Post

        

糸しい糸しいと言う心

category - 山田孝之
2008/ 05/ 17
                 
部屋の壁をダンゴ虫が這っていくのを見て、
生きる希望を失いかけた魔女であります。

そうでなくても、この数日は魂抜けてる感じ…
なぁんにもする気になれない。
ふらふらと会社に行って、ふらふらと仕事して、ふらふらと家に帰ってホケ~としている毎日。
このままじゃ、生きる屍になっちゃう…

なんなんだろうね、、最近のこの気持ち。
とにかく不安、、そして淋しい。。

昔は、姿が見えるだけで幸せでした。
別の学校に通う男子学生を遠くから見つめる片想いの少女のように、
駅のホームの柱の影から、こっそりと見ているだけでした。
偶然同じ電車に乗り合わせても、
彼が降りるまでずっと下向いているような…

それが、、
少しづつ彼のことがわかってくるにつれて、
もっともっと彼のことを知りたくなる。
電車の中で読んでる本のタイトルを知りたい。
イヤホンの向こうに流れている音楽を聴きたい。
30分早起きしてでも同じ電車に乗って、
少しでも彼に近づいて座りたい。
声だって聞きたい。
友達とのおしゃべりに耳を凝らして、
彼の好きなもの、好きな場所、好きなこと、
全部知りたい。全部見たい。

そして、だんだん自分が自分でなくなってくる。
彼中心に世の中が回っていて、
彼そのものが夢、彼そのものが人生、、みたいになってくる。
そして、哀しいことに、
彼は言うんだよね。
「自分をちゃんと持ってる女の子が好き」 

恋する女は切ないね。
片想いだから尚更ね。

少しづつ彼との距離が近くなってるような錯覚は、
彼の声が少し大きく聴こえるようになったから?
でも、、、
彼の声が聞こえてくると、またまた不安な乙女心。。

抽象的な言葉の裏側を
勝手に想像して勝手に落ち込んでみる。。

疲れてるのかな…
失恋でもしたのかな…

まるで深読みを煽っているかのような言葉は
彼のセンスでもあり、彼の心のバリアでもあり、
決して踏み込めないし、
決して真意を知ることもない。

ただハラハラと
その美しい横顔を見つめながら電車に揺られているだけの通学路であります。

声を掛けるタイミングもつかめず
告白したい衝動も押さえ込んだままですが、
このままどんどん我侭になっていく自分を
平常心に戻すこと…
今はそれが大事かも…

掃除します。


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

初めましてm(__)m
魔女さまと同じ気持ちです。
山田さんのブログは楽しみにしているけれど、踏み込めない物を感じます。
でも、表現することで山田さん自身が開放されてるのでは?と思います。
これから公開の作品、続きますね。
待遠しいです。
魔女様、だんだん山田さんの文章の感覚に似てきてますよ(笑)魔女様はしっかり自分を持ってますよ!あの人が何よりも誰よりも好きだ!って気持ち(嬉)
好きな人のことは全部知りたいものですよ。私も右に同じ(笑)
◆百々子さん
はじめまして☆
コメント嬉しいです。
表現することで彼自身が解放されている…
うん、本当にそう思います。
でも、こっちの反応を携帯の向こう側で面白がってる小悪魔の悪戯っぽい顔も想像できて、、
ちょっと悔しい気もするんです(笑)
これからもよろしくお願い致します。

◆ひろむさん
似てきてます??!(大喜♪)

でも、、なんとなくそんなとこあるかも?(ないない?)
ストレートな気持ちをそのまま表現するのがダメで、
幾重にも言葉をくるんで、伸して、畳んで、引っ張って~
ってやってました。。
今こうやって
「山田くんが大好き!!!」ってそのまんまな自分がウソみたいだよ。。

でも、、ダメダメ魔女です。
優柔不断だもん。。
魔女さん こんにちは。

いつの日か山田君のブログが一冊の本にまとまった暁には、魔女さん著の攻略本、、じゃなくて解説書も同時発売して欲しいものだと思ってましたが、魔女さんの魔力をもってしても解読は難しいのですね、、。

ブログが更新される度に、これでもか!
これでもか!
と、恋心を試されている気がして心臓に悪いです(>_<)

なぁんにも知らないで、ただうっとりと見惚れているだけの方が良かったのかな(・・?)
いやいや、やっぱり知りたい!
困ったもんです。

私も掃除します!!



◆あやさん
嬉しいこと言っていただいて…
ありがとうございます。。
なんか…
最近魔力が衰えてるような気がするんです。。(;o;)

いえいえ、、恋心は一向に衰えることはないんですけど。。(笑)

あやさんも、魔女と同じ側のヒトですね。
一緒に悩んで大きくなりましょう!(爆)