Post

        

「夢は、かなえるまで やる」

category - 大野くん
2017/ 06/ 25
                 
大野くんの「忍びの国」公開までジャスト1週間。
既に無門祭りもクライマックスを迎えて大賑わいでありますが、
全くついて行けてない魔女であります。
雑誌やTV、そして「つなぐ」も加わって、
それこそ瞬きするうちに新しい情報が入っているかの如きスピード。。
踊る輪の中にさえ入れないうちに祭りが終わっちゃう、、
そんな危機感と焦りの中の「あさイチ」。(智休ではなく録画でしたが…)

ちょっと我に返れました。

大野くんのふんわりとした、いつもと変わらない雰囲気に安心したのもあるけれど、
なんだろ、
大野くんって、見てるだけで癒される。。笑
メンバーが「マイナスイオンを出してる」とか言ってたけれど、
見てるだけでも効果あり?
談春さんの言う「徳の高いお坊さん」っていう形容にも頷きまくりでした。

自信は無い、欲もない、夢はない、、、などと、
相変わらす謙虚すぎて、もはやネガティブとしか言いようがないんだけど、
大野くんが言うと別次元の人間のように崇めてしまう。。笑
そして、イノッチ先輩の「それこそが地に足がついてるってこと」というフォローや、
舞台最後の涙に大野くんの心境や頑張りを読み取ってくれたこと、
ちょっと意外で、すごく嬉しかったです。

夢は「かなうまでやる」
即答でしたね。
大野くんは、ふんわりした様子でありながら、芯は太く揺るがないよね。
協調すれども迎合せず。。

羨ましいです。

「忍びの国」初日は、
地元の映画館で初無門堪能いたします。
六本木の生大野くんはやっぱり叶わなかったけれど、
生中継のチケットは頑張りました。
木曜日の深夜0時は、弱気な時なら諦めている時間帯。
しかも、この地元の映画館の500ちょっとの席に、いったい何人申し込むのか、
全く見当もつかない世界であります。

震える手で時報と共にクリックすると、
「あなたの順番は650何番…」とかいうメッセージ。
そこで焦りまくってテンパりまくる魔女。
慌ててスマホのほうでも申し込んでみる、、そちらは1200何番。。 ̄0 ̄;

でも、今のシステムは凄い!昔と全然違う!
何度試みても入れずに悶々と時間の経過と闘っていたあの絶望感、
今回は味わうことなくいられました。

ちゃんとその順番でサクサクと処理されて、
後何番目という数字がどんどん減っていって、
自分の番が近づいてくるのが分かります。
凄いな~と感心しているうちに自分の番が来て、
その後はやっぱり焦りまくった魔女でありましたが、
なんとか、席も取れて一安心。。

あと1週間、
しっかり働きます。





                         
                                  

コメント

非公開コメント