Post

        

映画「イキガミ」出演!発表

category - 映画「イキガミ」
2008/ 05/ 09
                 
山田孝之&成海璃子で“美しき兄妹愛”
スポニチ

山田は盲目の妹・さくら(成海)を支えるため、裏社会で働く兄さとし。松田演じる役人・藤本から「24時間後に死ぬ」との死亡予告証(通称イキガミ)が届き、人生最後の1日で自分の角膜を妹に移植しようと奔走する。
瀧本監督と何度も意見をぶつけ合ったという山田は「いい兄妹愛を2人でつくれたと思う」。


重いテーマの中での、あまりに哀しい設定に、
二人の姿を想像するだけで泣きそうになります。
山田くん苦しかったろうな…
4月20日にクランクアップだったというこの映画、
山田くんがいつ撮影していたのか全くわからなかったけれど、、
このお仕事の後がホルモーで、本当に良かったと、
心から思う魔女であります。

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

ちょっと俗世間に染まりつつあった魔女さまが
箒にのって急上昇、いざ!!
な~んてね♪
最近の山田さんのブログで、生と死の良し悪しについての内容が多かったのは「イキガミ」の影響だったのですね。山田さん自分で納得できないと役に入り込めないんでしょうね。だから、ブログで自分の気持ちをぶつけて納得していたんでしょうか?そのテーマは実際自分の死が訪れないと誰もわからないんじゃないでしょか?!だから自分を納得させるのに苦しむんでしょうね。私は山田さんに出会うまでは役者さんってそんなに難しい仕事だとは思ってませんでした。スカウトされるまでは、役者のやの字も知らなかった人が、途端に花開くんですから、役者になるべくして産まれたとしか考えられませんね。その役者にのめり込んだのは何故か???
◆みどりさん
俗世間にいすぎました。。
箒の掃除を怠った罰かしらん、、
天使の羽の音にも反応が遅れます。。(泣)

◆ひろむさん
あ、
そうか。。
そうだったのかもしれませんね。
山田くんは朔ちゃんになっちゃったのかと、、
あれこれ心配してました。

納得しようとしてもできない。
どんなに考えても、
簡単に答えがでるものではないですね。
でも、、役を演じる上で、彼には答えが必要だったんですね。
答えを出そうともがいて苦しむ山田くんを想像すると辛いです。