だろうけれど、
桜の方も咲いたことを後悔しただろうと思うほどの寒さであります。


「Dear Snow」は嵐には珍しく
救いの見えない悲しみに満ちたバラード。
雪道を散歩しながら🐶ずっと聴いていて
心まで凍えた魔女でありました。
でも、大好きな歌。

 白く 燃える恋は
 迷い込んだ風


大野くんの圧巻のソロパートに震えます。

そして、
大野くんとニノちゃんの

 春を迎えるように
 抱きしめ合いながら 溶けてゆけるなら
 何もいらないのに


が、心に沁みます。


あぁ、、ニノちゃん結婚しちゃったんだね。。(今更…)
いや、嵐も30代後半、
もうステージでチューすることなんか絶対ないだろうし、
わちゃわちゃへの期待に応えるのも無理があるかもしれない。。

ただ、嵐になったばかりの大野くんにとって、
ニノちゃんの存在はやっぱり救いだったろうし、
大野くんに向けるニノちゃんの眼差しには
昔も今も切ないくらいの「愛」が見えるんだけれど…
例えそれが妄想とか呼ばれるものだとしても
大宮のチプデ感溢れる可愛らしさは健在だし、
それに萌えるファンも多い。
もちろん大人になったからといって
本人たちが無理に変わらなければならないってことはない。

でもニノちゃん結婚しちゃったんだもんね。。

いやいや大野くんとは結婚できないもんね…なんて
お気楽にヲタク発言していられれば幸せなんだろうけど…

夢の世界では何も変わっていないのかもしれない。
それでも観る方は確実に変わっていく。
そんな中で嵐としての魅力を同じように保っていくのならば、
パフォーマンスの力しかないよね。
いや、
いいんだ、嵐はもう休止するんだった。

大野くんが嵐としての活動を終えたいと言ったのも、
そういうことなんじゃないかな。



寒いね。

淋しいよ。












                         
                                  
        

弥生三月虚ろ空

category -
2020/ 03/ 07
                 
理不尽な思いに日々心を消耗しながら
家と会社を往復するだけの毎日でありますが、
先週は本当に精神が擦り切れるほどで、
未だに気持ちが晴れない。。
前にここで吐き出したことがありましたが、
その後も改善されるどころか、ますます酷い状況に…
ただ、その社員との関係だけなら、
<相手にしない>ということでやり過ごすことができるのですが、
公然と行われるその理不尽なことを
会社として放置していることで不信感まみれになっています。

こんな時は大野くんの歌を浴びるほど聴きたいね。
あの澄みきった真っすぐな歌声で
自分の心の中で揺れ動く邪悪なものを洗い流してもらいたい。



先日ついに、
<配信曲をダウンロードする>ということを初体験した魔女であります。笑
デジタル配信にもRebornにも不満まみれの身としては、
そこには絶対にお金使わないぞみたいな意地があったのですが、
そんなにも弱ってるんだよね、自分。

One Loveもアディも大野くんがすごくよかったのもあるし、
大野くんの新しい歌声をずっと聴いていたい。。

息子とそんな話をしてたら、あっという間にiPodの中に入れてくれました。
お得ということでReborn vol.1。
だからA-RA-SHIも入っています。笑
新曲を待ち望む気持ちは変わらないけれど、
とりあえずはこれで繋ぎます。

先週は嵐ゴトも色々でしたね。

ネトフリのドキュメンタリーでは、
帰りたくても言い出せない4人が可愛かったし、
いきなりの大野くんのダンス映像に魂持っていかれました。
生み出す苦悩と汗にまみれた姿、
普段なら絶対に観られたくないはずの姿を
こんなにも長くカメラに収めることを許したのは、
やっぱり最後だからだろうか。
練習の時でもしなやかで美しい動き。
身体の内側から湧きだすリズムを放出しようともがく様子に圧倒されます。
秒速で床を弾く足さばきと衣擦れの音が
強い意志とキレを感じさせます。


#2#3#4とコンサートのメイキングみたいな感じで進んでいるけれど、
<本題>はこれからなのかな?
コンサートビデオのいつもの特典映像みたいなものではないと
信じてはいるけれど、
そろそろ核心に迫ってくれなきゃ宣伝倒れでしかない。

インスタライブはタコスパーティー?
日曜日の寝る前にダーッと1回観ただけでしたが、
楽しそうでよかった。
大野くんのカツラのくだりに笑わせてもらいました。
そういうとこ、ホント笑いのセンスあるよね。

ニノちゃん元気なかったように感じたけど、、
怖かったのかな。
生だもんね。生コメントに警戒しちゃったのかも。。

潤くんも翔くんもネットでの感想みたいなのチェックしてるんだね。
潤くんが言ってたのと多分同じ記事読んだ。
ってことは、逆の意見の記事だって目にしているはず。
インスタのRebornより新曲を!ってコメントの行列も見てるよね。
それについて何の反応も見せてくれていないのは残念です。

インスタのペア決めしていたけれど、
大野くんと相葉ちゃん、可愛い予感しかしないです。
でも、カレーはもういいかな。
なにか別のことを見せてほしい。

そしてそして、今朝気付いたインスタのダンス💖
なぜか3人だけど、
大野くんの振り付け可愛いねぇ。
翔くんずっと笑ってるし。

現場って何の現場なんだろ。
あのカラフルな壁の場所は、ステージじゃなくて車道横の歩道みたいだったし、
日本じゃないのかも。


大野くん忙しいのかな。
あと10ヶ月、
嵐を全うすることで疲弊していませんか?

大野くんだけしかできないこと、
ファンの子が本当に求めていることに、
充分な時間を充てられますように…
                         
                                  
        

Yes I do…

category -
2020/ 03/ 01
                 
第2弾、3弾のReborn楽曲が配信されて、
EPアルバムだなんて、恐れていたことも現実になってきていますが、
そんなモヤモヤも吹っ飛んだ大野くんの歌声…

One Loveはフェイクも圧巻ですが、
最初のYes I doの吐息まじりの語尾で心臓を撃ち抜かれ、
次のYes I doでトドメを刺されます。

アディは、潤くんに(英語が)大変だったようだと笑われていたけれど、
まさか完成したのを聴いてない時じゃないよね。
冗談でもあんなコメントされるレベルのクオリティではないよ。

大野くん…
なんて透明で真っすぐな歌声なんだろう。
この歌声を聴けなくなる時がくる…
そう思うだけで泣きそうになる。




いけないいけない、、
気を取り直して続けますが…

大野くんの声は英語の歌詞のほうが合ってるようにも感じます。
クリアな音が多いし、リズムもいい、
大野くんの発音の技術や語尾の抜く感じも生きる。
a dayは全部大野くんの歌で聴きたかったな。
そうすれば本当の意味で<a Day in Our Life>は生まれ変わることができたのに。。

今回のはA-RA-SHIよりも加工がきつくない分
大野くんの綺麗な声がよく響いていてよかったけれど、
本当に、歌もフェイクも最高で圧倒的な存在感で、
ただただもったいない。。。
この歌声を
こうやって使い回すだけで終わらせるなんてこと
残念すぎて我慢ならない。

Reborn vol.1っていうから、続けるつもりなんだろうけれど、
新曲を!っていう声に嵐はどう応えるんだろう。
まさか、
ファンのために、ファンが喜んでくれることを、、って言いながら
そういう声をスルーしたりはしないよね。

Rebornなんて嵐さん、余生みたいだというツイを見て笑ってしまいました。
老い先短い老人が昔の栄光掘り返してちょっとアレンジして遊んでる…みたいな?
まだまだ店じまいじゃない、これから新しい景色、観たことない世界を見せてくれるって言ってたよね。
別にそんな言葉に期待してはいなかったけれど、
ただただ大野くんの歌声が聴きたいです。


何度も繰り返されるYes I do…
ファンとの誓いを意図しているのものだろうか。
それが大野くんの足かせになるものだとしたら…
No thank youだよね。

ソロアルバムだけ出してもらえれば、
あとは何の約束もいらない!!・゜゜・(´O`)・゜゜・