俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
07 < 2017/08 > 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

涙・涙・涙・・・

2005-11-02 (Wed) 02:01[ 編集 ]
My Memories
綾瀬はるかさんのファンNobさんの、素敵すぎるサイトです!(Blogからも行けます)

第1話から11話まで、Nobさんセレクション(?)の懐かしい音楽に乗せて、
朔ちゃんと亜紀の時間が流れていきます。
1話の「スカボロフェア」から、11話の「かたちあるもの」まで、
その選曲だけで泣かせてくれるNobさん。。
予告編というより、ダイジェスト、
もう、1話から涙が止まらなくなります。。
それでも途中でやめられなくて、一気に見てしまった魔女であります。。
最後の≪Plus≫は、
亜紀の笑顔がいっぱい詰まってて、
本当に素敵な笑顔で、
だから、なおさら切ないよ。。

takuさんといい、Nobさんといい、
はるかちゃんのファンの方は職人技をもった人が多いです。。
魔女も、スカボロフェアに乗せて、朔ちゃんを詰め込みたい!と思いながら
実現しないままです。。
でも、、諦めずに頑張って挑戦してみようかな。。

■1リットルの涙
亜也の目に見る見るうちに溜まる涙、
こらえて、こらえて、こらえ切れずに零れ落ちて、、
なんだか、すごく痛々しくて、切ない。。
あの子の素直な悲しみの表情に、泣かされます。
つぶやくような亜也の言葉が、ものすごく重いです。
未来を夢見て、前だけ見て歩いていけるはずの高校生が、
「過去に戻りたい」という。
辛いね。。。

コメント

魔女さん ご紹介どうもありがとうございます。
魔女さんの感想を読ませて頂いていたら自分も胸が熱くなりました。
私のブログはどうしても男性が中心となっていますので、
女性からのこういったコメントは初めてだと思います。
はるかさんファンだけでなく、
山田君のファンの方にも是非見ていただきたかったので本当に嬉しいです。
思いがけず魔女さんのブログを知り、こうやって交流が出来たことを本当に喜んでいます。どうもありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

PS:事後承諾になりますが、TBさせて頂きましたm(_ _)m

涙の数だけ

魔女さまおはようございます。
そして、Nobさま初めまして。堤さまのブログにもコメント欄に是非みてくださいとありました。
『こんなこといいな、出来たらいいな♪~不思議なポッケが叶えてくれる♪』
尊敬!こんなこと出来たら夢のようです。世界愛は役者はもちろん、脚本、演出スタッフ、見事なまでの一体攻撃外せないのが、音楽だと思います。河野伸さんのすばらしい世界がドラマをよりドラマチックに演出してくれて・・、今回魔女さまのところで、ともさんの貴重な講演レポがなければ、そして、それを魔女さまが繋いでくださり、Nobさんが書き込みしてくださらなかったら、このあらたな感動にも逢えずにいたかもしれませんね。ネットでの繋がりも温かさを感じました。
洋楽がこの17年前の世界にマッチするなんて、自分もその時代に共存していたからかもしれませんが、山田君は、そうそうこんな子クラスにはいたよ~って言うくらいのいでたちで、はるかちゃんは、聡明であの笑顔で、『怒ってる?』なんて聞かれたら『怒ってないよー』って許しちゃいますよね。Nobさんの世界観にとても感動させていただきました。
私ごときですが、30年近い親友は、私と会うとき決まってスカボロフェアを歌うんですw何でなのか?世界愛が始まる前からですよぉ~余程お気に入りなのかな・・・でも、今度会うときは彼女を見る目が私違うかもしれません。

魔女さま長文すみませんでした。ついつい・・
魔女さま、Nobさんのところでの涙といい、1リットルの涙といい山田君に逢えない涙とプラスされて砂漠での貴重な水分が・・
なんなら、私のお顔アップで写メール送りますか?(爆)
しばらくは、笑えます(殴)・・・泣き笑いは対処できませんw

魔女さん、Nobさんの素敵過ぎるサイトを紹介してくださってありがとうございます。お邪魔して拝見させていただきました。
文才がないのでこの感動を言葉に出来ないもどかしさがありますが、本当に濃いダイジェストでした。この場をお借りしてNobさん、ありがとうございました。

命の重み

昨夜は【ほたるの墓】も観たため、夜は涙涙涙(T_T)でした。
【1リットルの涙】は秋ドラマの中でも欠かさずに観ている作品の一つです。
魔女さんのおっしゃるように、つぶやくような亜也の言葉に
毎回涙を流しながらエンディングまで見入っています。
Kの唄う主題歌もこのドラマの切なさにピッタリですよね。
沢尻さんも演じてるというよりは亜也になりきっているように見え
亜也の心の中からの言葉をとても自然に出しているように感じます。
いつもは9時に布団に入る子供たちも見入っているので、「早く寝なさい!」の言葉を飲み込んでいます。
幼いながらも身内の死を2度経験している子供たちですし、テレビを通じてですが病気と闘う様々な方の様子を一緒に観る機会もありますし、私が【世界愛】にハマったということもあって子供たちなりに『死』というものの存在を感じているようです。
最近は命を非情に軽んじてるやり切れない事件が多い悲しい世の中ですが、
子供たちが命の重みをきちんと受け止められるようにすることも親の、大人の責任ですね。

セーラー服を着た病気に立ち向かう少女と彼女を支える少年・・・
心にズキンとくるシチュエーションです(;_;)

おはようございます。またお邪魔させていただきました。
Nobさんのページ見てきました。
また朝から涙してしまいました。
素敵なサイトを教えていただきありがとうございます。

私もリットル見ています。
悲しいお話ですが、とても好きなドラマです。
今日は傘を差し出すシーンがセカチューとかぶってしまい、涙倍増でした。
健康である事が幸せなんだと、つくづく実感しました。。。



私も1リットルの涙見ています。

しあわせって

懲りずに再度お邪魔します。
ドリブル~さんの命の重みで、命を非情に軽んじてる~文章とWAKAさんの健康であることが幸せなんだとの言葉に、最近こんな話を聞いたなと思いカキコいたします。

電車の中での出来事ですが、ある中年男性の横に今どきの高校生が乗車してきたらしいです。しかし、目に余るので目をつぶり寝た振りしていると女子高生たちの会話がイヤでも聞こえてきて内容が

『最近私の友達が、死にたい死にたいって言っててぇ~、なんで死にたいのか分からないけれど、ある人が、言った言葉で言わなくなったんだよね~。・・
死にたい死にたいと言ってるお前は今生きている。
昨日死んだ人の今日を生きているんだ!生きたくても生きられない人に生かされてるんだ!』その会話を聞いていた中年の男性は、今どきの若い子はと思ったことに、こんなこと言える若者がいたんだなぁと思ったそうです。今、健康でいられることが本当にしあわせだと思いました。長文またまた失礼いたしました。

魔女さん、おしえてくれてありがとう。
Nobさん、ステキなものを見せていただいてありがとうございます。
涙なくしては見れませんよね。
バックの曲、知らないのもあったけど、良く合っていると思いました。
スカボロフェアは名曲ですよね。
映画のシーンも浮かんできます。
「白夜行」より、「卒業」の方が二人には合ってると思うけど、
またリメイクとか言われるのもいやだし・・・・
あるのかないのか、気になる×3。

1リットルの涙、見てる方多いですね。
ご本人の写真とKの歌が流れるエンディングはダメだわ。
毎回泣いてしまいます。
今期は、これと「あいのうた」「野ブタ。」を見てます。
けっこう見てるでしょ。
アネキと鬼嫁は・・・orz

もうじき山田くんは鹿児島の空の下・・・ですね。

私も1リットルの涙、毎回観てます。茶々さんと同じくエンディングはもう我慢できません…お写真から、”もっと生きたかった…”っていう切実な思いがストレートにきますね。
うちの娘たちも一緒に観てます。本当のお話を元に作られてるドラマだと知り、一層真剣に観るようになりました。
命の大切さ、感じてくれてると信じてます(^▽^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆Nobさん
こちらこそ♪
壊れた魔女でありますが、よろしくお願いいたします。。

◆ペリドットさん
≪縁≫と、一言で片付けてしまうのももったいないくらいですよね。
ペリドットさんと「スカボロ」の関係もしかり♪

砂漠なのに、涙だけはでるんだよね…
ペリドットさんアップの写メキボン!!!

◆とまとさん
思いもかけず、素敵なものを見ることができました。。
はるかちゃんのファンは、山田君のファンにも優しいよね☆

◆ドリブル~さん
命の重み、大切さ、
当たり前のことなのに、改めて考えると、ものすごく難しいことかも…
普通に生きていられることが、どんなに幸せなことか、
子ども達にも感じ取ることができる、そんなドラマだね。

◆WAKAさん
傘を差し出すシーン…
やっぱり、誰もが思い出すのね。。。(;o;)
うちの子は、
「こっちと付き合えばいいのに!」と言っておりました。
ホントにね。。

◆ペリドットさん
電車の中での若い子達の会話には、
閉口することも多いけど、
時には
なるほどな~考えてるんだね~って
感心させられることもあります。。
純粋に吸収していく若さ、真っ直ぐに伸びていくためには
多少の添え木も必要なのかも…
そんなことをふと思った、ペリドットさんのエピソードでした。。

◆茶々さん
こんな切ない季節の、いっそう切ない時期に、
Nobさんのサイトは、なおさら泣けました。。
でも、やっぱりいいなぁ~
「世界愛」のふたり。。。
あの二人は、まだ、もう少し、
あの松崎の風景の中に閉じ込めておきたい気がする。。

>鹿児島の空の下・・・
はぁ~

◆chieさん
1リットルの涙…今期、観ている唯一のドラマです。
命の大切さ。。
こうやって笑ったり、ご飯食べたり、走ったり、学校行ったり、、、
そういうことが、本当に本当に幸せなことなんだってこと、
子ども達にもわかるよ。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://majo24.blog22.fc2.com/tb.php/14-b66b1982

My Memories ~世界の中心で、愛をさけぶ~サイトOPEN!

今日10月24日は亜紀の命日ですね。 17歳の若さでこの世を去った亜紀はいつも走っていました。たとえドラマの世界ではあっても、私にとっては特別な日です。今月7日の夜に何気なく見ていた「世界の中心で、愛をさけぶ」DVDの1話でしたが、ふと思い出したS&Gのスカボロフェア

My Memories~世界の中心で、愛をさけぶ~全話完成!

10月24日に公開したMy Memories~世界の中心で、愛をさけぶ~ですが、最終話とPlus(サプライズ)篇が完成しアップしました。これで全話が揃い作品全体を通してご覧頂けます。Plus(サプライズ)篇の説明をさせて頂くと・・・ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」のエンディ

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.