俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
03 < 2017/04 > 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

失恋した…かも…(;o;)

2006-08-31 (Thu) 23:12[ 編集 ]
Yahoo!ミュージックサイトにある
山田くんのコメント。。

「薫(Kaoru Amane)は、アーティストとしても人間としても僕(山田孝之本人として)の理想の女性です」

これ読んだら、悲しくなった。

この『僕』は本当に山田くん自身のこと?孝治じゃないの?
わざわざ括弧書きされてるんだから、そのまんまか…
天使の理想の女性が薫だとしたら…
魔女は天使の理想とあまりにかけ離れすぎてる。。
クールで逞しくて、いつでも堂々としていて、それでいて時折ストレートな可愛らしさを覗かせる。。
魔女とは…まるで対極なり…_| ̄|○

薫の強さは≪病気≫故のバリアだと思っていましたが、
最近はむしろ、自信に裏づけされた強さを感じます。
観覧車の後、「これ以上好きになったら…」と泣いていた薫だったけど、
ボロボロどころか、更に強く、貫禄がついてきて、どんどん輝きを増してきてる。

そんな薫を見つめる孝治の気持ちそのままに、山田くんも恋しているのだろうか。。
そして、アーティストとしても…?
なんだか、あのコメントをそのまま山田くんの言葉として上手く飲み込めない魔女でありますが、
CD発売を前にして、あの子には珍しいリップサービス、、、なんてことはないよね。

だとしたら、よけい悲しいよ。。

コメント

山田さんは薫じゃなくて沢尻さんの事を好きになってしまったのかと思ってしまいました。よく読めば違いますね。こんな人が理想だと思っていても、実際好きになるのは言っていたのとは全く違う人、なんて事はよくありますよ。

おはようございます。
天使のリップサービス?そんなお世辞が言える人ではないですよ。
でも、竹中さんや津留Pも描いてらっしゃいますけど、一つの男性からみた理想の女性像なのかな・・・と感じるコメントですね。
そして、それはやっぱり
XPという限られた生命という人生を生きる薫という女性のメッセージ、叫びなのだと思います。
孝治はもう彼自身なのではないかと思うほどに「彼」で、
その「彼」の理想の人は「薫」なのだと思います。
でなければ、あんな幸せにあふれた、優しさに満ちた、そしてはにかんだ表情はでないもの。

過日二度ほどお便りしましたリボンです。

私も山田くんのコメントを読んで、すこしショックで固まった一人です。あまりに今まで抱いていたイメージと違っていたから・・・。
もちろん自分とはあまりに違う魅力的な薫が理想、と聞いて心が痛む部分もありますが、薫のような精神的に強く、力強い美しさだけでなく、
その対極にあるような、もっと人間がもつもろさや弱さ、どろどろした部分も含めてそんなところも、きっと人(女性だけでなく)を見るときに見つめてるであろう、山田君は。そんなふうに勝手にイメージを持っていました。
でもでも、やっぱりちょっとショックですね。魔女さんの気持ち、よーくわかります。

魔女さんが少しでも元気を取り戻してくれますように、
先日の雨の夜の江ノ島で見た、彼の姿を少しだけ描かせてください。
*しゃぼんだま、たくさんでていましたよね?
もちろん裏でスタッフの方が水鉄砲を扇風機にあてて流していたんですが、テストのときそれを見つけた山田くんがとっさに「おれにもやらせて!」とうれしそうにやっていました。そのしゃぼんだまが自分のところに飛んできたときは、もううれしすぎて泣きたいくらいの心境(笑)。魔女さんのところにも届いてたかも?
*どしゃぶりの中、ステージでエレキの練習をしていたとき、男性スタッフが心配そうに声をかけたら、山田くんはわざと感電してビリビリっとしびれた素振りを見せてました。そのあとのやりとり、はっきり声は聞こえなかったけれどなんとなく想像がつきました(笑)
山田くん「これほんとにきちゃったら(感電したら)、代わりやってよ」
スタッフ「え~!むり、むり。絶対むり!」
そのときのスタッフの慌てようがおかしくて。会話は半分以上私の想像でごめんなさい~。でもほんとにほほえましくて、スタッフの心配をよそに、何があっても与えられた状況のなかでベストをつくす山田くんの姿と、そんなすごい役者の代わりなんて当たり前だけど無理!といったスタッフさんの様子がよくわかりました。

魔女さんが言ってた「大事なところでは彼の真の姿がみえる」のは、
健在ですよ。
ところで静岡のエキには行かれますか?

薫から感じたこと・・・

 病があると強くならざるえないと思います。生きることと向き合っているのだから真っ向に生きるようになっていって、それからどんどん強くなってく、芯ができあがっていくんだと思います。

◆marshさん
「理想の女性」です…だなんて、
ドラマの中の人物ではあっても、リアルすぎて。。。
10年早いよっ!!な魔女でありました。。

>実際好きになるのは言っていたのとは全く違う人、なんて事はよくありますよ。

うん、本当にそうだよね☆

◆みどりさん
限られた人生の中で精一杯前向きに生きる…
そんな、凝縮されて放たれる強さや輝きには
とうていかないっこないんだよね。
孝治として生きてる山田くんが、
薫に惹かれるのも仕方ないのかもね。。。(;o;)

◆リボンさん
コメントありがとうございます♪
バンドフェスティバルの様子、嬉しいです!
山田くんのシャボン玉…
そうなんだ~
山田くんもやってたんですね。。
お子ちゃま天使が、そんな楽しいこと見逃すはずない?笑
リボンさん、う、うらやましい。。。
風に乗って、後ろの魔女の所にまで飛んできたのも、
山田くんが作ったシャボン玉だと思うことにします!爆
スタッフさんとのやりとりも、本当に自然に楽しそうで、、
いい雰囲気でドラマが作られてるって解ります☆

静岡のライブ…
行きたいけど、、行けない…(;o;)
これが最後のエキストラなのかな。。。
リボンさん、行かれたら、また様子を教えてくださいね☆

◆ピアスの穴さん
うん、そうだね。
生きることと真っ直ぐに向き合っている強さ。
死を、目をそむけずに見据える強さ。
脆さと裏返しの強さではあるけれど、
薫には見守ってくれる孝治がいるんだもんね。
きっと最後まで、強い輝きを放つんだろうね…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://majo24.blog22.fc2.com/tb.php/141-d9b08271

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.