俳優山田孝之応援ブログ、そして時々嵐さん
05 < 2017/06 > 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

嵐初心者による、初心者のための嵐講座 その2-3

2016-05-10 (Tue) 17:58[ 編集 ]
ハワイでのデビュー会見以降、
日本に帰ってきての会見や音楽番組出演、
そしてワールドカップバレーのイメージキャラクターとしてのお仕事や
それに関連してのドラマ撮影などなど、
大野くんだけではなく、嵐5人にとって、
今までとは別次元の忙しい毎日が待っていることになるのですが、
とりわけ、辞めたがってた3人にとっては、
辛い毎日だったんじゃないかと想像します。

「これがずっと続くかと思った」
「毎日辞めたいって思ってた」と、
のちに当時の忙しさを語る大野くんを見たことがあります。

こちらもそんな風に観るからか、
その頃のTVに映る大野くんは、どれも借り物状態。
振られて答える行き当たりばったりな発言に、
なぜか回りが爆笑するのですが、
それさえもワケ解らない状態な大野くんが愛しすぎます。

10周年の時の「ザ少年倶楽部プレミアム」では、
ジュニア時代やデビュー当時のことなど、
かなりお宝なお話が聞けます。
相葉ちゃんが語った「髪がこ~んな(イケメてた?髪形を手で表現)で、
金のネックレスして、
襟も大きく開いてた」ジュニア時代のイケイケ大野くんに
魔女は興味津々❗️
怒りまくる振付師をシカトしての、隣のジュニアとばっちり事件も、
「帰れ!」と言われて帰っちゃうって話も、
他の番組でも話していたけれど、
大野くんの尖った時代というより、
普通に素直なプライドといえるんじゃないかな。

これより少し前の少年倶楽部での太一君と大野くんの対談の時、
入ったばかりのジュニアがマイク持って歌う、
そのバックで踊らされた時のやりきれない気持ちを話していましたが、
そういう理不尽な思いが、こういうエピソードに繋がっているのかな。
魔女としては、
大野くんも普通に少年らしい感情を持ってたってことに嬉しくなりました。笑
だって、大野くんはなんとなく達観した仙人みたいな雰囲気あるし、
どこまでも不思議ちゃんだから。。

でも、誰だって、努力したことは正当に評価してほしいよね。

ただ、大野くんが感じた理不尽は、
芸能界においては、
なんとなく胡散臭い大人事情も感じられて、モヤモヤします。
実力や努力と<デビュー>は別問題というか、なんというか…
一般庶民の魔女にはおよそ理解できない世界なんだろうな。

去年かな、翔くんの夜会に生田斗真くんが出ていて、
「嵐との溝」のようなことを話していました。
相葉ちゃんニノ潤くんと同期だそうで、
それが嵐がデビューして、その後で踊ることになって、
俺は負けたんだって言われている気がしたとのこと。

大野くんが、V6になっちゃった岡田くんに抱いた気持ちも、
本当はそれに似たものだったんじゃないかな。

嵐のメンバー決めに関しても、色々な憶測等あったようですが、
超初心者ファンには全く計り知れないものであります。
ただ、
偶然であったとしても
たまたまだったとしても、
或いは、ものすごく緻密に考えられた壮大なプロジェクトだったとしても、
嵐のメンバーがこの5人だったということ、
そのことが何よりも幸運だったとしか言いようがないです。

「ワケわからない。あっという間に過ぎ去っていった」と大野くんが言う1999年が終わり、
21世紀になって…
大野くんの髪が少しづつ短くなっていきますね。
それでも、まだクールな表情が見えていますが、
笑顔がどんどん可愛くなっていきます。

5人がいい関係でいるからだろうなぁと、
ちょっとだけ安心。

ファーストコンサートで、
翔くんが感じた「繋いだ手の重さ」
そして、「離せない」という思い。
多分他の4人も同じよう感じていたはず。

今では5人が5人とも、
「嵐は幸せ者」「嵐でよかった」「嵐が大好き」と思っている。
本当に幸せなグループ…

魔女は、15周年の特番で、
「ずっと一緒にいようね」と言った、涙でくしゃくしゃな大野くんの顔が頭から離れないのですが、

魔女の気持ちが、それに寄り添えるようになるまでには、
まだまだ時間がかかりそうです。。。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://majo24.blog22.fc2.com/tb.php/354-e41d2f5e

 | HOME | 

(C) 魔女 All Rights Reserved.