俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
05 < 2017/06 > 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

「手紙」試写会

2006-09-08 (Fri) 01:46[ 編集 ]
■9月7日(木)イイノホールにて 18時30分開演

tegami_shishakai1.jpg

初めて直貴に会える喜びと、いつものように不安とが入り混じった想いの中、泣きそうになりながら迎えたこの日この時でありました。
山田ヲタとしては、直貴のあんな顔こんな顔を夜が明けるまで綴りまくりたいところではありますが、
それは11月の公開までがまんして、
今日は魔女の第一印象…


まず感じたのは、
この映画は難しい…ってこと。
表面だけを掬い取って味わうだけなら、
ただ苦いばかり、、になってしまうかもしれない。
特に直貴は、本当に難しい役。。
どんなふうに直貴の人生に寄り添っていったのか…
きっと辛かっただろうね。

そして、原作にほぼ忠実に作られたこの映画、
原作でも感じたとおり、兄・剛志の人物設定がいい。
実直で優しくて弟思いで、だからこそ犯した罪はあまりに重くて悲しくて、
直貴の苦しみ悲しみが強調されればされるほど、剛志に感情移入して泣けてくる。
最後に流れた小田さんの『言葉にできない』は、直貴と剛志のそれぞれの思いにリンクして、いっそう切なくて…
自然に涙が溢れる。。。

山田孝之の主演2作め、
厳しい目で観ればまた違った感想も出てくるだろうとは思うけれど…
とにかく、、
たくさんの人が観てくれればいいな☆

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

直貴に逢えた!?

魔女さん、一足早くに直貴に逢えたんですね…。
予告編だけでも、考えさせられるような内容&題材…。
原作に忠実に作られてると魔女さんのコメを読んで
嬉しかった~。
一番、気になるシーン。社長さんの厳しい言葉…。
あの言葉を、どんな表情で聞きどんな反応の演技を
しているのか…台詞は少なくとも、きっと素晴らしい
直貴になってると期待大です。
関西の試写会…当るといいなぁ~( ´∀`)

題材を読んだ時とても難しいと思っていました。

弟を思うがゆえに犯した罪、
昼夜、独房の窓から見つめるのは同じ空の下にいる直貴のこと。。。
直貴の日常を描けば描くほど、兄の心情が哀れと感じ、せつなくなる・・・

世間の冷たさに曝されて、順風に見えたとたんに現れる壁、、壁、、
歯を食いしばり生きていく直貴は、だんだんと兄を疎ましくなる、、、

兄が原作の通り、純粋に弟を思い続ける兄である以上、
弟直貴の心の屈折は、親の心子知らずと同じ?

スポットが兄剛志にあたるのは仕方ないかも知れないと思っています。
それほどに直貴は難しいでしょう。
ただ、ただ、直貴を心配する兄を避け、恨み、断ち切っていくのですから

もう一度、原作を読み直して直貴の世界に近づいてみようと思います。

はじめまして!
優です。
私も山田孝之大好きっす!
前から好きだったけど、
大好きになったのは。。。。。
私が好きな学校の先輩が山田孝之ににてることから始まったんです。
今は先輩にも山田孝之にもぞっこんです!
私もブログやってるんで良かったら来て下さい

大吾~

魔女さま、皆さん今晩は~☆

 試写会の感想見させて頂きました。
公開前ですからいろいろと規制もあるでしょうが、抑えた文章の中に感情が詰め込まれていて、公開が待ち遠しいです。
 確かにシンプルな素材なだけに演技が要求されると思うし、誰目線で映画を見るかでも評価や感情も様々です。

 エンドロールに流れる山田さんの文字を見て、
お疲れ様!って更に感極まるんでしょうね。(;О;)

 上の写真お3人ともいい表情です~
それにしても、由美子役の沢尻さん頭のバンダナ?も憂い憂いしい♪いろんな顔を持った女優さんですね。
 ホント余談ですが、私暑い中庭の草むしりを、ピンクのストライプ柄←(ココ重要)のタオルを頭に巻いて頑張っていたんです。だから?w
しばらくして、立ち上がり仁王立ち!!で窓ガラスに映った姿をみたら、ツタンカーメン風に見えて~~一人ほくそえんでしまったとです(爆)
頭覆い一つでも、女優さんとこうも違うのでしょうかw助けて下さ~い
そうそう今日は9月9日救急の日


 魔女さま、今晩は。直貴に会えてよかったですね。11月3日初日楽しみです。私は当日PTAのイベントの副委員長なので、直貴に会えるのは数日後になりそうです。舞台挨拶のレポ楽しみにしていますね。お願い致します。
 9話の孝治、追いかけてくる薫に気づいた車の中の表情、留置所での潤んだ目、病室での二人。よかったですね。
 浜松のエキ行ったんですよ。山田さんの出演はないと聞いていたし、江ノ島のバンドフェスティバルのエキに行けた私はまだ良いけれど、残念に思った人は多かったのでは?私は今回一人旅で、夫や姉に随分心配させてしまいました。遠かったー。でも良い経験でした。

◆chieさん
直貴は、本当に深い悲しみに包まれていて、、
とても簡単には言い表せない。。

大阪の試写会、当たればいいね♪

◆みどりさん
兄のキャラクター、刑務所のシーン、直貴からの手紙を待ちわびる姿…
感情移入しやすいお膳立てが揃ってる…
確かにそんな風にも感じますね。
でも、この映画のスポットは、兄ではなく弟にあたってます。
心配しないで、みどりさん。

◆優さん
初めまして!
山田くんに似ている先輩~?!
いいなぁ~(爆)

◆ペリドットさん
ペリドットさんのおかげで一足先に直貴に会えました!
本当にありがとうございます☆
1回目は、映画そのものよりも、ただただ山田くんを追ってしまって。。
なかなか疲れます。。(--;)
至福の2時間1分…
最初から泣いてました。。。

◆えりママさん
舞台挨拶…行きたいです。。行けますように。。。

浜松のエキ、行ったんですね。
山田くんは来なかったと話を聞いて、
魔女としてはちょっと納得いかない気分でした。

遠い一人旅、ダンナさま達の心配の分も合わせて、
えりママさんに大きなご褒美がありますように!!

魔女さんが直貴にもうすぐ会えるとドキドキされてる時、私は一人、浜松にいました。前夜にエキに参加することに決めたため、バタバタとしましたが、久々に乗った新幹線、集合場所に4時間前に着き、お掃除の方しかいなかったところに、たくさんのエキストラが集まってました。魔女さんもご存知のように、山田君には会えなかったのですが、小田原出身で静岡在住のドラマファンの方とお隣になり、楽しい一時を過ごすことが出来ました。
深夜にホテルまで来てくれた娘と、親切な地元の方に教えて頂いたお店で翌日美味しいうなぎを食べて帰りました。
舞台挨拶、ますます叶わない夢のように思えてきました。

魔女さん 連投お許しを・・・
さっき新聞を取りに行ったら・・・なんと試写の葉書が届いてました。
私も直貴に14日に会えることになりました。
ちょうど、恵達が画面に映ってる時に「手紙」の葉書に気づいたので、まるで山田君にプレゼントされたようで・・嬉しいです。
私も最初から泣いてしまいそうです。

◆ブルーさん
まずは「手紙」試写会当選おめでとう~☆
もうすぐ直貴に会えるね♪
魔女もたくさん応募してるのに、、自分のはまるで当たらないんです。。(;o;)
当選通知のポストカードも宝物でしょ!?

ブルーさんの浜松一人旅…
優しいお嬢さんと、美味しい鰻のおかげで(笑)淋しくならなかったことにホッとしました。
同じ想いを共有できる人との出会いも素敵だよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://majo24.blog22.fc2.com/tb.php/144-d75b006c

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.