Post

        

タイヨウのうた 第8話

category - 未分類
2006/ 09/ 02
                 
8話は、薫を支え見守る孝治。。

taiyou8-01.jpg

どっぷり保護者モードな孝治ではありましたが、、
薫に向けられる眼差しが、本当に温かくて、包み込むようで…
「よかったな」の声には、卒倒しそうな魔女でありました。。
麻美のあまりのみっともなさに凹み、
さよなら~青春群像劇(;o;)てな8話だったけど、
この声で、あとふたつ頑張れるよ。。

「先のことなんかより今が大事。
今、目の前にいるお前が大事」

じゃ、じゃあ、、魔女は?
魔女がいなくなったら…どうする?天使、、、、、、(←おバカ×∞)

            

taiyou8-06.jpg

先週の木曜日(24日)に、
ちょうど、この場面でのエキストラに参加させていただきました。



仕事帰りの湘南ライナー…
いつもと同じはずなのに、妙に淋しい気持ちになったのは、
窓の外がいつの間にか≪夜≫だったから。。
夏はちゃんと終わり支度をしているんだよね。

本日の集合時間は20時半。
キャストの一番乗りは川村君。
普通に駅舎から出てきて、普通にコンビニでお買い物。。
続いて岳くんがマネージャーさんと一緒に到着。
そして圭くんも電車を降りて合流…
なのに、なのに、
なかなか現れない我らが天使。。(;o;)

21時を過ぎても、本体は到着せず、
エキストラな人たちが少しづつ集まってくる中を
スタッフが1名、無線で連絡を取りながらウロウロしておりました。

終電で帰ることに決めていた今日のロケ、
この駅22時13分の電車が魔女にとってのタイムリミット(早すぎ。。)
まさか一目も会えないなんてこと…ないよね、ね、ねっ!!!!
神様~
と祈り始めた魔女の目の前に
いきなり天使降臨…

青地?に模様の入ったシャツ?にダボッとした長ズボン、
キャップと、シャープなサングラス。。
??が多いのは、突然現れた天使に全ての感覚が麻痺してたせいなのですが、
なんだかめずらしくポップな色合いで、そこだけパァ~と明るくなったように感じました。
キャップからはみ出た髪がピョンピョン跳ねてて可愛い☆
控え室になってる駅前のお店に入っていく後姿をずっとずっと眼で追いながら、
大好きだよ…と、独りごちる魔女でありました。。

撮影は、ムーンチャイルドの5人組が駅前で待ち合わせているシーン。
オンエアされた通り、「これで全員集合だ!」って隆介が言って、
駅舎の中に入っていく。。
それだけのシーンでありました。

駅前の広場で丸く輪になって遊んでいる、待ち時間の4人が可愛いかった。。
上から真っ直ぐ落としたライターを掴めるかどうか~ってなゲームしてました。
小学生がよく鉛筆でやるよね。
順番順番にライター落とす人とつかむ人…
でも、みんな仲良く失敗…
4人を見てると、本当に無邪気で可愛くて、、

今回のドラマがもし「タイヨウのうた」でなかったら…
この4人が、もっともっと夏を感じさせてくれたはずだよね。

今日は、お友達に誘ってもらって参加できたのでありますが、
秋口のリクルートスーツ着用…に、かなり引いた魔女でありました。。
とりあえずパンツスーツの上着持参で臨みましたが、
あまり意味なかったかも。。
高校生、大学生、帰宅途中の会社員とグループ分けされて、
その中から何人かが呼ばれて薫のシーンを撮っている間に
魔女の≪24時の鐘≫が鳴りました。。

江ノ島滞在時間2時間ちょっと。
天使との逢瀬は30分ほどだったでしょうか。。(;o;)
魔女のガラスの靴…天使拾ってくれたかな。。

taiyou8-03.jpg taiyou8-05.jpg

反則な美しさ…

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

ふぅ~

空に浮かぶ月の光と星々がネオンにかき消されるなか
遠目に見える天使の姿、、
魔女さまにとっての2時間は、私にとっての2時間で
なが~い待ちの時間・・・・
天使が登場したとたん、時の流れが止まり、早鐘となる鼓動・・
うつむく視線、見上げる横顔、微笑む瞳

彼方に佇む乙女の瞳から綴られる刹那さの呪文
伝播し世界を変えてしまう、、、
ココはかの地の待ち合わせ場所
September♪そして9月は~
魔女さま皆様こんにちは~

 シンデレラ~(!○!)このエキ物語は、切ないストーリで構成されておりますね~(涙)。
太陽の傾きも秋の訪れとともに早くなり、余計に寂しさが増します!

  青地に模様の入ったシャツ見つけたときには、(〃▽〃)こんな感じにお顔が変わったのではないでしょうか♪

 8話あっという間に終わってしまった~と思うほどてんこ盛りの展開についてけません(!_!)
メンバーの写真撮影の場面、圭さんのメガネなしもかっこいい!
 いいわぁ~それでデビューしちゃいなよ~you!(爆)と思ってたのもつかの間、一難さってまた一難!試練なのか

そんなじれったい展開をよそに頑張ってるみなさんもうすぐゴールですね。早い実に早い!秋ドラマになってしまう~~
   青地模様のシャツ追いながら♬飛び乗った電車のドア~♬からし色でしたね(殴)

 

◆みどりさん
最近のみどりさんは≪歌詠み人≫のようですね。。
穏やかな旋律の中に放たれる言葉に癒されます。

待ち合わせの輪の中に飛び込んでいきたかった魔女であります。。

◆ペリドットさん

September♪そして9月は~
September♪さよならの国
めぐる季節の彩のなか 一番さみしい月 

タイヨウ…あとふたつ…
もう青春群像劇はあきらめたけど、
きれいに穏やかに終わってほしいな。。
薫がいなくなっても、その遺志のままバンドを続けるムーンチャイルド…
そういうのいいな~