FC2ブログ

2020年06月

        

smile

category -
2020/ 06/ 23
                 
泣いてたことなんか
忘れるくらいの
SMILE SMILE



ここだけをひたすらリピートして丸一日。。
スマイル スマイル と歌われているのに
ずっと泣きそう。。


Twenty★Twentyとしての『smile』リリース、
総勢76人(15G)で歌うってことだし、
はなからなんの期待も興味もなくて、
CD買うなんてことも全く考えてもなかったのですが、
昨日の配信でうっかりフル聴いて
まさかの精神崩壊状態。。

いや、

嵐パートが大野くんだったから。
大野くんの歌声だったから。。
大野くん、力強く歌ってくれてありがとう。
優しいね。穏やかだね.。
なのに心に強く響く。
そこだけで胸が締め付けられて鼻の奥がツンとする。
大野くんの新しい歌声に泣けて、泣けて、
最後の方のフェイクで溺れます。


歌そのものも、しっとりと優しくて、とてもいい歌だし、
きっとどのグループのファンも
自分の応援するG、好きなメンバーに歌ってほしいって思っているんだろうね。
だけど、、
大野くんの場合はさらに別次元なんだよね。
レベルが違う。
大野智がジャニーズの代表で歌ったとしても、
誰からも文句言われない。そういう自信があります。
そういう次元なんだよ。


今回は、チャリティってこともあるし、
ジャニーズの大勢のアーティストが歌声を合わせて
ひとつの楽曲を作り上げているっていうことに意味があるんだろうから、
そこに不平不満を言うつもりはないんだけれど、
もしも、
大野くんが全部歌ったら…
って、
どうしても考えちゃう。想像しちゃう。
あぁ、想像しただけで萌え死にそう。
で、すぐに哀しくなる。。笑  (情緒不安定)



「心を込めておにぎりを握るように」と櫻井さんがコメントしていたけれど、
それこそ大野くんの歌声にはやさしく包まれる感覚がします。

たったワンフレーズでこんなにも泣ける…
よっぽど弱ってるんだな、、自分。。


                         
                                  
        

Happy LIVEでわかったこと

category -
2020/ 06/ 17
                 
びっくりして、一瞬固まって、
そして悲しいを通り過ぎて
憤りだけが残った。。

1グループにあてがわれた
たった30分の貴重な時間に、
なぜ、どうして、なにゆえに
ハピネス体操を入れ込むことにしたのか??

ちょっと考えればわかるはず、
いや、考えなくても当たり前に備わってるはずの思考だよ。
ハピネス体操の時間があれば
もう1曲歌える。
もう1曲ファンに歌を聴かせてあげられる。

5人のうちの誰か一人でもそう思った人はいなかったのか?
そんなのワクワク学校でたっぷりやったじゃない、
ライブでは歌をうたおうよ…
って
当たり前すぎる意見を述べたメンバーはいなかったのかい?

歌って踊るのが久しぶりだって、また言ってたよね。
我々紙芝居しかやってない、、って言ってたよね。
やっぱり本業だね、とも言ってた。

でも、
そういう会話が既にネタみたいになっている。
別に反省しているわけでもなければ、
ファンに後ろめたく感じているんでもない。

本業だなんて言ってはいるけれど、
本気でそう思っているかさえ怪しい。

歌って踊ることを、
ファンがどんなに望んでいるかなんてこと
さほど重く考えたりはしていないんだろうね。
いや、、
もしかして、こんなふうに
歌ってほしい!!って願っているようなファンは
ごくごく一部だと思っているのかもしれない。
いや、いや、
実際、本当にごく一部なのかもしれない。

そうだよね、
あの紙芝居も、今回のライブも
普通に喜んで感謝しているファンも多いもんね。

だけど…

歌以外のものであれば、
来年からでもできる。
ハピネス体操だって、ラブソー体操だって思う存分やればいい。
でも、
歌うことは、
「嵐の歌」は、
大野くんがいる今しかできないことだよね。。





大野くんが最近口癖みたいに「たしかに」って言っているのも気になる。
色々なものを飲み込んで我慢しているんじゃないか…って
心配になる。






                         
                                  
        

世界中に嵐を巻き起こす…

category -
2020/ 06/ 13
                 
デビューの時にジャニーさんからもらったこのコメントに
とらわれているわけではないだろう。

嵐の残り火を
世界の風で再び燃え上がらせようというつもりなのか。
期限があるから怖くない?
失うものはないからね。
ただ、最後の最後まで5人を見守り応援するつもりで、
そのパフォーマンスを愛してやまない日本のファンが
ほんのちょっと淋しい思いをするだけ?

何の自信があって世界に目を向けているんだろう。
楽曲か?歌唱力か?ダンスか?
それとも…

これは嵐の総意なのだろうか?
多数決か?




「世界に向けて配信していく中では、
先頭切ってやってく松潤の思いとかもあるから、
楽しむのはもちろんだけれど
ついていきたいなと思うから…」


Voyage#9 の最後の大野くんの言葉。


次回の予告なのかな。。



                         
                                  
        

愚痴って自己嫌悪な土曜日

category -
2020/ 06/ 06
                 
期待するからダメなんだ。
勝手に期待して裏切られた気持ちになっているだけ。
期待する自分がバカなだけ。

日本のアイドルとしての嵐は、
今年末を待たずして終わっているんだよ。

もう嵐は日本のファンに向けては歌わないんだね。
こんなにも切実なほどに求められているにもかかわらず、
そんな声聞こえてないとでもいうように
頑なに本業で私たちを癒してくれようとはしない。
それは嵐5人の総意なのだろうか。
だれか1人だけでも歌おうよと言った人はいなかったのか。

新曲のお知らせにも、
全くときめかなかったといえば嘘になるけれど、
デジタルということに「Turning up」と同じ匂いを感じたし、
米の情勢に伴ってのまさかの配信延期。
一瞬にして冷めたね。。

『We Are ONE』にはハナから期待はしていなかったけれど、
それでもやっぱり観ちゃったし、
想像以上にがっかりしてしまった。
360度カメラのSugarと、筋肉可視化のHope in the darkness、
そしてまたまたアラフェスのラブソーの花火。
ステージ演出を誇示するためのイベントだとは知らなかったけれど、
日本のトップクラスの舞台演出として世界に発信するのに、
あの3曲が相応しかったのか疑問でしかない。
筋肉可視化のあの曲を<デジタル初>とかもったいぶった紹介の仕方していて、
なんだか少し恥ずかしかった…💣

いいよ、ステージ演出発表会でもいい。
それならそれでもいいけれど、
ジャポの「心の空」とかのほうが適当だったんじゃないかしら?
日本のアーティストとして、
絢爛豪華な和の演出だし、なによりパフォーマンスが魅せるに値する。
untitledの大野くんの操り人形から「つなぐ」までのパフォーマンスでもよかったね。
衣装含め、歌い手自らが操る演出も素晴らしかったし、
日本のアイドルグループのリーダーの多才さを世界に知らしめることができたのに。
あ、そういうのはダメなのか。。


次はHappy Live?
視聴券買わなきゃならないんだね。
チャリティみたいだけれど、配信で2500円って決して安くはない。
単独じゃないしね、
その金額に見合うパフォーマンスを見せてくれるのか…

あぁ、だめだ、
期待してはダメ。
期待なんかするもんか。