Post

        

忍者

category -
2016/ 05/ 31
                 
大野くんの主演映画が発表されて、
魔女もまた、
大野くんの忍者役に期待しまくり、萌えまくりの今日この頃であります。

忍びの国 は、
山田くんも出演した「のぼうの城」と同じ原作者。
和田竜さんの作品は、
時代小説なんだけど、登場人物のやり取りが今風な感じで、
あまり堅苦しくなく読みやすいです。
「忍びの国」は読んではいないのですが、
読むべきか読まざるべきか、
お決まりの悩みモードの魔女であります。
映画の公開まで、1年以上もあるんだもんね。
やっぱり読んじゃいそうかな。。

sponichin_20160530_0141_0.jpg

忍者といえば、
今の若い子たちは「ナルト」かもしれないけれど、
魔女は…
「サスケ」 (年がばれるかしらん)
白土三平の大名作。
コミックじゃなくて、文庫本みたいになった漫画を集めて読みました。
アニメもすごく良かったです。
『光あるところに影がある…』っていうナレーションで始まる、
めちゃくちゃカッコいいオープニング、
少年アニメなのに時代劇みたいで、
オドオドしかったけどワクワクするんだよね~。

主題歌かな、
♪くるぞ くるぞ くるぞ くるぞ 手ごわいぞ
行けよ 行けよ 行けよ 行けよ 負けるなよ 
サスケ~サスケ~   ♪
ってのも、未だに歌えたりします。。笑

あの、小さくて、でもめちゃくちゃ強いサスケにぞっこんでした。

サスケは確か甲賀の忍者だったけど、
大野くんは伊賀流のようですね。
どんな忍術を使うのか楽しみです。
アクロバットもいっぱい見せてくれると嬉しいな。

35才の大野くんを考えると、
あんまり激しいアクションは酷なようにも思いますが、
生まれ持った身体能力と、
培ってきた技術や経験値を考えれば、
まだまだ不安視するような年じゃないよ。
もちろん、疲れるだろうけど(笑)
そこは今回は頑張って、
いい作品にしてほしいです。

準備運動しっかりして、
アップも大事だけれど、ダウンも十分やらなきゃダメだよ!



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

忍者役、楽しみですね🎵
しやがれで忍者をちょっとしてくれた時は、いつかやって欲しいなーと思っていたので嬉しいです(^.^)しかも、普段は金の亡者&嫁に尻に敷かれているけど、戦いになると忍一の実力者!あの舞台での二刀流の殺陣のような演技が観れると思うと今からワクワク💕しています!
私も本を購入するか迷い中です(^_^;)

セカムズも佳境どすね。第8話の最後「いさなみすやお」と言った後の笑顔から少し不安の混じった哀しい顔が印象的でした。
ミーヤさんへ
楽しみですよね~💛
インタビューでは「無理しないように」「怪我したくない」「ハードルあげたくない」とか言ってたけど、
「出来上がった時と(今との)ギャップがあればいいかな」みたいな発言もありましたね。
あんなこと言ってたけど、映画みたら凄いじゃん!!
てのが狙いなんでしょうか?笑

じゃ、
監督さんにはどんどんハードル上げていってもらいましょう!!

来月から撮影始まるようですね。
充実した楽しい現場になるよう、
祈ります!