俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
04 < 2017/05 > 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

世界愛 石丸P講演会

2005-10-27 (Thu) 21:20[ 編集 ]
かすかに気配はすれども、姿は見えず。。
なんだか、生殺しにされてるようで、めちゃくちゃ息苦しい砂漠です。。
でも、
そんな中、ともさんから、
26日に韮山で行われた石丸P講演会の御報告をいただきました!
渇ききった世界に、しっとりと潤いを帯びた風が吹き渡るような、
素敵な報告です。。


今日は伊豆フィルムコミッション(伊豆FC)主催で、
1部は石丸Pの演説。2部はFCの人を交えての討論会みたいな感じで2時間30分行われました。

セカチューの最終回の日はセカチューの打ち上げの日で
みんなでドラマを観て何も言わずに握手をしあったらしいです。
『綾瀬も泣いてたし、山田も泣いてました』って言ってましたよ。
男の仕事で泣ける仕事はドラマの制作の仕事だけだって先輩に言われたそうなのですが、本当にそうだと思ったと言ってました。(山田君の話題が出たのはここだけでした。)

その後質問コーナーが有って、たぶん何処かのブログに集まっている方々だと思うのですが、
『山田孝之さんってどんな人ですか?』って質問してました。
(石丸Pが『この人どんな人?って聞かれたら教えますよ』って言ってたので、『じゃないと私からはこの人はこういう人なんですよ・・・って言いませんから聞いて下さい』って言ってたので。良い質問です^0^)

そしたら『陰気な人です』って答えてました。
って言うか『山田君は本当に人見知りをするんです。
僕はプロデューサーなのに僕でさえしゃべって貰えなかった。今は仲良しですけどね。
衣装合わせの時に僕と堤(監督)さんとで山田君をしゃべらせようとして、
1987年って言えば体育着の下はブルマじゃないですか!だから、山田君ブルマだよって言ったらもっとニヤってするのかなって思ったら『そうですか』って言われただけでした。
とか言ってました。

それから『役者バカですね』とも。
6話の亜紀のパパとママに『亜紀は元気ですか?』って尋ねるシーン。
自然と涙が出てきた・・・って雑誌とかメイキング本にも書いて有りましたが、
あのシーン3回撮ったら3回とも泣いてしまったそうです。
でも演出上どうしてもこのシーンでは泣いて欲しく無かったので『泣きそうになっても止めて下さい。』ってお願いしたらしいんですよ。
石丸P曰く『無理な話なんですけどね』。
そしたら『(亜紀)のお父さんとお母さんの顔を見るだけで僕は亜紀を思い出すんです。
どうして泣いてはいけないのですか?』
って言われて。
石丸Pは『じゃ、おまえにまかせる』って言ったそうです。

セカチューで失神してしまったと言うエピソードについては、
台本には『慟哭』と書いたそうです。
『これは山田君への一種の挑戦状だったんですけどね。そしたらカレ芝居に入り過ぎて失神しちゃったんですよ』って言ってました。
こういうエピソードが『役者バカ』って言葉を頂く理由なのかもしれませんよね

それから石丸Pは出演している女優さんや俳優さんに『おまえの演技は気持ちが無い』とか結構ハッキリ口出しするらしいんですよ。
言える人には言う、みたいな。ではるかちゃんも天使にも言ったらしいです。
そしたらはるかちゃんは『そうですか~(語尾上がります)』って感じらしいですけど、
天使は『何がですか?』って突っかかってくるって言ってました。
たぶん結構はるかちゃんの事はお気に入りですね。




石丸Pのご両親もいらしていたという講演会。
石丸Pの生い立ちから始まって、
「世界愛」への想いや、故郷である伊豆のことなど、
盛り沢山の講演会だったようですが、
山田君話題のトコだけ、抜粋してご紹介させていただきました。。
ごめんねともさん☆
お仕事帰りに参加したともさんは、食事を取る時間もなかったとか。。
お疲れ様☆ありがとう!
特典ディスクでも見れなかった、山田君の姿が語られて、、胸がいっぱいになりました。。
そして、石丸P様、
魔女も直接会って言いたかったです。。
1年経っても色褪せることなく、多くの人を惹きつけて止まない「世界愛」…こんなにも≪すごい≫ドラマを、ありがとうございます。
山田君の「役者バカ」な姿、伝えてくれて感謝です。
1月期のドラマをやる、と講演会でお話されたという石丸P…
素敵なドラマにしてくださいね。。

コメント

ともさん、ありがとうございます。
「役者バカ」ですか。
なんだか嬉しい言葉です。
DJは自分らしくあるための宿木
役者ありきの天使、、、だと
そう思いたいこの頃です

ともさん、魔女さん、
貴重なレポをありがとうございました。

まさに身も心も朔だったんだね、山田くんは。
それなのに、挑戦状なんて・・・
ちょっとかわいそうじゃないの、石丸Pさん!
でも、そういうムチがあるから、成長もあるんでしょうね。
役者って、本当に過酷な仕事ですね。
いつも「自分に出来るか」「いっぱい、いっぱい」で、
役柄と向き合っている山田くんが、愛しいです。
今夜はいつになく山田くんの姿がか細く見えるようで、
守ってあげたい!気分よ。
あんまり仕事しろって、言わないようします(泣)






魔女さま、今晩は。
ともさんの素敵なレポありがとうございました。
山田くん、失神するまで・・。凄すぎます。
小さな体でいつも頑張りすぎ・・。好きな音楽楽しんでね。

駅においてある、無料の小冊子R25のP8に、TEPCOの山田くん載ってます。夏に電車に貼ってあったシールと同じだけれど、持っているノートの絵がお肉三枚です。久しぶりにステーキ食べたくなりました。

魔女様・とも様。レポupありがとうございます。
なんだか・・・もう・・・胸がいっぱいで、涙が出ました。
なんて人なんでしょY田君は、ほんとに。。。
そして、近頃話題になってる彼の行動に、ちょっとハラハラしたりしてます。

魔女さん、初めまして。
ともさん、魔女さん、貴重なレポを有難うございました。
「亜紀のお父さんとお母さんの顔を見るだけで僕は亜紀を思い出すんです。どうして泣いてはいけないのですか?」
‥この山田君の言葉に胸がいっぱいになりました。
セカチューの時の山田君の顔は山田君であって、山田君ではありませんでした。回を追うごとに人相まで痛々しい程変わってしまって観ていて辛かったものです。
朔ちゃんが山田君の中に降りて来たんですね‥。だからこそ自然に出る言葉だと思います。
朔ちゃんに限らず、毎回役が降りて来ちゃってますね、あの子の中に。
オフの時は魔女さんの言われる通り、自分を解放させないと、身体も心も、もたないかも。

でも、砂漠は堪えます‥(涙)



魔女さん、
みなさん、
今、<a href="http://www.yomiuri.co.jp/hochi/info/syakoku/eiga.htm">報知映画賞</a>の、ファン投票を行っています。
11月8日必着であまり日数がありません。
みんなで電車男を応援しましょう!

ごめんなさい、これで飛べるかしら?
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/info/syakoku/eiga.htm

魔女さま
初めまして。不二子と申します。
以前より読ませて頂いていたのですが、いつも山田君に対しての深い愛、心のこもったコメントなど、素晴らしいなぁと思って拝見させて頂いておりました。

石丸Pさまの講演についてレポートを頂き、山田君についても興味深い内容、ありがとうございました。
物凄い納得したのは6話の例のシーンですね。
あれ、予告編(泣いてた?)と本編が違うってみんな言ってて、予告が好きって方が多かったですよね。「涙出すな」とか言われてたんだ・・・・・。
無理!泣いちゃいますよね~。山田君が正しい!!・・・っていうか、そういう気持ちになるのは当たり前。
山田君が「役者バカ」でいてくれて、うれしいです。

魔女さまにご報告下さった、ともさまにも感謝です。
ありがとうございました。

いつも読ませて頂いているだけで心苦しく、是非一度お礼を言わせて頂きたいなぁと思っていて、今日それが叶ってうれしいです。
遅くなりましたが、ブログのお引越しおめでとうございます。そして、お疲れさまでした。グレードアップした癒しの空間、とても素敵です。
寒くなりますが、どうぞお身体大切になさって下さい。失礼致します♪

やっぱりいいよね♪

魔女さん、こんにちは☆

レポ、凄くよかったです~♪ゆうりんは、オレゴン州に在住しているから電車男も見てないから・・最後に山田くんを感じたのはH2なんです。だから・・・もう随分長いあいだ山田くんの新しい演技などを見ていません(涙)世界~は、これで山田FANになったので本当に素敵な作品で、時よりDVDを取り出して眺めていました。こんな素敵な作品にまた山田くんが出演して素敵なドラマを米国でも感じてみたいです☆

さてさて・・・米国では今度の月曜日がハロウィーン!!ということで盛り上がっています。その様子などゆうりんのBlogでも取り上げているので魔女さんに暇な時間があったときにでも遊びにきてくださいませ~♪

魔女さま、皆様おはようございます
ともさんはじめまして
26日の公演があることは聞いてましたが、実際お話が聞けて嬉しいです。ありがとうございました。
そして、魔女さまupしていただきありがとうございます。
昨日本屋見つけた内容で、ある記者がこんなこと書いていました。

『運命の作品に出逢えるかどうかは時の運とも言えるが、出逢った作品を運命の1作に変えられるかどうかは、俳優たちの腕力量次第だ』

スタッフがやる、俺たちがやる、お前ら俺らはここまでやるから、ついてこいみたいな熱いコメント山田君が鳥肌たてながらお話していたのをきいて、お互いの気持ちが一つになった運命の1作になったんでしょうね。
これから先、役者山田孝之さんが1つまた1つそんな作品と出会えますよう応援したいと思います。

ともさん、行った人でしか知りえないレポを
ありがとうございました。
魔女さん、紹介してくださって感謝しています。

山田くんの役者魂を垣間見た気がします。
自分(が演じている役に対して)はこう思う、という
確立した思いがあるからこその
「どうして泣いてはいけないのですか?」発言が出る
「何がですか?」と突っかかってくる。

どうやら私が思っていた以上に
彼は役者だったようです。
すごい人を応援していたんですね、私たち。

魔女さん、おはようございます。
ともさん、はじめまして!レポありがとうございました!

山田君は役の人物像をちゃんと自分で完成させて、その役の人になっているんだとわかりました。6話の亜紀ママとのシーンのエピソード読んでるだけで泣いてしまいました。まさに「朔」だったんですね。後半はとてもつらかったんだろうなあ。でもだからこそ、クランクアップの時の「なんか、うれしいです!」の言葉が出たんだと思いました。あの達成感にあふれる充実した笑顔、すごく素敵でした。

役者バカな山田君とそんな彼を応援する人がいっぱいいて、なんだか朝から幸せな気分です。(なんかうまく言えないけど)

魔女さん、ともさん、レポありがとうございました!

「失神してしまった…」というエピソード、初めて聞いたとき
「えっ!?」って絶句してしまいました。
泣きすぎて失神するなんて、そんなことあり得るの??
6話のシーンも、それほどまでに亜紀のことを思っていたんだなぁ…と
そこまでのめり込むほどに、山田くんはまぎれもなく朔自身を生きていたんでしょうね。

改めて本当に、なんてすごい人に私は出会ってしまったんだろうと感じます。
山田くんのこと、知れば知るほど、どんどん深みにはまっていって…

まわりに山田くんFANはいないけど、「世界愛」FANの友達は結構います。でもちょっと熱く語りはじめるとやっぱり引かれていくのがわかるので、ここにくると皆さんのコメントが同じ!わかる!ってすごく思えてほっとします。

魔女さま、おひさしぶりです。
遅ればせながら、お引越しおめでとうございます。
「どうして泣いてはいけないのですか」のくだり、ほんとにすごい役者さんだなあと改めて感じます。泣きのシーンで泣けなかったらどうしようなんて言ってる人も多いでしょうに、演じるということへの意気込み、次元が違うのを痛感しました。
次回作のオンエアまで一月あまり、また新しい彼に会えるのが楽しみですね。

魔女さんお久しぶりです!とは言っても毎回お邪魔しておりました!
遅ればせながらお引越しお疲れ様でした☆このコメント欄にも(!)お顔があって・・・♪素敵ですね!

レポ読ませていただきました。ありがとうございます。なんだろう、山田君らしいというか・・・その実直で、演技を譲らないところに改めて尊敬しちゃいますね。
そして1月のキャスト。とっても気になりますね。

石丸P講演会のレポ!!

魔女さん、こんばんは!
ともさんのレポありがとうございました!
ものすごく興味深く拝見しました!

山田くんを『役者バカ』だという石丸Pのエピソードを読んで、やっぱり山田くんは役柄に相当深く入り込んで演技しているんだな~って感動しました。撮影中に気絶したというのを初めて知った時もかなりの衝撃だったけど…。演技に関してもここだけは譲れないというものが彼の中にしかっりと確立されてるんでしょうね~。
ほんとに朔ちゃんそのものになってたんですね…。考えただけでも、どれだけヘビーだったかうかがえてため息もんです。ほんとにすごい…の一言。

『芝居に気持ちがない』といわれて、『何がですか?』って突っかかってくるていうのは、山田くんとしては、自分はそんな風に言われるような、気の抜けた演技をしていることは1秒もない!っていう自負がきっと強くあるんじゃないかな~と思います。

こういうエピソード聞くたびに、益々、山田くんの演技をみることが楽しみになってきますね~
でも、だからこそオフの時は心身ともにリフレッシュしてほしいな~と思います。今はゆ~っくり休んでね!

1月のドラマの噂、ほんとだったとしたら、またかなり難しい役柄ですよね。でもきっと見事に演じきってくれるだろうけど。
楽しみに朗報を待ちたいと思います!!

魔女さん、お久しぶりでございます。
ともさんの貴重なレポありがとうございました。
山田くんのお芝居に対する姿勢が垣間見れましたね。
わたしたちを引き付ける何かが少しわかった気がします。
もっともっと引き付けてほしい♪だからお姿を~!

HNを“ドーラ”から“エミ”に変えました。
これからもよろしくお願いします。

◆みどりさん
役者山田孝之であるために、その他の天使の時間がある。。。
魔女は今でもそう思っています。

◆茶々さん
こんな芝居の仕方してたら、そのうち精神的におかしくなっちゃうよ。。
だからこそ、彼は彼なりにバランスとってるんだろうね。
>守ってあげたい
うん、魔女もです。。

◆えりママさん
>好きな音楽楽しんでね。
でも、ちゃんと魔女のトコに帰ってきてね…爆

R25、教えてくれてありがとう~☆
たまたま都会にいったのでもらってまいりました♪
おとりよせ…したいね。。。(←?!※◇◎×)

◆もおさん
>なんて人なんでしょ
魔女もこんな人、初めて知りました。。
だからこそ、こんなに惹かれて、こんなにも大切に思っています。。
もおさんがハラハラする気持ち、解るよ~
つかみどころのない天使、
どこまで遠くへ飛んでいくんだろう…

◆kaorinnさん
はじめまして♪
kaorinnさんは、上海のかおりんさんとは別人なのね??
>毎回役が降りて来ちゃってますね
そのとおりだね。。
あの子の場合は、それがあまりに深い…
それから抜け出すために必要なエネルギーは、想像できないほど大きいのかも。。

◆茶々さん
映画賞~!!
はいっ、投票します!
「電車男」の凄さ、ちゃんと評価してもらいたいね。
リンクありがとう~☆

◆不二子さん
初めまして!
「世界愛」のBBSでは、よくお名前を拝見しておりました☆
6話予告の涙をいっぱいためた朔ちゃんが忘れられません。。
「役者バカ」…山田君への最大の褒め言葉ですよね。

いつも読んでいただいているだけで、
嬉しい魔女であります。
優しいお言葉、ありがとうございます!!

◆ゆうりんさん
魔女達よりも長い長い砂漠を過ごしているゆうりんさん。。
それでも元気いっぱいのゆうりんさん、素敵だよ☆
ハロウィーン!
ゆうりんさん自身が楽しんでるのかな…(*^o^*)

◆ペリドットさん
>俳優たちの力量
「世界愛」の場合は、すばらしい作品に出会えた運と、
山田君、はるかちゃん達の力量が備わって、
最強のドラマになったんだね。
役者山田孝之が、そんな運命の作品と出会えますように!!
魔女もそれ祈っています。。。

◆とまとさん
知れば知るほど、役者な天使。。
彼の天性と、
きっと、誰にも見せない努力あってのものだよね。
芝居に対するひたむきな姿勢に、
切ないくらい惹かれます。。
山田孝之が好きです。とてもとても…

◆ペンギンさん
身も心も朔ちゃんだった山田君。。
朔ちゃんに同化しながら、
いっぱい考えて、悩んで、苦しんでいたんだろうね。。
クランクアップの、
花束抱えた≪山田君≫の充実した笑顔、
はるかちゃんに向ける温かい笑顔、
本当に素敵だったよね。。

◆弓さん
現場を共にしたプロデューサーの口から語られると
ものすごくリアルに感じますよね。
>知れば知るほど、どんどん深みにはまっていって…
うん、
そして、もう抜けられなくなっちゃうんだよね。。
山田君のいない人生なんて、考えられない…(壊)

◆みーちゃん
次元が違う…
本当に、そのとおりかも。。
山田君の芝居は、
魔女達が想像している以上に、凄まじいものなのかも。。
簡単に語れるもんじゃないのかも…
「スタートライン」…楽しみです♪

◆藍さん
こんな凄いことが、
あの子にはいつもの、普通の芝居なんだよね。
それが不思議で、恐ろしくもあります。。
1月ドラマ…めちゃくちゃ無理して冷静を装っている魔女であります。。

◆piakoさん
激しければ激しいほど
クールダウンはしっかりやらなくちゃいけない。。
自分がニュートラルに戻れる方法、
見つけられたのかもね。。
朗報…
だったらいいね。。。。(辛)

◆ドーラ改めエミさん
本当に、いつでもどこへでも引っ付いていたい!(って、意味が違う?)
TVで姿を最後に見たのはいつだっただろう?
会いたいです。。

エミさんね♪
これからもよろしく~

おはようございます!魔女さん&みなさん^0^

魔女さん、つたない文章なのにレポ載せて頂いてありがとうございました。何か恥ずかしい様な嬉しい様な^0^
でもでも皆さんに行ったつもりになって頂いたり共感して頂きたかったし、それに何より素敵なエピソードが聞けたのでアップして頂き幸いです。どうもありがとうございます☆

みどりさん、茶々さん、えりママさん、もおさん、kaorinnさん、不二子さん、ペリドットさん、とまとさん、ペンギンさん、弓さん、piakoさん、エミさん・・・。とものレポ喜んで頂けた様で大変嬉しいです。大変有意義な時間が過ごせました。お陰でゴハン食べ損ねて夕食抜きでしたがそんな事どうでも良い位、石丸Pの居た壇上に松崎の風景が、そして朔ちゃんがいる様なそんな気持ちにさせられました。

エピソードを聞いて改めて、天使は凄い役者さんなんだって。
カレの役作りには『ひたむきな努力』と『究極』と言う言葉が似合うし、エピソードを聞いたら職人肌な人柄(仕事の接し方)に涙が出そうになりました。
凄く素敵で魅力的でますます天使にハマって行きそうです☆

魔女さん、そして初めましてのともさん。貴重なレポをありがとうございました。
「何故泣いてはいけないんですか?」
役に入りすぎて失神してしまった(これは以前にjunonのインタビューでもありましたね) 本当にすごい役者さんだと改めて思いました。
魔女さん、自分の日記でこのレポの感想を書かせて下さい、お願いします。
ともさん、夕食抜きだったなんて大変でしたね、お疲れ様でした。本来なら参加しなければ知ることもできなかったことをこんなに詳しくレポして下さってありがとうございました。

遅ればせながらともさんのレポ、読ませて頂きました。私も一言と思いまして・・。“私はやっぱり役者な山田くんが大好きだぁ~”と。こんな役者バカな彼に夢中になれる私は幸せモノです!
そして皆様のコメントを読ませて頂いていて『不二子』さんのお名前を発見!『世界の・・』のBBSで不二子さんの「役者・山田孝之の表現する力は人間・山田孝之の感じる力によって支えられている。」というコメントがいまだに忘れられません。だからこそ、惹かれるんですよね。“山田孝之”そのものに。その事を再確認させてくださったともさん、そして魔女さま、有難うございました。

ともさん、素敵なレポ、ほんとにありがとうございました!
すごくおもしろかったですよ!
そして、UPしてくれた魔女さんにも感謝!!

先日、わたしなりの感想を書き込んだんですけど、ちょっと補足。
「世界愛」に携わったスタッフ、キャストの方々には、ほんとに良いもの作りたいという、強い思いがあったんだろうと…
それゆえ、とても緊迫した現場だったんでしょうね。
石丸Pも良いものを作りたいという思いから、山田くん、はるかちゃんに苦言を呈したんでしょうね。やっぱり納得いくまで意見を闘わせることがほんとに大事なんですね…。
石丸P、山田くんの男気を感じました!!
だからあれだけのすばらしい作品ができたんでしょうね!

魔女さんお久しぶりです!
非常に遅れてますが!日記お引越しご苦労様でした~^^
ともさんの報告凄く良かったです!
孝之くんの事なら何でも知りたいオタクには非常に嬉しかったです!笑
石丸Pの日記もしっかり読破していたのですが・・・最初は話さなかったのですね!笑
また一月期のドラマPされるとの事!
例の噂は???早く知りたいですね~~!皆さん!!

そうそう魔女さん 天使への愛!
コメント読んでていつもきゃ~~負けてる・・・私!
って思ってます~^^

はじめまして。
山田君とはるかちゃん両方のファンです。
このフォーラム気になっていましたが、
地方者の私は行けませんでしたので、
レポート見させていただきました。
山田君は失神するくらい頑張っていたんですね!

>そしたらはるかちゃんは『そうですか~(語尾上がります)』
>って感じらしいですけど、天使は『何がですか?』って突っか
>かってくるって言ってました。
はるかちゃんの方が向上心がないと言うことですか?
それとも、前後のやりとりで表現が違っているのか気になります!

◆ともさん
改めて、素敵な報告ありがとう(*^o^*)
もったいなくも、大分はしょってしまって…

プロデューサーの口から語られる≪役者バカ≫な天使…
本当に、しみじみ思います。。あの子は凄いって。。
うん、
職人のようにコツコツと役を入れ込んでいって、
役そのものになりきる天使。
朔ちゃんは辛かったろうね。
ともさん同様、ますます天使にはまっていきそうな魔女であります。

◆ゆーさん
貴重なレポ♪
魔女のほうから皆さんに紹介して回らなくちゃ、、でした。☆
ぜひ紹介してください!
ゆーさんの感想も、あとで読ませてもらいますね♪

◆yu-kaさん
不二子さんの「人間・山田孝之の感じる力・・・」
本当にそう思います。
それは、生まれたときから持つ、天使の感性でもあるだろうし、
演じる人間を理解しよう、その人となりを感じよう、とする
ひたむきな努力があってこそのものだと思います。
これからが楽しみでもあり、
怖くもあります。。

◆piakoさん
現場も闘ってたんでしょうね。
繊細なシーンでは、
一発勝負の撮影もありました。
役者も必死なら、
スタッフも死に物狂いだよね。
だからこそ、オンエアされたものは、
どれも無駄の無い、自然なシーンばかりでした。
思い出すだけで泣きたくなります。。

◆NAYUさん
なんとなく石丸Pには小悪魔的な存在だったのかな。。
日記にも、そんなふうなこと書かれてましたよね。
最後にはお互い認め合うことができたのかな。。
次のドラマ…
待ち遠しいです。。

◆まささん
はじめまして♪
書き込みありがとうございます。

はるかちゃんの言葉は、
山田君が石丸Pにつっかかることに対する対比の意味で言われたのだと思います。
はるかちゃんは素直に受け止めるのに、山田君は…といった。。
山田君についての質問の中での石丸Pの答えですので、
そんなふうになったのでは?
決して向上心がないなんていう意味ではないですよ☆
はるかちゃんについての石丸さんが語ったことについては、
よくわかりませんが、
ともさんに聞いてみますね。

魔女さま、yu-kaさま、ありがとうございます。
私の拙い書き込みを、山田君を古くから応援されている皆様が集うこのブログで、覚えていて下さる方がいるなんて、・・・感激です(泣笑)。ありがとうございます。と共に、お恥ずかしい限りです~。

『世界愛』BBSは、私にとって大変多くのことを考えさせてくれた場所でした。終わってからも、色んなことを、「申し訳なかったなぁ・・」なんて思ったこともあったんです。でも今は、あれも私自身だったと思うことが出来ます。そして、こうしてお声を掛けて下さる方がいることの幸せを感じます。

山田君のことは、まだまだ知らないことの方が多い私なのですが、それでも彼を観ていると自然に「夢」が膨らみます。山田君のやっていることは、そういうことだと思えます。
「夢を紡ぐ」。
そう感じさせてくれる役者さんは、そうはいませんよね。
きっと、これからも皆さんに教えて頂くことばかりです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

魔女さん 初めまして。Nobと申します。
世界愛石丸P講演会 楽しませて頂きました。
「役者バカ」役者冥利につきる言葉ですね。
こういった関係者の方から聞ける話はとても面白いです。
「世界の中心で、愛をさけぶ」には私もどっぷりとはまってしまいました。
私は綾瀬はるかさんのファンですが、山田朔あっての綾瀬亜紀だったと今でも思っています。彼の演技力によって綾瀬さんもあれだけの演技が出来たのだと思います。
こちらは初めて訪問させていただいたのですが、私のブログにブックマークさせてもらってもいいでしょうか?
こちらを読んでいたら不二子さん、ペリドットさん達の懐かしいお名前を拝見できて何だか朝からすごく得した気分で嬉しかったです(笑)
これからもよろしくお願いします。

魔女さん、みなさんこんばんわ^0^

TEPCOのプライベートイベントの件でなんかそわそわしちゃってます。まだ10月だって言うのに地に足がついていない状態です。
12月に入ったらこのイベントに『スタートライン』の放送に・・・楽しい冬がやってきそうで今から本当に楽しみですよね^0^

ゆーさん、yu-kaさん、NAYUさん、レポ楽しんで頂けたみたいで光栄です^0^のほほんとしているともですが、レポしなくちゃって思っていたので結構真剣に聞いてました。お仕事でも見せない姿勢だったかもしれません(笑)。
正直、セカチュー放送時は勿論毎週観てましたがここまで天使にハマって居なかったので今だから感じるモノが有ります。砂漠化がキツイから余計に全身で吸収しようとしているのかもしれませんね(汗)

Piakoさん、不二子さんがおっしゃられた『役者・山田孝之の表現する力は人間・山田孝之の感じる力によって支えられている。』というコメントが本当に素敵ですね。yu-kaさんが心に留められたのが凄く分かりました。何度も読み、素敵な言葉だなぁ・・・と思うと同時に、うんうんと頷いてしまう自分が居ました。そしてまた泣きそうになってしまいました。凄い22歳です。本当尊敬しちゃいます。

魔女さん、天使の役者に対する姿勢は本当に素晴らしくて・・・。こんなちっぽけな言葉では勿体無い位な才能で。
役を演じているのかもしれないけど、その事によってとも達は『きっかけ』を貰っている気がします。例えば頑張ろう・・・って思えたり笑えたり、喜べたり、砂漠化に恵みの雨を降らせて欲しいと望んだり。
天使のお仕事やプライベートな情報にドキドキしちゃったりするけどキラキラの天使に負けない位、恋する乙女でいようと思います。
ねっ!魔女さん☆


『お金で買えない価値を頂いたと思ってます。(この場合は貴重な時間と石丸Pのお話を自分の耳で聞く体験かな)

◆不二子さん
「世界愛」の時は、
魔女も、朔ちゃんの世界と現実との区別がつかないような状況で、
朔ちゃんを守りたくて、泣き顔のまま17年も閉じ込めてしまいたくなくて、
バカみたいにジタバタして、毒も吐き続けてきました。。
なんだか、不思議な現象。。。

役者山田孝之は、これからも、もっともっとたくさんの
不思議で心地よい感動を与えてくれるだろうし、
不二子さんの言うように、
たくさんの人の心から心へ、夢を紡いでいくんでしょうね。
本当に楽しみです。

◆Nobさん
初めまして♪
はるかちゃんファンの方は、
山田君をとてもよく理解してくださっていて、
本当にありがたいです。。
はるかちゃんのブログ…と思って、ちらっと覗きに伺って
びっくり♪
すごい、、、、
「世界愛」がどっぷりと蘇ってきて、泣けました。
朔 ちゃん、、、(壊)
ブックマーク、了解です。
Nobさんの所も紹介させてくださいね☆

◆ともさん
キラキラの天使を応援することで、
輝けない自分をごまかしているような気がして、
それこそ、本気で情けない気持ちの最近の魔女だったんです。
でも、そうだよね、
こうやって、恋する乙女でいられること、
そして、それによって仕事も頑張れてること。。
魔女も、ほんの少しだけど、天使のお裾分けもらって、
☆ひとつ分でも輝けているのかも…

ありがとうございます!

魔女さん ブックマークの件了解頂きありがとうございます!
早速登録させて頂きました(^o^)v
ブログの方にも入らして下さり嬉しいです。
全話+Plusで見ると結構時間掛かりますので
今度お時間のある時にでも是非いらしてご覧下さい。
どうもありがとうございました!

言葉になりません。

 魔女様お久しぶりです。皆さんのコメントでもう十分お腹一杯と言うぐらい 私の思いを代弁してい頂いてるので もうコメントは止めようかなって思って今日まで書き込みしませんでしたが、やはり自分の言葉で少々語りたいかな・・・。
 まず読んだ後、何だか胸に詰まるものを感じ ここ数日山田君の事ばかり考えてしまっています。雑誌などの対談と違い生の講演という事で随分リアルで生生しい分、役者の仕事は考えているほど甘くないって事が非常によく分かりました。
 いつでもギリギリ役になりきり臨んでいる、それでもまだ「挑戦状」を頂くわけですから受ける本人はとっても大変だと・・つい親心でその心中を心配してしまいました。評価を貰うと言う事は 更に試練が待っている事にもなるんでしょうね。好きな仕事でも時には糸が切れてしまうんじゃないかと密かに心配しています。以前止めたくなったら直ぐに止めるかも・・とコメントして驚かされましたが、今はそんな事もあり得るんじゃないかと思う様になりました。
 いつももっと仕事してー!って思ってましたが現場の状況を知ると、これは心身ともにかなりの疲労となる事が分かりもう我が儘は言いません。リフレッシュして私達の元に戻って来てくれればそれで良いです。いつまでも待ちましょう。(でもこちらもあまり若くないので適当にお願いしたいです・・)
 この場をお借りして、不二子さんお久しぶりです。と言っても分からないでしょうが、BBSでは随分興味深いコメントの数々・・とても楽しませて頂きました。ここでお名前を発見しほんとにビックリ!!またその独自の感性で山田君を語ってもらえますか、楽しみにしています。

こういう場合はここに書いてよいのかな・・。

Nobさん、ともさん、yumiさん、どうもありがとうございます。
おそらく、世界愛公式BBSでお会いしているんですよね♪
お久しぶりです。こちらのブログに書かせて頂いたのは、先日が初めてだったんです。ぜんぜん、新人さんです~。語れる程のものは何もないのですが、こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。

魔女さん、こんばんは。
実は、「ブログ」について何となく分かってきたのは最近のことで、
「ブログ?!・・・Web Log???・・・・だから?????」
みたいな感じで、未だにブログのコメントの仕方ってこれでいいのかしら・・、って恐る恐る書いてます(笑)。
こんな時代遅れな女なので、変な時は教えて下さいね~。
宜しくお願いします。m(__)m

魔女さん、返信ありがとうございます!
>決して向上心がないなんていう意味ではないですよ☆
ありがとうございました。
安心しました!

◆Nobさん
観るのも時間かかるけれど、
作成にはいったいどれくらいの時間が…
その時間、ずっと「世界愛」の世界に入り込んでいて、、、
魔女なら社会復帰できなくなりそうです。。

◆yumiさん
>好きな仕事でも時には糸が切れてしまうんじゃないかと密かに心配しています
魔女も、いつも思うことです。
あの子の役へのアプローチの仕方は、
ある意味、危険をはらんでいるように感じます。。

束の間(!!祈)のオフ、
思いっきり楽しんで、
そしてそして、はやく帰ってきてね。。。

◆不二子さん
>ここに書いてよいのかな…
「いいよ」(by朔ちゃん)

壊れた魔女のブログであります。
な~んにも心配せずに、いつでも遊びにきてください☆

◆まささん
「世界愛」での共演で、はじめてはるかちゃんを知りましたが、
インタビューなどを読むと、
とっても真剣に、この亜紀という役と向き合っていて、
山田君に負けないくらい頑張ってたこと解ります。
これからも応援したいですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://majo24.blog22.fc2.com/tb.php/11-b9cf715c

伊豆ロケ支援ネットワークフォーラム

伊豆ロケ支援ネットワークフォーラム開催講師にはあの「世界の中心で、愛をさけぶ」や日曜劇場「あいくるしい」をプロデュースしたTBSの石丸彰彦さんをお招きし、ロケ当時の思い出や、ドラマ、そして故郷である伊豆のことなど、存分に語っていただきす。入場は無料....

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.