Post

        

嵐の結婚

category -
2016/ 06/ 25
                 
ワクワク学校、結局最後の制作開放席も外れて、
朝からダラダラとテレビの前で過ごしている魔女であります。
月曜日からの録画を一気に観てます。

その中で、
翔くんの夜会…
森三中さんがゲストでありましたが、
翔くんと有吉さんに「結婚」の素晴らしさを説いていました。

う~ん、、、、

『本気で決めたことならファンはついてくる』
『本当のファンなら(翔くんに)幸せになってほしいって思っている』
みたいなことを言ってたけれど…

そうかなぁ。。

大島さんも確か潤くんのファンだったと思うけれど、
あの人たちは、同じような世界にいる人たちだから、
リアルで嵐と接している分、一般のファンとは違うよね。

魔女たちファンにしたら、嵐はアイドル。
リアルではない偶像なんだよ。

今はテレビで観ることもできるし、
最近はネットでいくらでも、毎日でも会える(笑)し、
5人の親しみやすい雰囲気も相まって、
何となく身近な存在かのような錯覚に陥ることもあるけれど、
それはやっぱり単なる錯覚、大きな勘違い。
本当は決して近づけない人たちなんだよね。
遠い遠い雲の上の存在。

憧れというか、夢というか、
自分の現実とは全く別のキラキラした世界の中で生きている彼らを
ドキドキしながら見つめているだけ、
それだけで幸せなんだよね。

アイドルだからトイレもしないなんていう、昔の笑い話みたいな思込みはないけれど、
「結婚」はやっぱり…
NGだな。。

第一、結婚するのが幸せとも思えないし、
家族と一緒の生活が一番幸せっていう考えにもうなづけない。

『ファンをみくびるな』っていう発言もあったけど、
みくびってもらってもいいんです。

そんな聖人君子みたいな人間じゃないから。。
そんなできた人間なら、こんなことしてない。。(笑)

現実に多かれ少なかれ満たされないモノがあって、
自分の心の隙間を埋めてもらったり、
嫌な現実を忘れさせてもらったり、
その存在に癒されて、
元気もらっている。
そんなファンが少なくないはず。

魔女にとっては、それが山田くんであり、
嵐の大野くんであります。

山田くんに対しては、
結婚はやっぱりショックだったし、
未だに立ち直ってはいないけど(笑)
役者としての彼を応援する気持ちは変わらない。
いい作品に出合って、役者として成長していってほしいってずっと願っています。
それはやっぱり、
彼が役者だからかな。
でも、
嵐に対しては、ちょっと違う。
アイドルとしてのキラキラを
ずっとずっと浴びさせてもらいたいって気持ちが強いです。

自分勝手なのかな。
ファン失格かもね。

でも、嵐の5人は、
こんな魔女みたいなファンも、
ちゃんと受け入れてくれていると思っています。
彼らには、ファンと共に生きていくっていう
覚悟みたいなものを感じる…



うん。






                         
                                  

コメント

非公開コメント