俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
03 < 2017/04 > 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最期の24時間。あなたは誰のために生きますか?

2008-10-01 (Wed) 00:37[ 編集 ]
考えるまでもなく、
3人の息子のために、
できる限りのことをやる24時間だろうと思います。
忙しいです。
まず掃除(笑)
な~んにもない位のシンプルな部屋にして、
どこに何があるかがすぐに解るようにしておいてあげなきゃ。
そこまでできっと半日はかかる。。
そして、
あとの時間は、ひたすら長い長い手紙を書きます。
時間配分に気をつけないと、
書くことありすぎて、時間が足りなくなっちゃいそう。

実際≪イキガミ≫は18~24才までの若者に届くわけだから、
こんなおばちゃんには来ないんですが、
明日の命は誰にも保障できない…っていうのも事実。
『死んだ気になって生きてみろ!』の言葉にも頷けます。

映画「イキガミ」、
色々なことを考えさせてくれる映画でした。
松田翔太さんが言っていた、
もやもやとしながらも、終わってみるとすっきりとする…
その意味がなんとなく理解できたような気もします。
3つの話に出てきた若者の死は、
もちろん、どれも切ないし、不条理だし、
見ているだけで胸が苦しくなって、泣きっぱなし状態なんだけれど、
逃げない潔さ?そんな心地よさも後から感じられてきます。

落語の『死神』のように、醜くあがいて更に寿命を縮める…なんて最期は避けたいですもん。



山田くんのさとしは、今こうして思い出すだけで泣きそうになるくらい、
妹が大好きで、妹のために必死なお兄ちゃんでありました。
反面、イキガミが来たことを知った直後のさとしの様子も、すごくリアルに表現されていて、
こういうところが山田くんの凄いとこ。

今回は、映画そのものがよく作りこまれていて、本当にあっという間の上映時間でした。
それぞれのキャストも皆よかったです。
松田翔太さんのお芝居は、ほとんど初めてに近いけれど、
確かに難しいこの役どころで、いい味を出せていたと感心しました。
そして、
エンドロールの最後の最後、
長い空間の後に現れた『山田孝之』に感動の魔女でありました。

コメント

魔女さんはじめまして☆最近山田君病にかかりまして(笑)魔女さんのページにたどりつきました。イキガミ見てきました♪山田君の演技はさすがですね。ちんぴらになりきってました。クローズに近い感じですね。私もエンドロールで空間の後に名前が出てきたのを見てなんだか感動しました!それにしてもスクリーンの中でさえあのオーラ。。生山田君が見てみたいです☆白夜行でエキストラ参加された魔女さんがうらやましい。。私の中での1番は亮司なので☆さわやかな役よりも苦悩を抱えた役での山田君がすごい。まだ全作品を見れてないので、これから見ていきたいと思います。

魔女さん、映画の感想UPありがとうございます♪ 魔女さんのプラン、なんかジーンときますね。(T_T)
ところで ひとつ分かんないことがあるんですよ。 多分私の読みが足りないだけだと思うけども…。一話のミュージシャンの彼、せっかく母親と同居してんのに何で高級レストランに行っちゃうかなあ? (まあ、法制度を印象的に伝える効果はあったけども) あの母親はよっぽど料理下手なんだろうか? 息子の好物も知らないんだろうか? 見た限り、優しい いいお母さんだったけどなあ。 それに彼 今まで散々母親に心配かけてきたのと違うのかなあ? なのに最期の瞬間「母さん!」って言わずに逝ってしまって…。あれは淋しい。すっごく淋しい!って自分が言うのもなんですが。。
友情>母の愛 みたいで ちょっとショックでした。

☆魔女さんは日頃からフルに頑張り続けてるから、例のGOLDメダル貰えると思うなぁ~! 身体を壊さぬよう、あんまり無理しないで下さいませ。

☆新しい山田くんファンの方が増えるのはとても嬉しいですよね♪ ( 魔女さん、この場をお借りしますm(__)m)
ゆっちさん、はじめまして! れんとらーと申します。私はランチの女王からセカチューにかけていつの間にやらハマッてしまってたおばちゃんです。地方ということもあり、まだ生山田くんに会ったことはありませんが、魔女さん達のエキレポを読むのはとても愉しいです♪ レポに限らず、例えば白夜行の何話のあのシーンが好きとかの話を読むのも大好きです! いつか ゆっちさんが生山田くんに会えたその時は、是非こちらに感想を寄せて下さいね♪ 楽しみにしております。これからもどうぞよろしくお願いしますm(__)m

◆ゆっちさん
初めまして♪
こちらにたどり着いてくださったとのこと、、
嬉しいです(*^○^*)
同じ病に侵されております。。(笑)
生山田くん…
一度見てしまったら、二度と普通の生活に戻れません(断言!)
お取り扱い注意!!ってな感じです。。
でも、
ゆっちさんも必ず会えますよ☆
山田くんの役者人生はこれから!ですもん。
映画の公開も続くし、舞台挨拶とかでも、
これからの作品のエキストラとしてでも、
会えるチャンスはあります。
そして、会えば必ず元気をもらえます。
病気は悪化しますが。。(^_^;)

◆れんとらーさん
いろいろ深いところまで読み込んでますね。
特攻隊でも、最期の最期は「お母さ~ん!!」なんだけどね。。
でも、、
母としては、自分の傍で最期の24時間を過ごすよりも、
やりたいことをして、最期を自分らしく過ごしてくれたほうがいい、、そう思います。
息子にしても、母の泣き顔見たくないもんね。
魔女も最期は誰もいないところで手紙書いて過ごします。。
山田くんじゃないけど、、誰にもイキガミで死んだなんてこと気付かれないほうがいいな。

怖い世界の話だけれど、
そういう政策を普通に受け入れている人々が、より怖いです。
引きこもり青年の母のように、
どの母親も、自分の子が死ぬかもしれない注射なんて受けさせない!!って思うのが本当のはず。
全員がそうやって拒否すれば、そんな政策、必ずなくなるのに…ね。

金メダル?
なんだろう?
オリンピックじゃないよね( ̄○ ̄;)



魔女様、お久しぶりです!私も見てきました!原作(小説)を読んでいたので、想像通りでしたが、やっぱり山田さんにやられましたね(笑)原作では、事故で両親を亡くした後、別々の施設に預けられたけど二人で暮らすことを夢見て頑張ったお兄ちゃん。街でカツアゲされて「親がないのにお金なんかあるか!こっちがほしいぐらいだ!」って食って掛かったら気に入られてその道に・・でもそんなお兄ちゃんを支えていたのは、妹であり「妹と暮らす」という目標があったからですよね。考えれば考えるほど さとしの無念さが胸に甦って・・本当に可哀想だった。山田さんが作り上げた「さとし」というキャラクターが劇中で生きていましたね(喜)

魔女さん、御免なさい。じゃぶじゃぶ何とかさんに一言。自分のそんな感情は自分で何とかしなさい、そうしないと駄目になるよ・・馬鹿野郎になるよ^^ならないよう頑張れ・・・悪戯ならもうやめたほうがいいよ。では、また。

◆ひろむさん
そうなんだよね。
山田くんは、いつも芝居の中で、
その人の人生を生きてるんですよね。
生まれて、どんなふうにその時まで生活してきて、、
例えば、昨日何時に寝て、今朝何食べたか…とかまで。。
だからこそ、本当にリアルに表現されている。。
だからこそ、本人には辛いこともあるだろうけど、、
そんなふうに演じることが、役者山田孝之なんだろうと思います。

◆おがっちさん
お久しぶりです☆
こちらこそごめんなさい!
最近蜘蛛の巣状態の荒廃した館でございます。。
ああいうの多いです。。
こまめに掃除もしなくて…申し訳ない。。
遅まきながら削除しました。
懲りずに覗きにきてね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://majo24.blog22.fc2.com/tb.php/271-3f4c3e49

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.